ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

試運転

2014-09-30 06:27:34 | 日記

 

排気システムを変更して昨日やっと試運転をしました

心持ちエンジン音がうるさくなった様な気がします

でもまだ排気を船尾に運ぶ二重管を完全固定していないので
排気管を通す穴を大きくして音が船尾物入れまで抜けている等の対策も必要です

写真に写っている「回生丸」田山さんのプレゼント特種フレキ管には
ガラスウールとガラスラミネートの銀紙を巻きました

手で触れるくらいの温度にはなります

週末の試走が楽しみです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

救急救命艇

2014-09-29 05:51:59 | 日記

 

興居島へ遊びに行っていました

いつもは釣り人しかいない桟橋に消防庁の救急救命艇が高速でやってきました
救急車が積める様に船首にフラップが付きフェリーになっています

救急車が無いので訓練ですかと聞いたら急病人だそうです

青白い顔の村人が軽四トラックに乗せられて運ばれてきました
急患を運ぶ為のころ付き寝台が降ろされ
あっという間に船内へ運び込まれました

すぐに三津浜港の方へ走り去りましたが船の大きさの割に素晴らしいスピードで滑走していました
引き波も小さく設計の良さが伺えます

引き波ばかり大きく立てて半プレーニングから滑走に移れない保安庁のこのサイズの船とは大違いです

4艇のヨットが集まり釣った魚を朝井さんがすぐに料理してくれ
僕の花丸に集まり昼間から宴会でした

帰りは向かい風セールも上げないでエンジン2500回転7.5ノットであっという間に柳原港へ帰り着きました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サバとアジを釣る

2014-09-28 05:49:31 | 日記

 

朝早く連れ合いと今日は何処へ行こうかと言う話しになりました

風が全くないので釣りに行こうと言うことになりエンジン2400回転で7.2ノット
興居島へ向かいました

何時も「サンデー2」朝井さんが釣りをしている船越の桟橋前です

僕がジャミかごにジャミを入れ連れ合いが釣ります
釣れたら魚を取り外して水氷で冷えたクーラーに釣れた魚を入れるのも僕です

結局20センチくらいのアジとサバを30匹くらい釣りジャミが終わりになりました

元々釣りはあまり好きではない僕ですが
入れ食いならまあ何とかやってみようという気になります
でもジャミを使った釣りはデッキが汚れるのでヨットには向いていません

昼前には家に帰り刺身で一杯やりました
本当に何もしない休みの土曜日でした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジン排気

2014-09-27 06:21:17 | 日記

 

エンジン排気を二重管の外側に排出する冷却水を回し熱くない様にして船尾まで持ってきます
(9月22日の日替わり写真で説明しました)

船尾物入れの中に写真の様な筒を立ち上げここでやっと冷却水と排気が混合されます
(9月24日に写真と説明があります)

今は長い二重管が通せていないので仮取り付けです

船尾に取りつけてある排気口に船尾から波に叩かれても海水が逆流しない様
簡単なゴムの弁を取りつけるつもりです
僕にとっての新しい試みは色々と考えることがあり難しいが面白い事です

船尾物入れに色々な物があふれています
今度の排気システム交換が良い機会です
きれいに片付けて使いやすい様にしようと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船体に写った物

2014-09-26 05:31:10 | 日記

 

この写真は修理中の濃紺の船体に写った物の写真です

隣にある船がきれいに映り込んでいます

中央少し下にマスキングテープを貼って補修する部分を示しておかないと
何所を触ったのか解らなくなるくらいです

台風16号の影響が少しはあるだろうと思って居ましたが昨日はほとんど風も吹かず雨も少し降っただけでした
花丸の台風舫を解除して来ました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木材水分計と赤外線温度計

2014-09-25 07:00:44 | 日記

 

左が木材水分チェッカーです

木材に水分が含まれているとエポキシ接着は出来ません
そこで正確な空気中の湿度を測る記録式湿度計は随分以前から持っていましたが
今は接着する木材そのものの表面水分をこの機会で計れる様になりました

そして右に写っているのが温度計です

引き金を引くとレーザー光線が照射され
赤い点の周りの温度がデジタル 表示されます

これは塗装前の表面温度を知るのに使います

こんな機械で補わないとそればかりやっている訳ではないので中々上手な仕事は出来ません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

排気冷却部

2014-09-24 06:24:33 | 日記

 

「花丸」の排気システムを変更する部品で最重要部分です

下から熱い排気をそのままこの筒の中に立ち上げ

その先を排気口にふたをする様にコップ状のキャップをし(隙間はあり排気は通る)
キャップの上に冷却水を入れてキャップ部分を冷やす

そこでやっと排気と冷却水がミキシングされて筒のそこに溜まった水と排気が一緒に流れ出ます

このシステムに使う部品の重さをそれぞれ計ってみたのですが
排気口すぐの所にミキシングエルボを使って冷却水を入れるシステムと違い大変重い
全部の合計が25.6キロにもなった

重くなった事とエンジンの排気負担が少なくなった事とどちらが良いのか今の所不明です

とにかく実験のつもりで排気システムを変更します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンリューター

2014-09-23 07:24:17 | 日記

 

エアーで動くペンリューターで傷の小さく残った部分を彫り込んでいます

昨日完全に仕上げたつもりだったのですが
顔を近づけて良く見ると傷があった周りに細く白い線が残っていました

もう一度彫り込んで盛り直し研ぎ出す覚悟で細く小さく白い線の部分を彫り込んでいます

作業を最初からやり直すという感じです

最初よりは随分範囲は狭まったのですがそれでもやることは同じです
600#・800#・1000#と水研ぎし中目・細目とコンパウンドをかけそしてワックスで仕上げます

納期が延びました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二重管

2014-09-22 05:38:54 | 日記

 

仮付けの状態ですが排気を船尾まで導く為に二重管を作ってもらいました
中側の1.5インチパイプを排気が通り
外側を排出される冷却水が通ります

この後排気をデッキ面まで立ち上げUの字のカップを被せた先に冷却水をかけて冷やし
冷却水とともに排気を船尾から船外に放出します

この絵がカナダの「ハーモニー」生駒さんに送って頂いた解りやすい説明図です

写真上はダブルとなっている部品の船尾側です

今「花丸」に付いているウォーターロックシステムも
この排気に力をかけないシステムも
両方とも海が荒れた時に排気管から海水を逆流させない目的で考えられた物です

本当は漁船の様に排気管をストレートにデッキから立ち上げることが出来れば良いのですが
ヨットではそうはいかないので色々考えないといけないのです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特殊フレキ管

2014-09-21 06:52:44 | 日記

 

昨日は連れ合いが勤めている保育園の同僚達3人がお客さんで「花丸」に乗りました

初めてで乗り物酔いをすると言う人が居たので一番近い野忽那島を目指したのですが
あいにく桟橋が塞がっており急遽中島に行き先を変更

行きはジェノア+フルメインで斜めから追っ手の風を受け快調でした
昼食の後風が強くなり帰りはインナージブとエンジンで帰り着き北条港で下船してもらいました

写真を写し忘れていたので今日の日替わり写真は特種フレキ管の写真です

九州熊本の「回生丸」田山さんからいただいた物を加工しました

この部品でエンジンの振動を吸収して新しい排気システムとエンジンを繋ぎます
特種フレキ管を自在に曲げて排気管にエンジンの振動が伝わらない様にします

新しい排気システムをヨットに固定する時エンジンと排気システム取り付け寸法の逃げ部分でもあります

さていよいよ本格的に排気システムを交換する工事にかかろうかと考えます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加