ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

塗装ネットを張る

2015-06-30 05:15:00 | 日記

 

メンテナンスヤードで修理中のBENETEAU32s5
サンディングをまだまだしないといけない

前にある道路を挟んで民家があるので塗装ネットを張った

最初から張っておけば良かったと悔やまれるが
今からでも何もしないよりは良いだろう

塗装ネットは優れもので風の流れは通すが吹きつけなどの塗装ミストは通しにくい

工房内で船体全塗装などをするときに使うが最近出番がなかった
ガラスのサンディング粉などはほとんど通さない

昨日はデッキのひび割れた部分を二回目の補強積層
これで船体外側の積層はほとんど終わり
後はパテ付けと面出しです

曲面の面出しはしなりのある板にロールペーパーを貼り付けて人力でやります
もの凄く手間で体力の要る仕事です

平面はエアーサンダーの平たくて長い物を使います
これは体力は使いませんが擦り込まない様に気を使います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀江湾セーリング

2015-06-29 05:46:40 | 日記

 

どこにも寄らないで堀江湾を連れ合いと二人でセーリングしました
新しいセールのテストです

風は弱かったのですがインナージブ・メインセール・ミズンセールの3枚の帆を張り
初めは北上して5ノットくらいまでスピードが出ました

ついでにレーダーのテストをしました

他の漁船はよく写っているのに同じ柳原から出港した「Tall Boy」は写っていません
「レーダー反射器付けている」と電話すると付けていないという返事でした

まあ相手がレーダーを見ていなかったらそれまでですが
急に霧に巻かれたら無いよりはましでしょうね

昨日は昼前には入港しましたが僕達が入港したと言うように風が吹き始め
家に帰った頃には堀江湾は白波だらけの風力4~5でした

今度はリーフ(縮帆}のテストをします
その時は少し吹いても大丈夫です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軽量化

2015-06-28 06:18:33 | 日記

 

上の写真の様に現場発泡の発泡体で凹んだ部分を埋めておいて

余分な部分を左舷側から型取りしたテンプレートを見ながら削り取る

削った後に舵軸から出ているヒレの部分を綺麗にしてパテを入れその上を補強積層

その後全体をサンディングして薄く接着させるためのパテを盛る
出来るだけ平滑にした後ガラスマットを積層して厚味を持たせる

それぞれのテンプレートの位置に印を入れ当ててみて凹んだ部分には薄くパテを盛った

後は左右の断面が同じ形になるようにサンディングしてはパテ盛りの繰り返し
最後は右舷の面にゲルコートを塗り
最終仕上げはインタープロテクトを硬化させてサンディングしながら3回塗る

量産艇のラダーを一型無しで個だけ作ると言うのは面倒な仕事です


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舵軸と舵板を一体に積層

2015-06-27 05:37:18 | 日記

 

舵のブレード上に舵軸を置いて中央に来る様に固定

舵軸から出た回転止めのヒレをブレードに積層して固定する

重量軽減のためA液とB液を混ぜモコモコと沸き上がって独立発泡体になるもので隙間を埋める
現場発泡の独立発泡体を上手く使えばFRP作業にはなかなか役に立つ物です

写真の後全ての凹みを独立発泡体で埋め
出っ張った部分をノコと もの凄く粗いヤスリで擦り落とす

写真下の面になっている左舷の舵板で200ミリメートルおきに型取りした型を使い
おおよそ積層厚を差し引いた高さまで削り取る

その上にパテを薄くのばしておいてガラスを積層し舵軸と一体のラダーブレードを作る

後は型に合わせてパテ付けとボードサンディングを繰り返して左右対称の舵板を作れば出来上がりです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダーブレード

2015-06-26 05:52:35 | 日記

 

舵のブレード(舵板)は右舷側はほとんど剥ぎ取られて無くなっていた
残っていた左舷側のブレードを型に新しいブレードの表面をFRP積層して作った

舵軸のヒレが当たる部分を補強して(FRPの色が濃くなっている部分)
この上に舵軸を乗せてヒレの部分に固定のための積層をする

積層の後隙間の凹みを重くしないために発泡体で覆う
二液を混合するとムクムクと発泡して独立発泡体が出来る液体が有り
それを流し込んで不要な部分を切りとって舵板の形を作る

本当はラダー自体をBENETEAUから取り寄せて取りつけると言う事だったが
もう生産中止で作っていないそうなのでこちらで作る事になった

今回の事故補修で一番面倒な部分かも知れない

部品としての左舷船尾パルピット(落ち止めパイプ枠)や船首パルピット等も
既に生産されていなくて作らないといけなくなった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015-06-25 06:12:01 | 日記

 

舵(ラダー)はケブラー芯とステンレスとアルミで出来ていました

ケブラー繊維を機械的に巻き付けながら樹脂を染みこませたロッドです
この一艇の修理だけのためにそんな事は出来ません

50ミリ直径の2メートルステンレスバーを旋盤加工して同じ様な物を作りました
舵軸を支える直径の大きな部分は後からステンレスリングを溶接したものです

舵板部分の4枚のヒレも溶接です
32キログラムと少々重くなりましたが強度が大切ですので仕方がありません

今日はこの舵軸をあらかじめ作った左舷舵板にしっかり固定する積層の仕事をします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーナーズベンチ

2015-06-24 05:52:57 | 日記

 

写真左は残っていた無傷の右舷オーナーズベンチです

コピー反転して左舷側 写真右のオーナーズベンチを作りました

昔のやり方と違うのはチーク材をビス止めしません
全て専用シーカフレックスによる接着工法です

埋め木をしなくて済むので手間も省けます
水を呼び込まないので長持ちします

きちんと条件を守って接着すればシーカフレックスは材料破壊が起きても剥がれない優れた接着材です

エポキシ接着剤もそうですが化学製品は必要な条件を満たさないといけません
見た目には接着出来ているようでもいざという時に剥がれてしまいます

FRP樹脂・エポキ接着材・シーカフレックス・その他の塗料
どれをとっても基本に忠実に施工しないと駄目な物ばかりです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船体から二次接着積層

2015-06-23 06:29:53 | 日記

 

左舷ぶつかられて裂けた船体から積層開始

二次接着積層なのでリポキシ樹脂を使う

初めにマイラー紙で一番外側を型取りしておいて
ガラスマットを型に合わせて切断
次にマイラー紙の型を1センチメートル小さくして又ガラスマットを切断
それを繰り返し8層でほぼ元の厚味が出る

カットしたガラスを横に準備してから樹脂に硬化剤を入れ積層開始

今日はデッキの下側のガラス層を積層する
硬化してからパテを入れクレゲセル10ミリを押さえ込む予定

雨が降ったら積層が出来ないので晴れている間に出来るだけ早く積層を進めるつもりです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セーリング

2015-06-22 05:40:46 | 日記

 

昨日は久しぶりに真澄人君が「花丸」に乗りました
和江さんと真澄人君と僕の3人で昼から2時間ほどセーリングしました

西南西の風 風速6から7メートルという所でしょうか
ジェノアジブ・メインセール・ミズンセールを張って最高速度6.5ノットくらいで快走しました

堀江湾を南北に往復
堀江海水浴場で子供ヨットスクールのOPディンギーがひとかたまりになって練習しているのも見ました

気がつくと夏の入道雲みたいな雲が出ていました
曇っているのにセーリングで走っていないと暑い感じの日差しでした

まだ新しいセールのフィッティングも完全ではありませんが
今から毎週のように「花丸」に乗ってきちんとセールが張れるようになります

今日から又アンカレッジ・マリーナで修理の仕事です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダー修正

2015-06-21 07:14:58 | 日記

 

シャフトが折れて右舷半分表面が無くなり下から1/3くらいの所にヒビが入ったラダーを修正
左舷半分だけ残った部分を綺麗にしておいて大きなサランラップで包み
それを型にMMRMと積層して左舷半分の表皮を作った

(M----ガラスマット)
(R−−−ロービングクロス)

綺麗にサンディングしてから白色ゲルコートを塗って仕上げた

200ミリメートルピッチで曲面の型を合板で写し取る

この型は右半分を作って成型する時に使う為のものです

ステンレスラダーシャフトを注文しているのでそれが出来上がれば
ラダーシャフトを挟んで今ある左舷半分の表皮の上にラダーシャフトを乗せ
強度を持たせる積層をしておいて右舷半分の表皮を作ります

FRPのラダーは型に左右それぞれの表皮を積層しておいて
中央にラダーシャフトを入れてラダーブレードを挟み付けるようにして作るのですが

今回は左舷だけの分しかないので右舷分はシャフトを入れた後から作るつもりです

最初からラダー左右のFRP型を作って整形するよりは随分早く仕事が出来るはずです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加