ヨット屋のブログです

ヨットを造ったりヨットに乗ったりします
http://ikegawa-yacht.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真澄人君と二人で二神島へ

2012-04-30 05:36:26 | 日記

 

行きはウインドベーンのテストをしたが風力が弱くて上手く行かなかった
もう少し風が吹いている時でないとウインドベーンは働かない

あきらめてオートパイロットで機走

二神島の古い方の桟橋海から見て右側に入港した

刺し網漁船が帰って来たが捕れないそうだ
今年は朝井さんも釣れないと言うし何だか海の様子が変わってきているのかなあ

折りたたみ自転車(アルミ11キロ・6段ギア)を組み立てて島を一周しようとしたが

3/4くらい走った所で道路は終わっていた
二神島の外周を回る道路は全線は通じていなかった
引き返して途中で山越えして港のある方へ帰って来た
20分ほど思い切り自転車を漕いだので足が痛くなった

今日は雨だが仕事をする予定

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダーシャフトを差してみる

2012-04-29 05:26:12 | 日記

 

舵板の前につくスケグとシャフトの関係を見るためにシャフトを差してみる

スケグは上の方に少しついているだけでシャフト下部から下は舵板が前に伸びて
バランストラダーになっている

レーサーなので直進性よりも回転性を重視したのだろう

バランストラダーは舵軸を中心に舵を切る度にねじれが加わる
そのねじれの力をこの舵軸に取り付けたステンレスの挟み込みだけで押さえるのは無理がある

なるべく軽いラダーを作る為に発泡体を芯材としたFRPラダーを作るつもりだったが
これはちょっと難しい
シャフトが曲がっても舵板が取れなかった強度のある物にするためには
やはり合板で舵板を作りそれをFRPで積層すると言うのが理想かな

もう少し考えてみることにする

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

面出し

2012-04-28 05:41:11 | 日記


 

キール直ぐ上の外板を張り始めた部分で腐っていたので取り替えた所
マホガニーの接着が終わり粗く凸部分を削り面出しをし
その上にマイクロバルーンエポキシパテで凹んでいる部分を埋めた

昨日は朝一番にパテの表面にチョークで碁盤の眼を引いた
その上をエアーツール最大の400ミリは有ろうかというストレートサンダーでサンディング

それでもまだ凹んでいる部分に再びマイクロバルーンエポキシパテを入れ
その上からダイニール加工をする

ダイニール加工というのは
ダイニールクロスというガーゼのような布をエポキシで木に積層する事で
木造船では木に舟食い虫が入っていくのを物理的に防ぐ効果がある
それ以外にガラス積層のように衝撃で周りが壊れないでその部分だけが壊れると言われるが
僕はダイニールクロスよりずっと安いガラスクロスで充分だと思っている
但し施工者としてはガラスを使うと痒くなるので高価でもダイニールの方が助かる

それと昨日はスケグ部分ケヤキの塊を大型ベルトサンダーを持参して削った
ベルトサンダーは思ったより危険な工具で
怪我をすると刃物で切ったよりもずっと直りにくい
だから慎重に慎重に硬いケヤキを削り取った

今日は土曜日だが先日雨の日に一日遊んだので仕事をする事にした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島の家

2012-04-27 06:27:32 | 日記

 

昨日は天気予報通り朝から雨なので連れ合いの実家へ行くことにした
もう人が住まなくなって13年目
きれいなミカン畑だった周りの山はみんな藪になってしまった

家もそろそろ雨漏りも始まった箇所があるようだ

家から直ぐ道を挟んだところにある墓掃除をして

タケノコを沢山掘り草花を摘んで
島の家を後にした

緑の力は凄い人間がどんなに手を入れた場所でも
人が居なくなったらあっという間に元の緑に戻してしまう

都会のコンクリートジャングルも例外ではないような気がする

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダーとスケグ

2012-04-26 06:02:44 | 日記

 

船体全体の穴埋めは終わった
強度的には元通りになったと思うが
船側クリヤーニスを塗る部分の表面入れ替えが残っている

昨日はキール上左右の穴を埋めたマホガニーの凹凸を
ダブルアクションの強力なエアーサンダー40#を使ってサンディング

雨が降る前までに
マイクロバルーンエポキシパテで凹んだ部分を埋めた

その後頭を切り換えて
スケグのシャフトが通る部分を大まかに凹ませ
ラダー金具が通る様にしておいてラダーシャフトを通してみる
これがなかなかの難題でパイプの中の掃除を時間をかけてやった後
中ハンマーで叩いてやっと通すことができた

その後硬いケヤキのスケグを削っていて時間切れ雨も降り出した

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キール上の穴を埋め終える

2012-04-25 06:38:35 | 日記

 

右舷の埋め終わった穴部分エアーサンダーでサンディングしてほぼ平滑面を出す
凹んでいる所にはマイクロバルーンエポキシパテを入れる

写真の左舷は最後の部分スカーフ繋ぎの斜め削り
接着する外板材のマホガニーも両端を斜め削り
この写真の後エポキシ接着

船内に入って今まで接着した外板部分を確認して廻る
右舷シアーラインから上の船体に開いた一番大きな穴の部分
接着用エポキシが不足して隙間がある部分があったがエポキシを注入して埋める

スケグを削ろうとしたが芯だしの要領で真っ直ぐにラダー軸が下りる半円を削る必要があり
後回しにする

昨日は久しぶりに従兄弟が帰ってきたので叔母が入居している施設へ会いに行く
95歳の叔母はいたって機嫌が良かった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左舷キール部分外板入れ替え

2012-04-24 04:51:00 | 日記

 

写真は最後に残った左舷の外板穴
右舷の同じ部分は埋め終わった

元通りの強度を出すためにスカーフ繋ぎで細かく埋め直した
エンジンから漏れたオイルや燃料が染みこんだ外板なので
完全にエポキシ接着だけで保たせる自信が無い
そのためタッピングネジや木ネジもそのまま残す

この上に面出しをしてダイニールクロスを低粘度エポキシで一層ライニングする
強度には関係のない物理的にフナムシが木に入ってこない為の対策です

さていよいよ船内工事やラダー・スケグを作る事を考える

それと外板の傷ついた部分をきれいに埋め木すると言う細かい仕事がある
ウーンもう少しだ
毎日少しずつ進めていくしかない

写真はアンカレッジマリーナの籐さんが写してくれたもの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作業テーブル

2012-04-23 06:02:55 | 日記

 

昨日は雨の日曜日
「花丸」に乗るのもやめにして父に会いに実家へ行く

川内町と言うところにある桜の湯という温泉へ父と二人で行く

10:00くらいには家に帰りビールを飲み始める
酒に切り替えたところで朝井さんが久しぶりに家に見えた

ヨットの話しや震災の話しをしたが
今時のこと酒は勧めなかった




写真は一昨日のパイプハウスの中
作業テーブルは接着用エポキシとマイクロバルーンエポキシパテ作りで
散らかり放題になっている
今朝は片付けから仕事にかかろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エポキシ接着

2012-04-22 05:26:23 | 日記

 

左右のキール上に開いた穴をスカーフ繋ぎで埋める

昨日は昼から雨の天気予報が夕方からと変更になる
それではここで接着をやれば仕上がりが一日早くなると大急ぎで接着を始めた

外板のエポキシ接着が終わり隙間をマイクロバルーンエポキシパテで埋めた

いよいよ強度を出すための接着は写真の穴4箇所を埋めることだけになる
もう一度スカーフ削りをして穴を埋める事にする

今日は日曜日だが雨で海は荒れるというので毎週の花丸乗艇は取りやめ
実家に帰り父と温泉に行く事にする


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右舷キール上の外板サンディング

2012-04-21 05:07:32 | 日記

 

左右のキール上外板をダブるアクションエアーツールでサンディング
ノリ付きのサンディングペーパーは目が粗いと負荷がかかり過ぎてペーパーが飛ぶ
それでマジックタックペーパーを新しく買った
割高だが最後まで磨くことが出来る

仕上がった直ぐ上の腐り穴を埋める為に
スカーフの斜め削りをノミとベルトサンダーを使ってやる

接着をしようと思ったが雨が降り湿度が上がったので出来ない

今日も明日も雨だそうで接着は後回し
出来る事から先にやって接着の下準備を整えておこう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加