遅いことは猫でもやる

まずは昔メールした内容をひっぱってきて練習...
更新は猫以下の頻度です。

旅行と体力

2017-07-08 07:52:56 | 雑感

今回一番利用したのがアメリカン航空

座席はフルフラット

ダラスのラウンジ待ち時間を過ごす

今回の旅を終えて、体力の無さを痛感した。やはり旅行には体力は必須である。

①まず地球の裏側に行くには、待ち時間を含めると優に30時間以上のフライトをせねばならない。20kg近くあるスーツケースの移動も案外厄介である。

②時差が大体12時間あるので夜昼逆転の時間帯を過ごすことになる。これも無視できない。朝早くの出発は案外平気だが、午前中から眠気と戦わねばならない。

③現地の食事をこなすのも、胃袋に負担をかける。年老いた我が身にはなにせ量が多い。パスタもステーキもドーンと皿に乗ってくる。だいたい半分で丁度よい。貧乏性で完食せねばと思い、必死に食べたが、4日目にダウンしてしまった。

④衛生面でも抵抗力、免疫力が衰えて来ているので、簡単にお腹を壊したり風邪を引いたりする。サラダなどの生物(なまもの)は注意が必要である。添乗員は若くて健康なのでバリバリ食べていたが、我々は少し注意をしていた。

⑤移動手段がワイルドである。12時間近く走る夜行バス、吃水線の浅い小舟での急流遡行、凸凹道を走るランドクルーザー、揺れるセスナ機などアドベンチャー気分一杯の旅であったが、反面、体力は消耗した。

ざっと挙げただけで以上の要素があるが、体力があればもう少し余裕を持って楽しむことができたのだろうと思う。病気や怪我も体力不足から発生することが多いだけに、日頃から体調、体力管理に配慮しておかねばと痛感した次第です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長い旅 | トップ | 南米旅行ー前夜祭 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中高年の海外旅行 (伊藤 隆)
2017-07-10 18:59:50
いつも元気で海外旅行も豊富な岡本さんでも南米旅行は大変な様子がよくわかりました。日本と真反対の時差、現地の食事の量、凸凹道や小型飛行機での移動手段等々、中高年には大変な試練です。私はこれまで気にしたことがありませんでしたが、どれも容易に想像がつきますので、今後の旅行プランの参考にさせて頂きたいと強く思いました。謝謝

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。