ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジェットスキー修理

2014-08-31 06:27:11 | 日記

 

ジェットスキーの右舷船尾角部分の修理も進んでいます

手の届かない部分なのでデッキに穴を開け船内側からの補強積層は終わり
外部の白化した部分を削り落とし
元に戻す積層はビニエステル樹脂を使ってやりました

後は平面を作りウレタンを吹き付けて仕上げます

角に穴が開いている部分にドレン抜きを取りつけてからデッキに開けた穴を再び補修再生です

ジェットスキーの免許講習が9月初めに有るそうなのでそれまでに仕上げないといけません

今日は日曜日「花丸」に乗ります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジン

2014-08-30 06:22:21 | 日記

 

エンジンをチェーンブロックとブームで吊り上げて外に出し
マリーナのメンテナンスヤードに運んだ

ここで電動クレーンで吊り上げておいてエンジン全体と底の錆び落とし

ワイヤーブラシでゴシゴシこすると錆が沢山落ちた

パーツクリーナーを大量に吹きかけて油分を取り除いた後必要な部分をマスキング

その後ヤンマーエンジンカラーのスプレー缶で吹き付け

以前にも同じ様なことをしたことがある様であちこち塗り次や吹きつけの跡が残っていた

いよいよエンジンベットも昨日完成したので月曜日には積み込んで試運転です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジンベット再積層接着

2014-08-29 05:48:24 | 日記

 

切り取ったエンジンベットの上の部分をエンジンの足に固定し
その状態のエンジンを調整しながら
プロペラシャフトのカップリングとエンジンのカップリングをつないでエンジンの位置を決める

1GMの小さいエンジンだからあちらを持ち上げたりこちらにずらしたり簡単にできるので巧く行った

エンジンを固定してカップリングがおよそ合った状態でエンジンベットの切った部分を仮留め積層

写真を見てわかる通りエンジンベット船尾側を25ミリほど切り下げた状態で固定
カップリングの間にラバージョイントを挟んでいたとは言えよく1センチ近くシャフト芯がずれた状態で走っていたものだ

エンジンベット前後を借り取り付けしておいてエンジンをブームで吊り上げて船外に取り出した

この状態で今日は切った部分を仮でなく本式の積層接着をしてつなぎ合わせる
同時にエンジン横と底の錆を落として整備する

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジンベットを切断

2014-08-28 06:11:36 | 日記

 

昨日仕事が終わる寸前にエンジンベットをカット

船内に残ったエンジンベットの頭部分を繋ぎの積層が出来る様に斜めにサンディング
マスキングはしていたが船内はガラスの切り粉で真っ白になった

持ち帰ったエンジンベットの上の部分は工房引き抜きブースの前でサンディングをすることにした

写真奥側(船尾側)を20ミリほど切り下げ
船首側は積層接着の時に10ミリくらい持ち上げる

それは実際にエンジンをこれらのエンジンベットに固定して
カップリングを繋いで高さ調整をするつもり

それなら確実にエンジン駆動部分とシャフトは一直線になる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジンの底

2014-08-27 06:41:59 | 日記

 

写真はヤンマーディーゼルの1GMというエンジンの左側面です

以前の写真でお見せした様に上から見える部分は綺麗なエンジンでしたが
ジンク(防蝕亜鉛)取りつけ部分から海水が漏りエンジン側面から底の部分が錆びだらけです

エンジンベットの間に挟まっている部分で見えなかったのでしょう

おまけに冷却水ポンプも水漏れしてその周りが錆びています

防蝕亜鉛と冷却水インペラーの交換をしました

エンジンベットを切り下げるついでに
エンジンを船外に吊り降ろして錆を取り除き塗装をやり直します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいプロペラシャフト

2014-08-26 05:45:34 | 日記

 

写真で解りますかエンジンの回転芯とシャフトの芯が1センチくらいずれています

シャフトは前後のカットラスベアリングで固定されており角度を変えることは出来ません
エンジンの高さが高いので下げたいのですがこれでエンジンマウントぎりぎりいっぱい下げた位置です

船尾側エンジンマウントはぎりぎりいっぱい下げて
船首側エンジンマウントはナットが半分しかかからないくらい上に上げた状態で
全く調整しろがないのにシャフトとエンジンの回転軸が一直線にならないのです

仕方がないのでFRPのエンジンベットを切って下げます

FRPカットやサンディングの粉が入らない様にエンジンは船外に降ろします
残った全ての物をマスキングしておいてエンジンベットカットです

あまりにもエンジンのメンテナンス状態が悪いのでエンジンの底はほとんど錆びています
先ずはオイル交換・ジンク交換・冷却水インペラーの交換です

その後潮が噴いて錆びた部分の錆を取り除きヤンマー色の塗装します
その後きちんとしたエンジン屋さんに見てもらいます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジェットスキー修理

2014-08-25 05:24:52 | 日記

 

ジェットスキーの先端にはFRPではなくてABS樹脂製のフェンダーが付いていた

下の補強も含めABS樹脂の部分は作り直せないので新しく取ってもらう事にした

所がそれらを全部セットするときちんと収まらないで隙間が出来るので
船体FRPで修理した部分を再度削り直して微調整

船体後部修理の為にデッキに開けた穴を塞ぐ為に
出来るだけ早く船内側の修理を仕上げないといけない

それにしても屋根があるマリーナのメンテナンスヤードでの仕事は楽です
炎天下直射日光の下での仕事と比べると天国にいる様だ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無風

2014-08-24 07:06:49 | 日記

 

昼前に連れ合いと二人で出航しました

3枚のセールを上げて弱い風の中 野忽那島(のぐつなじま)方向へ舳先を向けたのですが
引き潮で実際の進行方向は30度も違います

それでも微風の中そろそろと2時間5マイルも進みました

風が出てくるのを待って昼食のお弁当を食べ終えましたがいよいよべた凪になり
セールをみんな降ろして一気に機走で7.5ノットホームポートへ

上の写真は機走開始前の微速前進時の写真です

ハードドジャーの前窓を取り外して風を入れています
海上はドジャーの下日陰手28.5度でしたが動くと汗が出て来ます

やっぱりヨットは秋ですね
風が強くなり水温が高くて濡れても気にならない
もう少しの辛抱です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セーリング

2014-08-23 09:24:51 | 日記

 

先週の土曜日16日帆走した時の写真です

昨日は朝から大雨が降りました
昨日の松山は一時でしたが
広島の土石流災害もこんな雨が続いて降ったのだろうなと言う様な雨でした

雷と大雨と風が 一時ですが通りすぎました
それでも道には低いところに10センチメートル以上の水が溜まっていました

雨で視界が悪く車の運転は危ない状況でした

今日は写真が無いので先週微風の中一人で3枚のセールを張ってセーリングした時の写真を載せます

何時もは目的地を決めて時間が無ければエンジンを使って走るのですが
やはりヨットはセーリングをしないと面白くありません

目的地を決めないでセーリングだけを楽しむのも良い物です
今日もそうしようと思っています



海の広場を更新しました


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カットラスベアリングを抜く

2014-08-22 04:34:25 | 日記

 

プロペラシャフトブラケットの中に入っているカットラスベアリングを抜く

案の定プロペラシャフトがカットラスベアリングの途中で曲がっていたので
入り口と出口がテーパーがかかってすり減っていた

最近のカットラスベアリングは高性能でステンレスシャフトなら20年くらい持つ材質もあるそうです

プロペラシャフトブラケットの船体側取りつけ部分に何の損傷もなくて良かった

そうだ、エンジンとシャフトが一直線にならないで上下にずれていたのだから
船内側のカットラスベアリングもがたつきが無いか見ておかないといけない

PSSシールを取り外しシャフトブラケットに新しいカットラスベアリングを入れ
新しく作り直したシャフトを入れて隙間を見てみることにする

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加