遅いことは猫でもやる

まずは昔メールした内容をひっぱってきて練習...
更新は猫以下の頻度です。

深層心理も応用

2017-08-13 08:07:04 | 


伊坂幸太郎「SOSの猿」中央公論新社 2009年刊

不思議な小説である。この作品は漫画家・五十嵐大介との共同構想で制作され、競作されたものだという。人気作家だけあり、語り口は興味を引っ張ってゆくのは流石であるが、そのテクニックだけではなく、援用する知識に深みがある。

話は青年期憧れていた友人のお姉さんが自分の息子の引きこもりの相談をするところから始まる。そこから色んな人間が登場し、複合的になってゆく。ところどころ幻覚みたいな回想や登場人物が現れ、キリスト教の悪魔祓い迄登場する。これは何なんかと思うが、フロイトやユングの深層心理学も登場し、人間の行動についての因果関係などの追求が行われる。

小説としてはストーリーの面白さではなく、人間心理と行動の相関関係を俯瞰している点で面白い。ただ個人的には、時折深層心理の表層として現れてくる西遊記の孫悟空みたいなキャラクターはあんまり必要はないのではないかと思うのだが、では代わりに何を登場させればいいのか、と問われると答えに窮す。

あっと驚く謎解きはないが、深層心理と行動の関連に踏み込んだ考察は興味深い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南米旅行ーサルタの昼食 | トップ | 南米旅行ーサルタの街 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。