ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「FANTASIA」

2014-03-31 06:54:30 | 日記

 

スポーツボートフィッシングに使う船だと言うが
木造艇でどこもかしこもピカピカのボートです

写真を撮った僕の姿が木の扉に映り込んでいます

船尾入り口の扉を外しその左にあるエンジン場への入り口くらいまでを壊さないとエンジン交換が出来ないそうです

ヨットでは一寸考えにくい事ですが作るときに一部を壊さないとエンジンを交換できないなんて事があるんですね

それでもエンジン場に潜り込んでみると
2基有るエンジンとも真上に持ち出せるように上に向かっては解放口があります
メインキャビンまでは取り出せるのです

ところがその後どうするかというとこの綺麗に仕上げたチークバルクヘッドをみんな壊さないと外に出せない
そんなことがあるんですね
他の船もそうやってエンジンを交換しているのだそうです

見えないところまで綺麗に塗って水と木材を切り離しているこの船は事故を起こさなければきっと長寿命でしょう
何度エンジンを交換するか解りませんがそのたびにこれを造り直すのでしょうか

ボートは不思議な世界としか言いようがありません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出張修理

2014-03-30 07:33:51 | 日記

 

大阪名村造船跡地での出張修理一段落しました

左舷側は既にエフェクトマリンプロデュースの橋本さんが防水加工を始めてくれています
右舷側は硬化を確認して昨日昼までに削り出しました
板擦りしてフェアーなカーブを作り修理したことが解らないようにしました

昼くらいから真君と交代で運転してやっと工房に帰り着きました

昨日は荷物を降ろしただけで何も出来ないでそのまま寝ました

今から片付けにかかります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

布団乾燥機

2014-03-29 06:26:57 | 日記

布団乾燥機

右舷後部 接着する摩材の高さが丁度背丈くらいで
それに合わせて布団乾燥機を持ち上げておかないといけません

2mの足場板を2枚お借りして持参したクランプで布団乾燥器の置き場を作る

工房でやるならどうにでもなることが
出張先となるとなかなか思うようになりません

良くクランプを4本もって来ていた物です

創意工夫と経験が物を言う世界です

今日は硬化しているはずの右舷2箇所の摩材補修部分を
他の部分に合わせて削りだし

昼から松山に向かいます
二人で運転して来るときは6時間かかりました
帰りは何時間かかるのでしょう
結構移動が疲れます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強制乾燥

2014-03-28 06:32:31 | 日記

 

「雨の日とその翌日はエポキシ接着をしてはいけない」

30年近くエポキシ接着に携わった僕の経験からこれを守らないと
エポキシは役目を果たさないと言う最も大切な部分なのです

今回はその原則を破りました
一昨日の大雨で船の周り中が水たまりです

それでも接着部分が小さかったので布団乾燥機で船体側と
接着するマホガニー材両方に乾燥した温風を送り半日おいてから
材木水分計で接着木部の水分が圧倒的に低くなっているのを確認して
一気に2液エポキシを混合して接着しました

タイマーをセットして一晩温度を上げました
今朝どのくらい硬化しているかどうか楽しみです

上手く行っておれば右舷側二箇所も今日接着です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泉大津マリーナ

2014-03-27 07:05:07 | 日記

 

昨日は朝からまともな大雨でした
ライボビッチ「FANTASIA」に行ったのですが雨養生の手直しくらいでやることが出来ません

泉大津マリーナの池永さんを訪ねました
船で池永さんお手製のイタリアン料理をご馳走になり大満足
美味しかったありがとうございました

何度も訪れる内にだんだん顔見知りも増えました
写真は右から池永さん輸本さん僕そして真君です
写真を写してくれたのはブルーシーガルの上田さんです

僕が池川ヨット工房として独立した33歳からずっとお世話になりっぱなしです
今日の写真はブルーシーガルの掲示板に出た写真を事後承諾で使わせてもらいました

松山では乗る人も少なくなったが大阪のヨット乗りはまだまだ元気で走り回っています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木造モーターボート修理

2014-03-26 06:01:40 | 日記

 

ライボビッチ社の「FANTASIA」と言う木造モーターボート補修で

昨日は朝から真君と運転を交代しながら6時間かかって大阪名村造船跡地に着きました

着いたら直ぐに写真の部分を削りにかかりました
ステンレスのL型アングルを入れて船を吊り上げる時スリングで痛まないようにしていた部分です

新しい吊り上げ保護装置を作ったのでステンレスアングルを取り去り
元のマホガニー材にするという仕事です

モーターボート船体のチャイン部分に摩材として取りつけてあるマホガニー材です
船底にも船首から船尾まで摩材が取りつけてあります

びっくりしますが高価な船は摩耗する部分までマホガニーで出来ています
船体を傷つける事を考えると摩材をしっかり前後に通しておくことは大切なことです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柳原漁港の桜

2014-03-25 06:51:13 | 日記

 

昨日も一輪も咲いていません
柳原漁港の桜です

僕たちのヨット溜まりのすぐ前にあります

一瞬ですが咲けば桜とヨットの綺麗な写真が撮れます
やっと春が来たなあという感じになります

森清水産さんはこの下で毎年大宴会をします
僕たちのヨットクラブも真似して今年の総会は桜の下でやらせてもらおうと言うことにしました

山桜でソメイヨシノより少し咲くのが遅いのだそうです
桜の開花が待ち遠しいことです

今日は朝からライボビッチ社の「FANTASIA」と言う木造モーターボート補修で大阪へ出張します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミズンセール修理

2014-03-24 03:30:39 | 日記

 

「花丸」のマストは2本なので横から写真を撮ると
他の船から随分離れて一本だけマストが後ろに見える

2本マストだから他の船とあまり変わらない高さのマストだ
丁度25フィートのメインマストくらいの高さです

昨日は良い風でよほど出航したかったが
ミズンセールのリーチが裂けてリーチロープがはみ出している部分が有り
リペアーテープも沢山買ってあったので修理することにした

工房に持ち帰り2階の現図場に広げて小さい穴やほつれた縫い目や切れた部分を
リペアーテープを貼って修理
ついでに一番紫外線に曝しっぱなしでボロボロになっているセールカバーも修理した

写真左のマストがミズンマストでセールを外したのでブームも見えている
何時も着けっぱなしなのでセールを取り外すと何となく寂しい
昨日の内の元の状態に戻した

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野忽那島の展望台

2014-03-23 07:00:54 | 日記

 

昨日は久しぶりに連れ合いと二人「花丸」で野忽那島へ

風が無くメインセールとミズンセールとジェノアセールでゆっくりと浮かんでいる所へ
アンカレッジ・マリーナの崎田社長と日野さんが乗ったモーターボートが来た

土曜日なのにどうしたのかと思ったら
海の駅の取材で東京からカメラマンが来ていると言うことでそのまま中島の方へ行った

僕たちは予定通り野忽那島へ到着して舫が終わったと思ったら
モーターボートは早くも中島から野忽那へ引き返してきた

モーターボートの走りを写真に撮りたいと言うことで野忽那でカメラマンが降りて
モーターボートが出航し陸からモーターボートを写していた

彼らが帰った後僕たちは皿山展望台という野忽那で一番高い山に登り昼食
春の陽気で着ぶくれした僕たちは上着を脱いだ
帰りは山菜(ワラビ・木の芽・ツワブキ)などを取りながら山を下りた

桟橋で大きく育ったワカメをバケツいっぱい採った

春は海も山も収穫のシーズンだ
柳原に帰り着くと本職の漁師さんが護岸いっぱいにヒジキを干していた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メインセール修理依頼

2014-03-22 07:05:22 | 日記

 

「瀬戸一丸」の野中さんからメインセールが伸びたので修理を依頼すると電話があり
修理箇所のメモとメインセールを置いていきました

先日の月曜日に宇和島の徳田さんから自分でセールをリペアーする方法を聞いていたので
野中さんにやってみてはいかがですかとお勧めしたのですが
それほどの時間は無いようです

最初から作れと言われたら一寸考えますが
修理なら僕でもできそうな気がしてきました

ヨットを造る人ですから野中さんもセールの修理くらいやってみてください
とお勧めしたのですが何しろやったことがないことはなかなか一歩を踏み出しにくいのでしょう

僕の「花丸」のセールなど普通の船の何十倍も紫外線に当てたのでもう生地そのものがだめです
修理の仕様もないのでこれは新調でしょうね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加