ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

細部の磨き

2012-12-30 08:17:30 | 日記

細部の磨き

昨日は「瀬戸壱丸」の細部を磨きました
エアーのベビーサンダーとノミを使い細かい部分まで磨きます
後は手でサンドペーパーを持って磨くしか有りません

シアー材の下は合板ですが合板の木口には無垢の檜が入れてあり殆ど腐っていません
良い施工がしてあります

船体は温かい手でなでると凹凸がはっきりと解ります
野中さんはボードサンディングで綺麗なフェアーラインを作る事がどれほどしんどいか知っています
だからボードサンディングはやらなくても良いから多少凹凸が有っても10年持つ塗りをと言います

僕も自分の船はそれで良いと思います

一応青色チョークで碁盤の目を引きエアーストレートサンダーで粗く凹凸を探り
あまりに酷い部分は修正するつもりです

岩手県の今は80歳を超えるヨット大工の棟梁 小成さんが言っていましたが
10年おきに新艇から3回フェアーリングをすると木も落ち着いてあまり動かなくなるという事です
昔の木造ヨットも20年くらいは充分保っていたと言う事でしょう

僕の「花丸」は本物のウエスト工法の船です
手入れさえすれば50年から100年は保つでしょう
僕の長男 真澄人君が乗る事が出来るように訓練中です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェザーリングプロペラ

2012-12-29 06:26:57 | 日記

フェザーリングプロペラ

「花丸」は最初固定2翼のプロペラだった

ところが水と空気の密度がおよそ800倍だというのを知って
パワーがセールで掴んだ風の力だけでスピードの遅いヨットには
固定翼はエンジンを使わない時の抵抗になってだめだと思った

レース艇でなくクルージングヨットこそ毎日セーリングだから抵抗は減らさないといけない

どんな初心セーラーでもプロペラ面積を800倍したような(僕の花丸の最初の固定翼で30平方メートル)
面積の抵抗を風上に向けて押し立ててセーリングをしようなどとは思わないはずだ

殆どの人が水中だから見えないので固定翼で満足してそんなものだと思っている

そこで今「花丸」はフォールディングプロペラという使わない時は後ろ向きに折りたためるプロペラを付けている
特に微速のセーリングは格段に早くなった

フォールディングプロペラはプロペラ自体を重くして推進軸の回転から遠心力でプロペラを開くようになっており
前進の時は丁度良いところまで開いてガツンと角度が決まりプロペラの前向き傾斜が止まる

それで前進は固定翼と殆ど変わらない力を持つが
後進は遠心力だけで開いており回転させるとプロペラが閉じる方向に力がかかる
そこで思い切りエンジンを吹かして回転をあげて遠心力の方がプロペラを閉じる力より勝るまで回転をあげる事になる

それでも後進は固定翼ほど頼りにはならない
先日 佐柳島(さなぎじま)の港の中で強風にあおられ船首が堤防に押しつけられそうになる恐怖を味わった
後進で3500回転以上エンジンを回したが風の力が強くだんだん堤防に寄せられた

今度は高価だが前進も後進も翼が反転して固定され同じようにパワーの出るフェーザーリングプロペラを採用する事にした
ダイヤ430ミリメートル・ピッチは船によりエンジンによりセットして設定できる
30°から2°刻みで0°までのピッチに変えられる
ボスの部分を今のシャフトに合うように加工して 止めナットもネジを切り直さねばならない
さて「瀬戸壱丸」の仕事が終わったら取り付けてみよう

何度か上架してフェザーリングプロペラの角度を設定し直せば
エンジンとプロペラと船型がマッチした最高のスピードが得られるはずです

「花丸」は32フィートで3GMエンジンなのに6.5ノットはあまりにも遅すぎです
「瀬戸壱丸」は最高速度7,5ノットだそうです
「瀬戸壱丸」はGORIというメーカーの最高のフォールディングプロペラを採用しています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腐っていた箇所

2012-12-29 06:26:22 | 日記

腐っていた箇所

ドッグハウス右舷前角
デッキやドッグハウスコーミングの合板は9ミリ
ドッグハウス天井はなぜか6ミリ合板という指定だったそうだ

この写真の右角天井板6ミリ合板が30×60くらいの範囲で完全に下まで腐っていた
船全体でここだけだから大したことはないと言えば大したことはない

6ミリ合板を9ミリにするとドッグハウス全体でいくら重くなると言うのか
ここは是非とも9ミリ合板を使いたかった部分だ

デッキビームががっちりと固定されているのに6ミリ合板部分が踏むと動くので
デッキビーム部分全体の塗りにヒビが入り下の合板に真水が染みた跡がある

本当に腐った部分はみんな取り除きエポキシパテで埋めてからライニングをやり直し
その上にインタープロテクトとウレタン塗りをする
次の10年は何もしなくても保つ様な塗りを目指す

久しぶりに「海の広場」を更新しました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右舷船尾

2012-12-28 05:08:14 | 日記

右舷船尾

何時もは差し板を入れて居るがオープントランサムの船尾

左舷船尾には「瀬戸壱丸」の船名があり部品などは何も付いていない

右舷船尾にはアンカーホルダーや排気ホース出口や測深計が付いている

測深計は1つでも船体に穴を開けるのは嫌だとの 野中さんのこだわりで
停泊中はトランサムに沿わせて跳ね上げてある
使う時は半回転して水中に入れて使う

今回は船体全体の塗り直しなので取り外す事が出来る部品はみんな取り外してもらう事にした
そうする事で随分手間が省ける
どうしても取り外す事が面倒な部品はマスキングして周りの磨きや塗りをする事になる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コクピット

2012-12-27 06:45:51 | 日記

コクピット

工房一番奥にある吹き付け用の集塵シャワーを稼働させながらサンディング
ダブルアクションの一番大きいエアーサンダー40#と
ディスクグラインダーに14#の刃をつけて磨く

サーフェースマットを低粘度エポキシでコーティングしてあるが
経年変化でヒビが入ったところは雨水が下の木に到達している

そのままにしておくと真水と木材にバクテリアが繁殖して木を腐らせる

今までよくぞ合板が腐らなかったものだ
流石オランダ製の造船用に作られた合板だ

日本の合板の様にかつらむきではなく突き板を貼り合わせた合板で木の目が混んでいる
接着材はフェノールを使っている
大抵は合板の一層目で真水はくい止められている

昨日は7時間ずっとサンディングで工房中粉だらけになった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドッグハウス

2012-12-26 06:20:35 | 日記

ドッグハウス

ドッグハウス天井にもヒビが入り雨水が直接合板に触れている部分があった
ビームが入っている部分に沿ってヒビが多い

1箇所だけ右前隅に3センチ角くらい合板が下まで腐っている部分を見つける
後は殆ど合板一層目が雨に濡れて黒く変色し今から腐り始める手前の状態

野中さんのしっかりした施工と普段のメンテナンスが
16年経っても木造艇をここまでしっかりしたまま保たせた

昔の木造艇は木と水を遮断するという考え方がないので
よほど毎年お金をかけて手入れをしていないとここまでは保たない

「竜王」や「天城」のような45年以上も保った古い木造船は
おそらくもう一艇船を作る事が出来るくらいメンテナンスにお金がかかっているだろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船首デッキ

2012-12-25 05:01:42 | 日記

船首デッキ

「瀬戸壱丸」船首デッキの塗りにヒビが入っているのをサンディング

雨水がデッキ合板に染みこんで黒くなっている部分が沢山有る
それ以上に表面が腐って合板2層目まで水が染みこんで腐りが始まっている所も有る

出来上がって16年が経過すると言うが
野中さんはよく手入れをする人なのでここまで保ったのだろう
強度的に問題だという箇所は今まで発見できていない

これからデッキを乾かせてガラスクロスをエポキシコーティングするつもり
ダイニールクロスという手もあるが似たようなものだろう

今日はドッグハウスやコクピットのサンディングに邪魔になる部品を取り外す

チーク部分の塗りは野中さんが自分でやると言うので
「ゴールドスパー」と言う一液性で本物のニスを注文した

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足場組み

2012-12-24 06:16:58 | 日記

足場組み

「瀬戸壱丸」を中央に据え直し
中二階の床と同じ高さで足場板を回す

船尾部分も天井から吊って重なった足場板を木ネジ止め
船の回りを歩いて回れるようにする
これで仕事が随分楽に早くなる

エアーストレートサンダーでサンディングを始める
左舷はあまり傷んでいないが右舷が西日が当たる向きだったそうで
塗装も剥げた部分が多くガタガタになっている

野中さんが来てマストのグルーブ穴にニスを塗った

野中さんは実に色々工夫をする人で
グルーブ内にスポンジを滑らせ
そのスポンジにグルーブ隙間からウレタンクリヤーを供給すると言うやり方で塗っていた
普通は一度木造マストを作るとグルーブ内は塗りをあきらめるものだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸壱丸

2012-12-23 04:55:36 | 日記

瀬戸壱丸

鳴門の出張仕事も21日で一応終わった
昨日は工房で出張工具類を整備片付け

「瀬戸壱丸」を工房中二階の床隙間の中央へ移動
船台ごと吊り上げておいて船台のキャスターを取り外し
船全体の高さを低い位置に据え直す

マストも西側にあったのを工房の扉を開いて外に出し東側に入れ替える
これで少しは余裕が出来て塗りの仕事も楽になるだろう

今日は昼頃まで凪ぎだそうなので
「花丸」を出港させてエンジンでその辺りを走り船底を洗うつもりだ
毎週出港させて居れば一年くらいは船底には何も着かない

現在「花丸」の巡航速度はエンジン2600回転で6.5ノット
「瀬戸壱丸」は28フィートで7,5ノットだそうですから
「花丸」はもう少し出るはずなのでプロペラの交換を考えている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロスカットソー

2012-12-21 05:02:43 | 日記

 

クロスカットソー

クロスカットソーは今回のチークデッキ合わせ仕事で
シームの巾を切るのに大活躍した

家の大工仕事では持ち運べるこの手の丸鋸をよく見るが
船関係では狭いのが原因か殆どの場合ジグソーを使う

今度の仕事のように長物の木口カットが沢山有るような仕事だと大活躍する
その切った材どうしの木口接合面に4ミリのシーム隙間を入れるなどノミでやるのは難しいが
クロスカットソーを使えば簡単な仕事だ

ホテルからパソコンでネット注文したので今日か明日には手に入るはず
最高級のジクソーを今までに5台・軽いのを2台も買った
優に二台はクロスカットソーが買える値段だ

工房でやる仕事で今までクロスカットソーを思いつかなかったのは不思議だ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加