遅いことは猫でもやる

まずは昔メールした内容をひっぱってきて練習...
更新は猫以下の頻度です。

南米旅行ーmuseo del oro

2017-07-14 11:15:13 | 行ってきました

博物館の前の公園煮立つ彫像

黄金博物館

コロンビアの首都ボゴタの中心部ボリバル広場の観光を終え、メイン道路の7号線を西に向かい、黄金博物館(museo del oro)に向かった。中心部にあるこの博物館は日曜日は入場無料である。それもあり、管内はコロンビアの人達(と思われる)で賑わっていた。

おそらく、16世紀にスペインが進駐する前の時代のものと思われるが、4層に分かれた各階の展示の9割が金製品である。銅、銀、土器などもあるが、展示品の殆どが金細工で、装飾品、あるいは冠などの権威付けの道具として使われたものである。実用品はない。

冠、耳飾り、首飾り、鼻飾りなど細かい細工が施されている。土器の中には埴輪のような人形もあるが、下肢の太さなど尖石遺跡の「縄文のビーナス」を彷彿とさせる造形である。

この圧倒的な金製品の量を見ると、南米の広さと金産出量の豊富さを実感する。


黄金の展示品

展示室

1階で催されていた子供たちのドミノ遊び

細かい細工品
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南米旅行ーボゴタの治安 | トップ | 南米旅行ー黄金の珈琲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。