遅いことは猫でもやる

まずは昔メールした内容をひっぱってきて練習...
更新は猫以下の頻度です。

南米旅行ー黄金の珈琲

2017-07-15 09:17:34 | 行ってきました







博物館前の屋台コーヒー

さすが南米と言うべきか、黄金博物館の前、公園との間にコーヒーの屋台が出ていた。小さな屋台に道具をぎっしり積み込んで、美味しそうな香りを漂わせていた。見ていると焙煎、ミル(豆挽き)、ドリップと一通りこなしている。

お客もポツポツと付いているようで、店主?のお兄さんは手持ち無沙汰の様子がない。美味しそうな香りが博物館疲れの鼻腔を刺激してくる。思わず私も一杯注文した。1500ペソが高いか安いかよくわからないが、「ストロング?レギュラー?シュガー?」と聞かれ、「レギュラー、ノーシュガー」、と答えた。

目の前で焙煎をしてくれ、手順を踏んで紙コップで出された一杯。大した期待はしていなかったが、これがうまかった。パアッと鼻腔に広がる香り、マイルドではあるがしっかりした苦味、ほのかな酸味、後味にのこる甘味と言うか旨味、これが屋台で出て来るの?とちょっとした驚きだ。ストロングにしなくて正解だったと安心。

俗に蕎麦は挽きたて、打ち立て、茹でたてと「3たて」が美味しいと言われているが、あれと同じか。煎りたて、挽きたて、淹れたてだからうまいのか、原産地の品質なのか、お兄さんの腕なのか、とにかく忘れられない一杯だった。黄金博物館の前で飲んだ黄金の味のコーヒーだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南米旅行ーmuseo del oro | トップ | 南米旅行ー太っちょ美術館 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (伊藤 隆)
2017-07-16 19:45:52
そのコーヒー、本当に美味しそうで、読むだけで香りが伝わってくるようです。でも南米まで行かないと経験できないのですね、トホホ! 私は日本のビール工場で出される生ビールがウマイと感じるのですが、南米のコーヒーも然りということでしょうか。それが屋台で経験できるのがスゴイです。
空気も味の一つ (遅い猫)
2017-07-17 11:53:56
伊藤様
たしかにコーヒーは美味しかったですが、多分に環境も影響しているかもしれません。
学生時代、信州の漬物がとても美味しく何度か家にもって帰ったのですが、どうしても現地で食べる味には及びませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。