猫中心蔵

3度の飯と猫が好き。北海道札幌市に住んでいます。7匹の猫の様子と保護した猫建ちの様子を書いて行きたいと思います。

おめでとうございます。もっぴーと一緒です。

2017年01月05日 | 猫里親募集中
今年ももっぴーと一緒に新しい年をむかえることが出来ました。
本当にありがとうございました。
1月1日朝モッピー25日ぶりに自食しました。


そして1月2日
ビュッフェスタイルで並べたごはん
完食です。


25日自食のきっかけは
ママクックのフリーズドライのささみの粉末でした。

12月31日タラと野菜、たまご、おからパウダーでミルク粥を作り
いつものリーナルケアの代わりにお口に流し込みました。なんじゃこりゃーって顔でみていましたが
あきらかに、何か刺激されたようでした


そして次の日
ご飯をきれいに食べました。
毎日、点滴と強制給餌、水分補給その繰り返しでした。

リーナルケアは235ml入っていて、モッピーが必要するカロリーは180カロリー以上
いっぺんに入れないように
15mlのシリンジで少しずつ10回にわけて給餌してました


今回使ったこのシリンジとてもよかったです。先が曲がっていて歯の間から、流動食をいれることができました

https://www.amazon.co.jp/dp/B01JG2VAO2?psc=1

命の儚さ、強さいろんなことをもっぴーを抱きながら考えました。
ニャン友のカレンダーにメッセージをこめまたことを思いだしました。ここで1文紹介します[11月Pから抜粋]

沢山のありがとう
動物をたすけたいと一生懸命がんばっているみんな、ありがとう。

沢山の子達をたすけてくれてありがとう。

助けてあげたいと思ってくれてありがとう。

里親さんになってくれてありがとう。

手を差し伸べてくれてありがとう。

寝ずにミルクをあげてくれてありがとう。

寒い中僕をさがしてくれてありがとう。

沢山のありがとうを力にまた今年もがんばりましょう。

まちがいなく消えそうな呼吸を抱きながらきいていました。

モッピーを置いて先に旅立った飼い主。どんなに無念だったことでしょう
モッピーをつれていかないでくれてありがとう。

と会ったことのない飼い主さんにいいました。
モッピー生きてくれてありがとう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もっぴーとクリスマス

2016年12月26日 | 猫里親募集中
自分個人のブログを書くのはとても久しぶりです。

2013年夏に札幌市動物管理センターから、飼い主と死に別れて連れてこらてたモッピー。
容姿はゴージャスで長毛さんなのに1か月間どなたからも声がかかりませんでした


飼い主と別れたショックでもっぴーは、ほとんどご飯を口にしなかったそうです。
目はうつろでどこを見ているかわからない
当時の職員さんんもかわいそうで見ていられないと話していたそうです。

もっぴーにはトラウマがあります。長い間閉じ込められた小さな檻
当時、ケアを譲渡会に参加させるために、ゲージにいれましたが、ゲージの中では過呼吸になり、食事をとらなくなりました

そして分離不安・恐怖症をもっています。

腎臓数値が治療で落ち着いてきた昨年、ネットでの譲渡を考えましたが
今度は緑内障が進み視力を失いました

我が家の子にしようと自宅に連れ帰るも、私のいない自宅では分離不安のモッピーの
心がもちません
しかたなく又オフィスへ戻しました

今年になり、少し はいかいやよだれなど 痴呆の症状がではじめていました
しかし老化が進むと同時に、食欲があがり腎臓数値も安定、

※使ってサプリメント
ライラック乳酸菌・レイシ・インタベリー・かりなーる・レンジアレン・リジン・消化酵素

それが12月はじめ

モッピーは私のデスクの横にいますが
トイレは下にあります。目の見えないモッピーの生活空間を下に移そうとするも
なにがなんでも上にあがってきます
上手にお手製の階段をおりているから大丈夫かなと思ってました。

年末はビルに清掃が入ります
昨年は大きなゲージにモッピーを3時間だけいれましたが問題ありませんでした

しかし今年はダメでした。
トラウマがもどってしまいパニックを起こしました。
机から落ちそうになるモッピーを抱くと暴れてかみつきました。

そこからまたご飯を食べなくなり20日以上の強制給仕と点滴を続けていました。
少し良くなったと思ったやさきに
はいかいし、無理やりオフィスのモッピー地区をフェンスを押してでてしまい
朝行くとすきまに挟まりないていました

過呼吸を起こし手足をバタバタし、口はひらき、目の瞳孔は開きかけていました
病院で心肺蘇生をしていただき、緊急処置をしてもらい、酸素室に入り、一緒に戻ってきましたが
危篤状態が続いていました
呼吸がはやく舌がでていました。キャリーから出そうとすると

もっぴーは私によじ登り手をにぎってきました

ベットに戻すとなくので、ずっと抱いていることにしました。
私にはそれしか出来ることがありません

手を握り

何時間も何時間も抱いていました

10時間がすぎたころ
もっぴーの呼吸が荒くなりました


もっぴー今日はクリスマスなんだよ


苦しむモッピーがあまりにもかわいそうで

死んだであろう、あったこともない飼い主に、言いました。
連れて行くなら苦しませるな!


もっぴーの呼吸が浅く早くなっていましたが、ブドウ糖、OS1
お水を30分おきにあげていました。

12月25日もっぴーが来て初めて、モッピーをこんなに長く抱くことが出来て
一緒に添い寝をしました。

12月26日午前3時すぎ
モッピーと添い寝しながら私は寝てしまいました。

はっといて、目を開けると モッピーがこちらを見ています。見つめている眼には力があります。

起き上がりました。水を自力でのみました。
抱き上げるとさっきまでずっと手を離さなかったモッピーが
抱っこを嫌がりました。

ありがとう。サンタさん モッピーを助けてくれてありがとう
まだ安心できませんが

スタッフが来るまであと1時間少しだけ、少しだけ仮眠しようと思います。


a href="http://cat.blogmura.com/">にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年明けと猫

2015年01月02日 | 猫里親募集中
今年もいつもと同じように年が明けました。
いつもと同じように猫のうん○そうじをして、ごはんをあげて、床を吹き消毒しお薬をあげる
ばーちゃんの猫9匹にごはんをあげトイレ掃除(これは昨年から旦那担当)
いつもと変わらないけど
みんなと一緒に年を越せたのがなんだかうれしい

1月1日はモッピーとがびたんにはお留守番してもらい、家の子達とゆっくり過ごした
みけたん

チャオ

てんちゃん

しろちゃん


さわことぼたんはすばしっこくて取れない。モッフィー(黒い男)も黒くてとれない

毎日忙しく中々家にいれないので、ストーカーのように私が動くと大行列
幸せなお正月

そして1月2日
もっぴーとがびたんに挨拶。

神棚にお参りして
猫神たちに挨拶して



だーーーーーーがびたんの目が悪くなっとるーーーー

真菌ではないのは確認済みだが 正月早々治療開始です。

そしてついに、自宅の保護部屋から、会社へ移動してくる

岩見沢出身(多頭飼育崩壊)
勝田部屋 どすこいちゃん
特技 糞投げ/譲渡会での過呼吸

がんばるどーーー
この写真とっても気に入ってます。

よろしくね






a href="http://cat.blogmura.com/">にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へにほんブログ村


人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の腎臓病

2014年10月14日 | 猫里親募集中
以前我が家のまるちゃん19歳に使ったサプリのご紹介です。

お水を飲む量とおしっこの量が増えたので、腎不全用のカリカリと水素水に変えましたが、まったくうけつけて
くれないまるちゃん

病院での処置は生理食塩水の点滴とビタミン注射と抗生物質注射
(ダイビタミックス:プリンペラン)の皮下点滴を続けました。

とにかく匂いがないと言われている水素水までもうけつけないので
調べにしらべて
行き着いたのが、アガペットゴールドとホモキトロジー
これがききました

腎不全に有効な治療法が。
それがホモトキシコロジーです。
ホモトキシコロジーとは簡単に言うとホメオパシーの一種で、いろいろな成分をブレンドしたもののようです。

藁にもすがる思いでHeelのホモトキシコロジーをiHerbで購入して飲ませ始めました。
初めは一週間に2回3種類のアンプルを飲ませました。

すると、食欲も徐々に改善し、飲ませ始めて2週間後には以前のように元気な姿になりました。
腎不全が悪化してから見せていた前足のびっこも直りました。

※前足のびっこは体内に毒素が溜まると起こるようです。今もたまに少しだけ症状を見せることがあり、
健康を測るバロメーターになっています。
以後一週間に1回のませました

腎臓機能は一度破壊されると元には戻りませんので、症状はよくなりませんが
 残っている機能をできるだけ大切にすること
また暖かくしてあげることです。 

ホモトキシコロジーはまったく副作用がありませんので、量についても不安がらずに安心して与えることができます。
以下が腎不全の我が家の老猫さんが飲んでいる製品です。
◆Solidago Compositum P
 泌尿器の不快軽減、腎臓、膀胱炎、腎盂縁、腎石症、水腎症、尿毒症、腎炎、蛋白尿など
◆Ubichinon Compositum
 慢性疾患の軽減、疲労、毒素蓄積、新陳代謝、虚弱体質など
◆Coenzyme Compositum
 疲労回復、慢性疾患の補助、泌系の障害、貧血など
各液体アンプル2.2ml×10本入り
ガラスの上部がパキッと割れますので、スポイトで吸って猫の口に入れるだけです。
2.2ml全部飲ませています。
3種類は同日でも、別日に分けても問題ナシです。

我が家の子達ももう8歳そろそろ皆に使おうと思っています
さあモッピー君もだよ
最近お水とおしっこの量がふえたね


a href="http://cat.blogmura.com/">にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村


人気ブログランキングへ

猫格闘生活
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週は譲渡会

2014年04月01日 | 猫里親募集中
春ですね
保護猫たちにも新しい家族とおうちができますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江別保健所(13匹ファミリーの放棄)深川保健所(期限の子)保護

2014年02月11日 | 猫里親募集中
ニャン友ねっとわーく札幌のこと

1月22日
江別保健所にある家から一度に猫が13匹放棄されました。
多頭崩壊ではなく、飼い主が入院したため飼育が不可能になり放棄された子達でした。
全て黒猫。
保健所の保管頭数の限界を超えるため
まず先に体調を崩しやすい仔猫を6匹保護にする事にしました。

タツママさん宅に4匹
※2/9の譲渡会で3匹決定
阿部宅に2匹保護
※2/9の譲渡会で1匹決定



残された大人猫たちは保健所で譲渡を待ちながら過ごしていました。
この時点での里親募集掲載期限は2月5日でした。

2月3日
江別保健所の里親募集ページに黒猫ファミリーの画像と細かな性格が載せられ
残り7匹のうち2匹の里親が決まるものの期限が迫っていました。

別件で深川保健所の期限の白黒猫をタツママさんが保護


ニャン友ねっとわーく札幌のメンバーに黒猫ファミリーの残り5匹の猫を
保護できる余裕はありませんでした。


2月5日
この日、掲載期限が少し延長されていたのをごらんになった方もいらっしゃるかと思います。
ニャン友ねっとわーく室蘭のみのやんさんの所で黒猫ファミリーの内、4匹の保護できる事になりました。
残り1匹はぎりぎりで譲渡が決定したそうです。


今、江別の黒猫ファミリー13匹のうち
6匹が新しいお家を探しております。

どの子も人が大好きで穏やかな猫たちです。

お問い合わせお待ちしております。

次回の譲渡会は
2月22日(土)11:00~16:00
  23日(日)10:00~15:00
会場:札幌市中央区南1条西6丁目8-1第2三谷ビル6F
  OYOYOまちアートセンター

a href="http://cat.blogmura.com/">にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目力がつよい保護猫たち里親さがしてます

2014年01月06日 | 猫里親募集中
保護猫たちと無事に正月をむかえました
我が家の保護猫たちとゆっくり
過ごせた正月・・・・

ゆっくりというかいつもどおりというか
仕事の電話がならない分 話しかけてあげることができた

そこで気がつきました
めっさ、目力が強いことを 我が家の保護猫チーム目力を紹介します


書いていて笑った。


みけたんは昨年5月保護。子猫達のママでした
皆を育て上げ
なんと・・・その夏の代理ママに・・みけたんが育てた子は総勢15匹
そして引退。避妊しこんどはみけたんが幸せになる番です。
頭をなぜるとゴロゴロいいます。
大人しくて、とても静かな子です。べったりというより
静かに寄り添うタイプ 2歳くらい


あいちゃんも昨年5月保護
静内からのSOSのおばあさんの猫

我が家についたとたん出産がはじまりました。
子猫たちは皆縁付き幸せになりました。
子育て時期は凶暴(ゴモラとよばれていた)でしたが(あたりまえ子猫を守るため)
半年かけて人間に心を許しました。今は誰がよんでなぜても
へそ天で 前足をグーパーしてなきます。
触れてもらうのが大好きなとても良い子です。避妊済み 抗体検査すべて陰性
ものすごく良い子

そしてザビエルモッピー
飼主さんがなくなり、保健所につれてこられ、1ヶ月保健所にいた男の子

食べることを拒否し、弱って本来なら4.5kあってよい体重が、保護時には2.8k
別の場所で保護されていましたが、現在は私のところで毎日ケアをしています。

口の中にクラップと歯石、口内炎、歯肉炎のオンパレード
どんなフードも食べ用途せず、我が家のさわことまるのケアを思いだし、リーナルケアから始め

何も食べないこの子のために、手作り食をスタート
サプリメントと治療を毎日つづけ、やっと自食、質の良いフードを取り寄せ
ケアを続けていました。
毛玉と抜け毛がひどいので、保護の友人にトリミングしたもらい
一時はライオンカットでしたが
耳の後ろに、ハゲ発見!!現在真菌治療中 周りをそってすっかりザビエってました

腎臓のことを考え、漢方で治療をし、やっと毛が生えてきています。

現在、5日1回薬浴させ、だいぶよくなって来ました。
現在ご飯は、フードを食べています。
5歳くらいで去勢済みの男の子。この子がご飯をせがむようになったこと。。本当に良かった

免疫力を上げるサプリ、フラワーレメディーこれが効いてくれたようです。

目の周りのひどい涙やけも治りました

今日のモッピーはご機嫌で、ブラッシングをすると甘えてきました


本当に見違えるようになりました。


あとちょっとだねモッピーがんばろうね

最後に、とっても綺麗な黒ネコくっっく

昨年、若くして出産(多分生後6~7ヶ月)産後体調を崩し
生死をさまよいました。回復し元気になりました。

そして嬉しいお知らせです。1月4日面談の結果
譲渡決定しました。
この子に関わってくださった皆様に感謝とご報告します。くろびんこんどこそ幸せになります。





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2013年12月23日 | 猫里親募集中
緊急SOS!!期限目前[おばあちゃん、僕たちいい子にしているから」


痴呆?の独り暮らしのおばあさんの家で猫たちが取り残されています。

お祖母さんが緊急入院

まもなく保健所に収容され、年内には処分になってしまいます。


静内WARP(猫部)が今年の3月から着手
家は糞尿だらけ。
おばあさんは酷い匂いの中裸足で生活していました。


毎年子猫が生まれては川に流し、


収入もなくキャットフードを1か月買えなかった時も

WARPとニャン友ネットワーク札幌とが協力し全頭避妊去勢が終わり、
人なれした子から、里子に行きやっと後8匹になったところで、

おばあさんが入院しました。

今年も押し迫り、保健所に収容されれば、処分は目の前に迫っています。


現在、猫たちの避難場所を必死に探しています。


お忙しい年の瀬ですが、

おばあちゃんの猫たちが、無事に年を越せるよう、ご支援のほど、

よろしくお願いします。





おばあちゃん、僕たちいい子にしてるから、

ずっといい子にしてるから

おいしいご飯が食べれますように

あったかふとんで寝れますように






支援金振込先
ゆうちょ銀行からの入金(振込)の場合
記号:02740 番号:754374
口座名義 W.A.R.P(ワープ)

支援物資の送付先
@郵便局の場合
〒056-8799北海道日高郡新ひだか町静内御幸町2-2-2静内郵便局留めWARP 宛
@佐川急便の場合
〒056-0024北海道日高郡新ひだか町静内山手町2-13-4山越運送営業所留めWARP 宛
@クロネコヤマトの場合
〒056-0022北海道日高郡新ひだか町静内高砂町1-18-16
静内センター留めWARP 宛
センターコード003-220
宜しくお願い致しますm(__)m

緊急SOSホームページをつくりますが、年末処分まで時間がありません、
しばしお待ちください。それまでのお問い合わせはニャン友ねっとわーくまで
お願いします。nyantomo_net@yahoo.co.jp
ニャン友ねっとわーく静内支部 WARP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

FIV疑陽性~ちび猫ロール幸せになれ~拡散お願い!

2013年11月13日 | 猫里親募集中
8月4日、ニャン友ねっとわーく札幌での開催の「保護猫の譲渡会」会場に運ばれてきた仔猫がロールです。
へその緒がついて目も開いているかいないかの状態。
野良の母猫が仔猫達を移動させる際、1匹だけ取り残してしまったようだ


母猫を探して泣き続ける子猫の声
半日待っても親は迎えに来ず、どんどん低体温になり
見かねて保護された仔猫それがロールです。

当日会場には「ニャン友ねっとわーく札幌」のボランティアは
もちろんのこと、譲渡会に参加していた「ツキネコ北海道」の
ボランティアもおり、「誰が育てるか」で相談を始めました。

哺乳ボランティアはすでに沢山の仔猫を抱えていて、みんな手一杯。
ミルクは1時間毎に0.5cc位と聞くと、シーン…となってしまいました。

いとも簡単に急変しそうに見える仔猫を取り囲みながら、
それぞれの思いが渦巻いていた、その瞬間に

「今日明日は仕事が休みだから2日間だけならやってみる」
と声を上げてくれたのがツキネコ北海道のボランティアUさんです。
その一言から、リレー形式なら何とかなるかもしれない!

そして約2週間を4人のツキネコ北海道のボランティア、
(Uさん・Mちゃん・Kさん・Yさん)で仔猫の授乳を続けました。



まさしく命のリレーです

初日連れ帰った看護師のUさんは、
「チアノーゼが出ているので今夜が勝負だ」
と感じていたそうです。
「ロール」という名前はタオルで身体を巻いてミルクを飲ませていた姿から
ロールケーキを連想させ、そこから呼ぶようになった仮名です。


授乳時間の間隔が少し長くなってからはリレーを終了し、Yさんの元で育ちました。
母猫の初乳を殆ど飲んでいないだろうと推測されたので、
とにかく1gでも多く、しっかりと身体を作ってあげられるように…
そんな心配りをして育てられました。


離乳前には下痢、便秘を経験しましたが、それ以外は食欲旺盛。
活発に跳ね回る元気な女の子に成長しました。


そんなロールにもう1つの試練がまっていました。

血液検査の結果、FIV疑陽性

【疑陽性とは】
生後3ヶ月以内の子猫では母親からの
移行抗体が残っている可能性があり、感染していなくても
検査したときに陽性と判定されることがあります。
これを、疑陽性といいます。
母猫がFIVに感染していた場合、子猫にFIVの抗体が移行し、検査をした場合に陽性という結果が出てしまうことがある。子猫がFIVに感染していなくてもなのだ。
母猫がFIV陽性であっても、赤ちゃんが体内で感染することは無い。
生まれてくる際に産道で感染を受けることはある。
つまり、まれに感染していない子猫で陽性という結果が出ることがあるということになる。


では、陽性であった場合
FIV陽性の子は幸せになる権利はないのか
そんなことはありません。

現在ロールはとても元気で飛び回っています。よく食べよく遊び本当に元気です。
特に健康状態は問題はありませんが

免疫を向上させるサプリメントを使っています。

発見が数時間遅れたら・・・・・・
この子のお世話をする方がいなかったら・・・・・
この子はこの世にはいなかったでしょう。

強運の持ち主ロールならきっと跳ね返してくれると信じています。
沢山のボランティアさんの希望を担っているロール。
きっと幸せを掴んでくれることを願います。



この物語ハッピーエンドでむかえたいと心から思います。


「ロールちゃん」もほかの猫同様家族に迎えてくれる里親さんを募集しています。
「会ってみたい!」という方は下記までご連絡ください。


ツキネコカフェ 12:00~19:00(水曜定休)
電話 電話011-641-8505

ニャン友ねっとわーく札幌
勝田 090-3391-0841
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日と明日、日曜日は譲渡会です。

2013年11月09日 | 猫里親募集中
沢山の子にご縁がありますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加