ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レース

2012-07-31 06:19:50 | 日記



スタートしてしばらく南下したが直ぐに東に舵を切り
スピンネーカーを上げる



そのままのタックでスピンネーカーも張ったまま利島へアプローチ
中央に見えている雲を帽子のように頂いた島が利島

右は渡辺さん

利島の南にある鵜渡根島と利島の間をスピンを張ったまま抜ける
前に見えているのが
鵜渡根島

左からオーナーの北山さん高木さん舵を取っているのは国方さん



利島の綺麗な緑を見た
航海の後の緑は目が休まる



「AMAGI」の船内ジンバルコンロ
今回のレース中一度だけインスタントラーメンの為に湯を沸かした

気に入った今度の航海はガスオーブンストーブを止めにしてこれを2つ付ける事にする

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「AMAGI」に再会

2012-07-27 05:37:04 | 日記





レストアが終わって一年くらいしか経っていないが
綺麗な姿を保っている「AMAGI」

今では珍しくなった本物の木造船を見ようと
朝からひっきりなしのお客さんで忙しそうでした

鳥羽パールレースの前夜祭に参加した後
「AMAGI」を見下ろすことが出来るオーナーの別荘で夕食をご馳走になる

写真の左上にある建物の3階で志摩マリーナ全体の船が見える
自分の船を見ながらお酒が飲めるというのは最高です

ホームページの更新は「AMAGI」を見下ろしながら
オーナーが別に用意してくれた志摩マリーナのホテルの一室から

写真のマスト右に見えるのがホテルです

さて今日からのレースはどうなるのでしょう
長距離レースをしたことがない僕にとって初めての経験です
何でも初めてすることはわくわくします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「AMAGI」で鳥羽パールレース

2012-07-26 05:37:30 | 日記





去年レストアを終え無事に浸水した新生「AMAGI」

クルーとして僕は明日から鳥羽パールレースに出る

レースのことは全く解らないのだが
昔の帆船が大工を乗せて航海したように
木造船に僕のような船大工が乗っていると言うことは
心強いだろう

それに僕が乗るのはいよいよとなった時の保険みたいなものだ
プロのヨット乗りとして7年間事故もなく外洋を走った経験は何処かで役に立つだろう

おまけに僕が今まで全く興味を示さなかった
レースがどんな物かちょっと見てみたい気もする

今時の軽い船がリタイヤするほど向かい風が吹き荒れたら
勝算はあるだろうというのがファーストマリンの社長 関口さんの弁

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルジ溜まり最終白ペイント塗り

2012-07-25 05:22:43 | 日記





トイレ洗面台立ち面に白色デコラを張り付けた

船内は熱気がこもり暑くてたまらないので頭が働かない

やっとの思いでビルジ溜まりの白色ペイント塗りを終わらせ
船外に逃げ出す

パイプハウスも床の近くは風が通れば結構涼しい

トイレ洗面台に張ったデコラの縁回しを作り色づけする

今日はファーストマリンの関口社長が来られ最終打ち合わせの予定

船体の歪みを取り色付けをして何所までニス塗りが出来るか
台風シーズンに入る前にはパイプハウスをたたまないといけない

出来るだけ大急ぎという仕事になるが
ニスは本物なので塗りごとにきちんと乾かさないといけないそうだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜の家

2012-07-24 06:34:40 | 日記





竜王を閉じ込めたパイプハウス
夏の日照りで尋常ではない暑さになった

両側壁は巻き上げ式で透明の部分を巻き上げる事が出来
東西への風が吹き抜け下の方はあまり激しく動かねば涼しい

しかし足場板の中段はまだしも
足場板に立って仕事をする頭の部分は熱気がこもり体温よりも気温が高くなる

パイプハウスの上側は直射日光が通らない白色だが
日中は40度を軽く超える温度になる

「竜王」の外板マホガニーは一度完全に全面フェアーリングを終えたが
長く続いた梅雨と強烈な熱で歪んでは修正の繰り返し

この二三日は雨が降らなくなり乾燥が進んでいる
しばらくこのまま放置して木の動きが止まった所で再度フェアーリングをやり直し

それから色付けとニス塗りにかかるつもりで居る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「どんぐり7」

2012-07-23 05:13:51 | 日記





一週間前の「どんぐり7」

昨日は「花丸」で出航しようと思ったが
どうしても右舷の傷が気になり修理することにした

写真を写し忘れたので過去の写真を見ていて「どんぐり7」の写真を見つけた

東能美島近辺を沖の島マリーナに向かって走っているところ
なかなか自分の船がセーリングしている所の写真は手に入らないものだ

逆光だがあの時の様子を思い起こすことが出来る写真だ

花丸の船底が少し汚れてきているので多少スピードは落ちている

それにしても「どんぐり7」のスピードは22feet
のヨットとは思えない
32feetの「花丸」と一緒のクルージングで  余裕の走りを見せた

どちらが良いかと聞かれたら
外洋に出ないなら扱いやすさから僕は「どんぐり7」の方に軍配を上げる


それでも太平洋を渡ることが出来る性能を持っている船だと断言できる
果たして人間の方がやれるかどうかは別問題だ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パイプハウス内高温

2012-07-22 06:48:46 | 日記





「竜王」を修理しているパイプハウス
天井は太陽光がそのまま入らないように白色だが
写真のカメラ高さだと熱気が集まり昼間は優に体温を超す

だんだん乾燥して外板は暴れてフェアーリングをしていても直ぐに凸凹になる
しばらくこのまま放置することにする

船内は朝早くビルジ溜まりの白色ペイント塗りと
トイレの洗面台立ち面のポリ合板合わせ

これがなかなかくせもので暑くてボーッとした頭ではなかなか合わない
きちんとマイラー紙で型取りしてその通りに切り出すが
ほんの少し合わない
何所を削ったらよいか考えていたが頭が痛くなったので昨日は止めにした



今日は「花丸」に乗ろうと思うが朝は一週間前と同じ濃い霧です
ウーンどうしようかなあ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「どんぐり7」キャビン入口階段

2012-07-21 05:13:00 | 日記





「竜王」外板スムージングの仕事は雨が降って湿度が上がり
外板が暴れて安定しないのでしばらくの間ストップする

「どんぐり7」の
コンパニオンウェイ階段は1段だったものを
クォーターバースに引っかける様に2段目の取り外しできる階段を作った

少しは出入りが楽になるかなと思う

ジンバルと物入れの奥に小物を置くための棚を新しく作った
これも使い勝手が良くなるだろう

船は進水して使ってみて初めてオーナーの使い勝手に合わせて仕上げていくものです
その時に頭でっかちにならないで実際にこう使うというのが一番重要な事です

俊足デイセーラーの「どんぐり7」がどう変身するか
見物だと思います

リタイアしたオーナーはとりあえず一ヶ月の内半分は松山で「どんぐり7」に乗り
後の半分は千葉に帰るというので
その乗らない期間の為にデッキにフルオーニングを作る事になった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工業用扇風機

2012-07-20 04:19:03 | 日記





工房にあった工業用扇風機を持ち込んで
首を上向きにしてパイプハウスに溜まった上の方の暖かい空気を
吹き下ろそうとする

パイプハウスの容量があまりに大きく
ちょっとやそっと扇いだくらいでは暖かい空気は降りてこない

やはり農家のビニールハウスのように側壁の一番高い所に強力な排出翼を取り付ける必要がある



足場に上がって仕事をしているとどうも頭がボーッとするなと思ったら
竜王のシアー部分に置いた温度計が38度とかになっている

温度が体温以上になると 体を動かすのが非常におっくうになる
南太平洋の人達が太っているのは暑すぎるから体を動かせないからだと僕は以前から考えている

南の島の航海も良いが一日に頭が働く時間は朝夕の涼しい時間ほんの数時間だけで
日中は頭も体も働かずあっという間に時間が過ぎていく

あまりに暑いと歳を取るのも早いようだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デッキのホコリ

2012-07-19 06:19:15 | 日記





船内に入った船体マホガニーをサンディングしたホコリは
白色ペイント塗りが有るので隅々まで綺麗に塗れぞうきんで拭き取ったが
デッキにはエアーノズルで吹き飛ばしても飛びきらないホコリが積もっている

これもサンディングが終わったら綺麗に拭き取ろうと思う

昨日は左舷を中心に船体のフェアーリングをしたが
フェアーリングをする端から歪む

梅雨が明けてどんどん乾燥してきているのが解る

船体のフェアーリングは一時お預けにして
暴れるだけ暴れさせてから本格的な最終フェアーリングをした方が良いだろう

それまでは別の仕事をするかヨットで遊ぶしかない

松山ピンポイント天気予報では一週間ずっと晴れマークだった
それだけ乾かせば外板の暴れも少なくなると思う

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加