遅いことは猫でもやる

まずは昔メールした内容をひっぱってきて練習...
更新は猫以下の頻度です。

南米旅行ーボゴタの治安

2017-07-13 12:32:54 | 行ってきました

「パタゴニア」の表示のあるBAR

大統領府

大聖堂

鳩が群れるボリバル広場

国会議事堂

大聖堂前で記念撮影

ボリバル広場遠景

コロンビアの朝は曇り空であった。フロントで再度市内地図のレクチャーを受け、街に繰り出した。まずは近くのボリバル広場へ。大統領府、国会議事堂、大聖堂などが周りを囲む。ミサもあり、広場は人で賑わっていた。

広場に入る街角に「パタゴニア」と表示のあるBARを見つける。6ヶ月前の南米旅行の訪問地、パイネ・フィッツロイが懐かしい。ホテルから7,8分で広場に到着。当然だが大統領府は軍服の兵士が銃を持って警護している。

大聖堂前には鳩が群れ、歩いてゆくと一斉に舞い上がる。ここからカレラ7と呼ばれる道が伸び、ホテルで勧められたバイクロード(ホコ天)は若い人で一杯である。


広場でのパフォーマンス。軍装の戦闘員、蝙蝠男

道路は若い人で賑わう

この広場だけではないが、世界のあちこちで見られるパフォーマンスが道端の何箇所かで行われていた。女性のパフォーマーや首を切り離した人間を表現しているものもある。

ここでも警官の姿をよく見かけた。5人組の若者が軽いコスプレ風の服装で歩いていたら、目の前で4,5人の警官に職務質問を受けた。若者があれこれ何か言い訳めいたことを喋っていたら、いきなり持ち物検査が行われ、そこに10人位の応援の警官が駆けつけた。

念入りな尋問と検査の結果、若者は無事放免されたが、当局は治安の維持にかなり力を入れているようだ。お陰で街は平穏が保たれている。道路は案外きれいでゴミも少ない。コロンビアはイメージが不穏な国だったが、首都ボゴタに関する限りかなり改善されているようだ。普通に若者がたむろしている。


物売りとポストの落書き

ホコ天でもあり、レンタル自転車天国でもある

カラフルな風船売り

似顔絵書きも出店
メイン通りに人が繰り出す
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南米旅行ー治安は改善されたか | トップ | 南米旅行ーmuseo del oro »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。