ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マスト・ステー取り外し

2016-11-30 07:41:51 | 日記

 

朝井さんに手伝ってもらい名前を書いた荷札を取付ながらステーを全て取り外す

マスト自体はスプルースという軽くて弾力性のある木でできている

それも左右を接着する前に半丸の溝を掘ってから接着し
それを丸く削っているのでパイプ状になっていてこの状態だと見かけよりずっと軽い

持ち帰ったステー(マストを支えるワイヤー)は工房の床に分類して並べた

ターンバックルの代わりにワイヤーを締めるデッドアイに付いていたロープを取り外し洗濯
まだ充分使えそうなのでそのまま使う事にした

欅でで作った3つ穴の開いているデッドアイは割れている物があるので何個か取り替える

29日の写真はスプレッダーではなくバウスプリットでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スプレッダーが折れた

2016-11-29 07:42:36 | 日記

 

船首先端に取りつけた起倒式のスプレッダー
2.1メートルもあるので柳原漁港では邪魔になるだろうからと起倒式にしたのがいけなかった

本当に金具部分で回転させて折ってみたのは一回だけだ

個の回転部分の金具に差し込んだスプルース材に
金具の結露や雨水から真水が浸入し木部を腐らせた

以前から少し木の部分が膨れてきていたので怪しいとは思っていたが
今度マストを倒す時にスプレッダーの上を歩いたら簡単に折れてしまった

アンカー巻き上げ部分も付いているのでこれを取り除き
スカーフ繋ぎで腐っている部分だけを再生しようかと考えている

ミズンスマスト・プレッダーの先や根本
メインマスト・スプレッダーの先などにも腐っている部分がある
木工仕事部分もたくさんでてきた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マスト

2016-11-28 06:43:22 | 日記

 

アンカレッジ・マリーナの駐車場にメインマストとミズンマストを仮置き

ステーを締め付ける部分がターンバックルではなくデッドアイなので
それぞれのワイヤー下部分に3つ穴の開いた欅のデッドアイが上下2つずつぶら下がっている
さらにそれを締めるロープもあるのでとても賑やかだ

あまりにも索具が多くて何がどうなっているのやら自分でも解読不能
一本ずつ荷札に何所に使う物か名前を書きながら取り外していった

昨日は一日雨 工房内を片付け取り外したワイヤー類を分類して床に並べた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マストの無い「花丸」

2016-11-27 08:11:02 | 日記

 

ヨットってマストを取り外すと随分間の抜けた船に見えます
陸上でこんなに変ですからマストのないヨットが浮かんでいる格好は完全に マ 抜けです

船はそれぞれ目的の形をしているから漁船も貨物船も綺麗だと思います

昨日はマストのワイヤーを外しました
ワイヤーだけでなくワイヤーを取りつけている金具も外さないとワイヤーが取れない部分もありました

朝井さんが又手伝いに来てくれて大活躍してくれました

メインマストはニュージーランドへの航海の後スプレッダーが割れたので整備したのですが
ミズンマストは作ってから12年放ったらかしでしたので
金具とスプルース材が接して居る部分に腐った部分がありました

金属と木が接しておれば金属が気温の変化で結露して水分を呼ぶので必ず木が腐ります
水分を通すペイントやウレタンの塗りでは全くそれを防ぐことはできません

だからウエスト工法では木ネジやアンカーファースト釘などを船体に一切残さないやり方で船穀を作ります
ところが部品取付のボルトは金属なのです
最後の部品取付の時 焦らないでボルト穴を開けた後 穴に低粘度エポキシを浸透させないとボルトが水分を呼び
ボルトの周りから木が腐ります

まあ良いかと手抜きをしたところは見事に腐っていました
ワイヤー交換だけでなくスプレッダー木部の修理からかからないといけません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マストを降ろす

2016-11-26 07:38:01 | 日記

 

Mast Original ジュエリー屋の長男 真澄人君に手伝ってもらってクレーンを呼んでマストを降ろす

写真はアンカレッジ・マリーナのブログから無断借用した物です
もう一つマストを倒したところの写真も載っています

12年前の仕事ですが良くこんなマストを作った物だと自分で感心します

ワイヤーにささくれ立った部分もできていました
10年も過ぎるとステー類も点検し できたら交換した方がよいでしょう

2メートル10センチあるバウスプリットは起倒式にしたので
金具の部分でその金具の中に入れたスプルース材が腐っており根本から折れてしまった
薄々は危ないと思っていたが今度のマスト倒しでハッキリした

これは作り直さないといけない

やらないといけない事が山積みだ

今日からアンカレッジ・マリーナでマストのステーを取り外しにかかる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全ての荷物を降ろす

2016-11-25 05:11:25 | 日記

 

軽トラの荷台に平たく積んで8往復
やっと昨日「花丸」の荷物を全て工房に持ち込むことができた

何しろ荷物がありすぎです
船に行く度にちょっとずつこんなのがあれば良いなと思う何かを持っていっては積み込み
不要な物を降ろさないからこんな事になるのでしょう

もうこれ以上何も積めないとなる前に積み込み品のルールを作っておく必要がありそうだ

例えば何かを積む時にはそれと同じ重量の何かを降ろすとか・・・

とにかくあまりに多いので今度これらの荷物を船に乗せる時には厳選して不要な物は積まないことにする

今日は朝からアンカレッジ・マリーナにクレーンを呼びマストを二本とも取り外す
ステー(マストを支えるワイヤー)を全て交換して安心して航海が出来る様にする為です

11年前に1ヶ月かかって作ったワイヤー類です
やり方を完全に忘れているので1から覚える必要がある

インターネットでワイヤースプライスと検索するとYouTubeで無数に出てくるが
どれもこうやるのだと見せている物ばかりで
実際にそれを見ながらワイヤースプライスをやる人の立場に立った物に行き当たらない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積み荷

2016-11-24 07:46:04 | 日記

 

昨日は一日「花丸」の荷物を降ろした

船の横 コクピットの直ぐ下に軽トラックを着けて
買い物かごに入れた荷物をそのままロープでトラックの荷台に下ろしてはロープを引き抜く

トラックの荷台に荷物が一杯になると工房に運び4往復
工房全体が積み荷であふれかえった

不要な物を沢山積んでいると思うが
どれを降ろすかと言われるとどれもこれも置いておきたい気もする

もう少しだ 今日も荷物下ろしから始める事にしよう

マストを支えるワイヤースプライスを11年も経っているので完全に忘れた
何とか思い出せるようにして欲しいと専門家の友人を口説いているところ

横浜まで習いにおいでといわれたがとてもそんな余裕はない

YouTubeの動画にも沢山あるが解りにくいものばかりだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マストを倒す準備

2016-11-23 06:50:42 | 日記

 

昨日は朝井さんが一日手伝ってくれた

半日は一昨日降ろしたフェンダーやアンカーなどの整備と片付け
昼からはブームやハリヤード類を取り外し

船尾物入れの荷物を降ろすと軽トラックの荷台はいっぱいになり
その上にガフブームやブーム そしてミズンブームなどを縛って帰る

写真は朝井さんが写してくれたものです

今までに軽トラックの荷台に3台分の荷物を工房に持ち込んだ

今日から船内の荷物を降ろそうと思う
船って沢山荷物が積めるから残り3台分では済まないような気がする

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整備のため上架

2016-11-22 06:52:54 | 日記

 

朝一番整備のためアンカレッジ・マリーナに上架してもらいました

先ずは高圧洗浄機で船底に生え始めた海草を洗い落とし

フェンダーを全て取り外して工房に持ち帰る

今回はマストも倒して完全整備をするつもりなので
セールもフィッティングを解除

メインセールはガフブームにもマストのソーフェルにもブームにもロープで縛ってあるセールなので
取り外すのは大変
雨が降るかどうかと言うぎりぎりの時間に取り外し

たまたま自分の船の整備に来られていた田内さんに手伝ってもらい
全てのセールを綺綺麗にたたんで工房に持って帰った

今日もマストを倒すためにブームを取り外したり
電線を抜いたりやらないといけない仕事が山積みだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出艇しなかった

2016-11-21 07:21:06 | 日記

 

昨日は「花丸」まで行きましたが出艇はしませんでした

11月も半ば過ぎ 暖かい南の弱い風が吹きセーリング日和ではありません

今日から「花丸」をアンカレッジ・マリーナに上架してレストアを始める事にしました

やりたいことを書き出して表にすると20箇所以上あります

進水してもう11年半その間あちこち細かいメンテナンスはしてきたつもりですが
マストを支えるワイヤーを全て交換するというような大仕事は今回が初めてです

ヨットの整備はずっとやり続けないといけないのですが
10年も経てばまとめてやらないといけない事も出て来ます

外洋長期航海が出来る様に今回気がついた所は全て直すつもりです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加