〜ゆっくりと共にトランスフォーム〜

日常を語りつつ、トランスフォーマーを筆頭に様々な玩具をレビューをしているブログ。

プラモデル 【MG】1/100 ストライクガンダム+IWSPをゆっくり紹介

2012年07月04日 00時00分00秒 | プラモデル
完成報告から約半月。けっこう遅くなってしまった・・・。


では今回は『機動戦士ガンダムSEED MSV』より
プラモデル 【MG】1/100 ストライクガンダム+IWSP
の紹介です。(今回紹介するものは、カメラアイおよび本体と武器のセンサー部分を塗装、つや消し処理、スミイレを施してあります。また、シール、デカールは未使用です。)

ストライクガンダム


型式番号:GAT-X105
全高:17.72m
重量:64.80t
装甲材質:フェイズシフト装甲
武装:75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2、対装甲コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」×2、57mm高エネルギービームライフル、バズーカ、XM404「グランドスラム」、対ビームシールド
搭乗者:スウェン・カル・バヤン

「地球連合」加盟国の1つ「大西洋連邦」が、「オーブ連合首長国」公営企業「モルゲンレーテ社」の技術協力を受け、オーブ管轄の資源コロニー「ヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型モビルスーツ(G兵器/前期GAT-Xシリーズ)の1機。
最大の特徴は、独自の装備換装機構「ストライカーパックシステム」である。このシステムは、各戦況に適したバックパックやその他の装備を適宜換装することで、1機で各々の専用機と同等かそれ以上の性能を付加することを目的としている。また各ストライカーには機体の予備電源を兼ねたバッテリーが内蔵されており、戦闘中に母艦から射出されたストライカーパックを換装することによって、後方で補給を受けず瞬時に戦線復帰することが可能である。
このカラーリングの機体は戦後、地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」が、「アクタイオン・インダストリー社」を中心とした複数企業の技術協力を受け推進したエースパイロット用カスタマイズMS開発計画―通称「アクタイオン・プロジェクト」に基づき再生産された機体。専任パイロットはホアキン中佐指揮下の特殊戦MS小隊に所属するパイロット、「スウェン・カル・バヤン」中尉。
このストライクは設計上、オリジナル機(キラ・ヤマト機)と全くの同型だが、主電源にパワーエクステンダーを採用したことで活動時間が大幅に延長されている。PS装甲の電圧設定も一部変更され、ヘリオポリス製の機体に比べ起動色がやや暗色化しているのが特徴である。
【※参考:ウィキペディア(Wikipedia)】

ストライクガンダム+IWSP


型式番号:AQM/E-M1(地球連合製)、P202QX(オーブ製)
装甲材質:フェイズシフト装甲(ストライクガンダム本体のみ)
武装:75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2、対装甲コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」×2、115mmレールガン×2、、105mm単装砲×2、試製9.1m対艦刀×2、コンバインドシールド(30mm径6銃身ガトリング砲、ビームブーメラン)
搭乗者:スウェン・カル・バヤン

「I.W.S.P.」とは統合兵装ストライカーパック(Integrated Weapons Striker Pack)の略称で『ガンダムSEED MSV』で設定されたエール、ソード、ランチャーに次ぐ第4のストライカーパック。
「P.M.P社」が「エールストライカー」の機動性、「ソードストライカー」の格闘能力、「ランチャーストライカー」の火力を1つのストライカーパックに統合する目的で設計した。
だが、構造の複雑化によるコストの高騰やパック本体のデッドウェイトによる姿勢制御の悪化に加え、兵装と制御用電装系の重装備化による消費電力の増加の為、PS装甲の作動時間が大幅に短縮してしまう問題をクリアできなかった。
よって、技術的限界からC.E.71年に完成した試作機にはエール、ソード、ランチャーの3種類のパックが採用されることになり、連合軍でのI.W.S.Pの採用はC.E.73年の再生機による試験運用まで見送られる事となった。
C.E.71年の大戦終了後、地球連合軍においてエース専用ワンオフカスタム機開発のため、「スウェン・カル・バヤン」のストライクに装備され実戦投入されている。
なお、スウェン機に装備されていたI.W.S.P.は、ストライク本体と共にアクタイオン・インダストリー社他数社の手によって新たに製造された物である。アクタイオンはモルゲンレーテから技術やデータの提供を受けてはいないが、この時点では既にパワーエクステンダーは一般化した技術だったので問題なく完成できたという。
【※参考:ウィキペディア(Wikipedia)】

パッケージ

セット内容

ストライクガンダム本体、I.W.S.P.、57mm高エネルギービームライフル、対装甲コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」×2、対ビームシールド、コンバインドシールド、ビームブーメラン用ビームエフェクト、試製9.1m対艦刀×2、XM404「グランドスラム」、ディスプレイベース、シール、デカール、フィギュア「スウェン・カル・バヤン」


ギミック

手のマニュピレーターは可動します。

コックピットハッチは開閉可能。

また、コックピット内にはスウェンが搭乗しています。

腰部リアアーマーには付属のディスプレイベースを接続可能。

グランドスラムは刃を折り畳む事が出来ます。

アーマーシュナイダーは設定通りに折り畳む事が可能です。

また、アーマーシュナイダーは腰部サイドアーマーに収納する事が出来ます。

対ビームシールドは腕のジョイントに接続する事で固定出来ます。


また、グリップを差し替えることで固定したまま手に持たせられます。

コンバインドシールドもほぼ同様の方法で固定したまま手に持たせられます。

コンバインドシールド先端のガトリングは銃身が回転します。


コンバインドシールドに接続されているビームブーメランのグリップは取り外し可能で、取り外したグリップには付属のビーム刃を取り付ける事が出来ます。

ストライカーパックは背中のジョイントに取り付ける事で装備出来ます。

試製9.1m対艦刀はIWSPにマウント出来ます。

115mmレールガンは上下左右にある程度可動します。

下部ウイングは上下に可動します。


アクション













以上、プラモデル 【MG】1/100 ストライクガンダム+IWSP でした。製作過程はコチラ
可動範囲は非常に広く、通常の可動範囲の他、首は前後可動+ボールジョイント、肘および膝が二重関節、手指可動、肩が引き出し可能、腰ロールあり、腰部フロントアーマー、リアアーマー、サイドアーマーの可動と、素晴らしい可動範囲です。ただ、手指の可動のおかげで武器の保持力が非常に悪く、高確率でスッポ抜けるのがネックです・・・。
ギミックに関しては本体コックピットハッチの開閉に加え、IWSP各部やコンバインドシールドの各部可動、アーマーシュナイダーの折り畳みなど、非常に楽しめるギミックが多かったです。
また、IWSPの本体接続は非常にしっかりしており、動かしている途中で外れることはありませんでした。ただ、重量がそれなりにあるのでどうしても後ろに倒れやすいのがネックです。これに関しては脚部および腰関節を瞬着で補強する事である程度ですが改善しました。ですが、それでもある程度と言ったところなので付属のディスプレイベースの存在が非常にありがたかったりします。
武装に関してもIWSP仕様の武装に加え、ストライカー未装備のストライクとしても遊べるよう、ビームライフルとシールドが付属してくれるのも嬉しかったです。ただ、グランドスラムに関しては柄部分が異常に細い為に持てても保持が出来ない状態なので、武装として扱うよりもディスプレイしたストライクの隣にそっと置いておく方がストレスにならないかと思われます。
マスターグレードキットということでパーツ数は多いですが、そのぶん各パーツごとにしっかりと色分けされておるのでほとんど塗装の必要がありません。あえて言うなら腰部アーマーと、各部センサーやカメラアイくらいです。ですがセンサーやカメラアイ部分はシールがあるので、実質塗装箇所は腰部アーマーくらいですね。
今回もMGデュエルガンダムアサルトシュラウドの時と同じく、製作は休日に友人(こっちもこっちで何か製作中)と適当に話しながらそれぞれ製作していたこともあって、非常に楽しかったです。
スタイルや可動は素晴らしいですし、完成させると非常に達成感が味わえます。さらに武装やギミックも豊富で、カラーリングも『機動戦士ガンダムSEED』劇中で活躍するストライクとは色々違いがあって面白いので、非常に良いキットだと思います。
では、今回はこれで失礼します。それでは( ^_^)ノシ

おまけ

本キット付属の指可動式ハンドパーツはあまりにも武器の保持力が悪いので、友人から【HG】1/100「ストライクガンダム」の固定ハンドパーツを一通り頂きました。これにより、ビームライフルとグランドスラムの保持力がかなり上昇しました。

関連商品
MG 1/100 GAT-X105 ストライクガンダム + I.W.S.P. (機動戦士ガンダムSEED)
バンダイ
バンダイ

MG 1/100 GAT-X105 エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
バンダイ
バンダイ

1/100 エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
バンダイ
バンダイ

MG 1/100 GAT-X105E ストライクノワールガンダム (機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER)
バンダイ
バンダイ
ジャンル:
おもちゃ
キーワード
機動戦士ガンダム ストライカーパック シュナイダー グランドスラム アクタイオン ランチャー コンバット ビームシールド レールガン 地球連合軍
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« D-Arts ゼロ(TYPE 2)をゆっくり紹介 | トップ | TFプライムRID デラックスクラス... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完成おめっとさんです。 (おもちゃん)
2012-07-04 04:41:52
おはようございます(・∀・)ノ

なんだかんだで完成しましたな(笑)
まあ、働いてる中で作るのは、時間的にも大変ですからね〜
無事、完成しただけでも良かったのでは?(笑)

このスウェン用のストライク、ホビージャパンで連載されたバンダイ・サンライズ公式の小説ですと、謎の民間人、コートニーが開発に加わった、ザクの試作機、核動力の9ザクと闘ってるんですよね。

9ザクは連邦との協定で核で動く機体を作っちゃダメって事になり、機体から核動力を取り外し、普通のバッテリーで闘いバッテリー切れでスウェンが勝利してるんですよ。

その闘いでのデータがフィードバックされて完成したのが、ストライクノワールなんですよね。

こういう設定、燃えますわ〜(笑)

プラモデルとして見たら、当時、こいつがどれだけ完成度高かったか良くわかりますよね。

今でも通用するプロポーションですし。

しかし、武器持ち手がな〜…
1/100から流用するのは良いアイディアだと思いますが、ディテールが…やはり気になりますね〜…大きさも違うし。

まあ、手首とか無かったら作ればいいやと思うんで(笑)、その辺の感覚がお仕事でプラモデル作る人間なんでしょうね。

ともかく、完成おめでとうございます(^^ゞ
お疲れ様でした。


そうそう、本日…いや昨日かな?

バイハザ6の体験版がXbox360で配信されましたよ。
海外だけ…orz

PS3も配信されるでしょうけど、先ずは海外でしょうな。

しかし、ホントに開発を丸々海外に投げたんですね〜…
稲船氏がカプコンを辞めて、どうもきな臭い事になってますよ、開発は。

実質、稲船氏が居ないとまともなロックマンシリーズとか出せませんからね。
生みの親ですから。
ロックマンダッシュの続編も、稲船氏が辞めて、開発頓挫しましたから…

前にコメントさせて頂いたテクモのデッド・オア・アライブの生みの親の板垣氏も辞めて、今のデッドは何か違うバッタもんみたいな感じですからね〜

しかし商標登録は会社名義ですから、辞めて他の会社を作るなり、引き抜かれたとしても、そこで続編作れないし…

ユーザーの事を本気で考えてるのか不安になりますね〜


では、次回更新を楽しみにしております。(^^ゞ
コメントありがとうございます(^_^) (KEN)
2012-07-05 08:10:15
おもちゃんさんコメントありがとうございます(^_^)

>なんだかんだで完成しましたな(笑)

いつの間にか完成してたぜ。って感じですねww

>まあ、働いてる中で作るのは、時間的にも大変ですからね〜。無事、完成しただけでも良かったのでは?(笑)

ホントにそうだと思います。でも時間が無いからといって途中で投げたくはありませんから、今後もチマチマと作ってく予定です。

>ザクの試作機、核動力の9ザクと闘ってるんですよね。

旧ザクじゃなくて9ザクというのが面白いネーミングセンスですね。しかしSEEDザクも核動力で作られてた時代があったのか・・・。

>1/100から流用するのは良いアイディアだと思いますが、ディテールが…やはり気になりますね〜…大きさも違うし。

ウルトラマンのぐんぐん人形みたいに手首を映えさせたい時には役に立つかと思います。なにより安上がりでしたしね(^_^;)

>ともかく、完成おめでとうございます(^^ゞ

ありがとうございます。こちらこそアドバイスありがとうございました m(_ _)m

>バイハザ6の体験版がXbox360で配信されましたよ。海外だけ…orz

国内版も配信してほしいっす・・・。

>ロックマンダッシュの続編も、稲船氏が辞めて、開発頓挫しましたから…

ということはダッシュ3はもう絶望的なんですね・・・。

>前にコメントさせて頂いたテクモのデッド・オア・アライブの生みの親の板垣氏も辞めて、今のデッドは何か違うバッタもんみたいな感じですからね〜

やっぱり生みの親がいないと変なところでコンセプトが変わってくるんですかねぇ・・・。
グランドスラム:俺余ってるだろ (ヌエベ)
2012-07-05 21:54:45
完成おめでとうございます。

1/100ストライクの腕・・・その手があったか!!

元が2003、4年頃に出たエールストライクの仕様変更なんですよね〜。
この時期になると大体ですが全身にフレームパーツがつくのが当たり前になってくるんですよね。
昔は足と胴体ぐらいでしたし・・・
ストライカーパックの機体は全部集めるとしたら大変ですよね〜。
個人的にストライカーパックセットで売ってくれたら楽なんですが〜・・・無理なんだろうな〜。

俺もその内MG作りたいですねぇ。
作るとしたらジムとかザクとかドム辺りだな。
量産機作ってないです。

所でエックスとゼロですが・・・彼らがプロジェクトクロスゾーンと言うナムカプを継承したゲームに参戦する様です。他にもサクラ大戦やダイナマイト刑事、テイルズシリーズ、ムゲフロ、ゼンガーなども参戦しますよ〜。
私的にはナムカプの主人公、エイリアンソルジャー、プレデター、ローリングサンダーとかを
コメントありがとうございます(^_^) (KEN)
2012-07-05 22:18:26
ヌエベさんコメントありがとうございます(^_^)

>完成おめでとうございます。

ありがとうございます♪

>1/100ストライクの腕・・・その手があったか!!

友人が以前MGフリーダムの手首を保持力が無いという理由で1/100フリーダムの手首を移植したという所からアイデアを貰いました♪

>この時期になると大体ですが全身にフレームパーツがつくのが当たり前になってくるんですよね。昔は足と胴体ぐらいでしたし・・・

昔はフレーム無しだったんですね。いやはや、技術の進化は凄いですね〜。

>個人的にストライカーパックセットで売ってくれたら楽なんですが〜・・・無理なんだろうな〜。

確かにストライカーパックの単品売りはありませんからね〜。こればかりは1/100から流用も出来ないですし・・・。

>作るとしたらジムとかザクとかドム辺りだな。量産機作ってないです。

私も量産機は作ったこと無いですね。SEED系作ってばかりなので、ジンかゲイツが出てくれるなら是非作りたいです。

>所でエックスとゼロですが・・・

サクラ大戦とダイナマイト刑事は正直タイトルくらいしかわからないのですが、それ以外は私でも知ってるので面白そうですね〜。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。