ガジェット一喜一憂

ガジェット/十穴人/枕びん
のハーモニカ奏者「花村ようかん」の

こぼればなし

謎のガジェット

2017-05-23 | 教室
自宅前の横断歩道に、
埋没だか露出だかしているガジェットです

この辺りは町工場が多いから、
こういうのは珍しくはないですが、
通る度に右足で踏んでます

何の部品かな?

この記事をはてなブックマークに追加

山嵐に注意

2017-05-18 | 教室
「ハナムラ、俺な、40ウン年生きてきてひとつ確信したことがあるねん」

と、私に言うのは
高校生のころ、よく遊んでた悪友です

彼は昔から頭が良かったので、やはりというか、今やすっかり偉いさんです
私は悪いさんです

この偉いさんと悪いさんが
久しぶりに居酒屋で再会したのです

で、
その確信したことが何かと聞くと
「山嵐がどういう技か解った」
とのことです

山嵐というのは、柔道の幻の投げ技


その後、色々説明を聞いたが、全く分からない
ただ、彼の説明の中身が、ほぼ格闘漫画を元にしていたのが気になります


居酒屋を出て歩道にでると、また
「分からんのやったら一回かけたるわ、大丈夫やから」と言う

…肱を逆関節で極めて頭から落とす、
みたいなこと言ってなかったっけ?
それ、痛いんやないかな?

結局
「もしそれやったらハナムラーナ柔術で対抗するぞ」と言って、やりすごしました

翌朝、飲み過ぎたことは反省したけど、面白い夜だったな



これから先も
いろんな人と関わっていくだろうけど
、会うことが目的になるような友人は、どれだけいるだろう

もし立場の違う出会いだったとしても

対等な部分を中心に付き合い続けることができれば、先に繋がると思います

偉いさんの友人よ
このブログを見つけて連絡してくれてありがとう
でも山嵐はかけるな

この記事をはてなブックマークに追加

最後の投稿

2017-05-12 | 教室
スマホとは
スマートホンの略

ガラケは
ガラパゴス携帯電話の略


ゾウガメさんのいる
ガラパゴス諸島は
私のような動物好きにとって憧れの場所だが
ガラパゴス携帯なんて
ヘンテコな名前だ

この名前考えた人、誰や
今すぐゾウガメ様に謝りなさい
次いでに私も連れてゆきなさい


因みに
この『一喜一憂ブログ』もガラケで書いています
ボタンをプチプチ押して、メールでアップしてます




そんな私のガラケですが
最近病気にかかったように
画面がおかしくなってきました
真っ暗になったり真っ白になったりシマシマになったりメニューの切り替えがいびつになったり
万華鏡のようです
おそらくもうすぐ壊れるな


「携帯電話から足を洗う機会か?」とも思ったが、
現実的に考えるとまだちょっときびしい



さて、
電気屋さんの電話コーナーには
『ガラケーの生産は終了しました』と書いている貼り紙があります
ガラパゴスやのに終了

ところが、
商品棚には新しいふたつ折りの電話が、
まだ二機種ほど展示しているではないか
店員さんによると、
これらはガラケではなく、
ガラホというそうです

ガラホとは
ガラパゴススマートホンの略かな
新種やな

使用料金もスマホに近くなるらしい
それが狙いやな


おそらく次回から
ガラパゴススマートホンで投稿します
ログインできるかな?






写真は
まもなく終焉を迎えるであろう我がガラケの待ち受け画像

この記事をはてなブックマークに追加

世界のIYAYA

2017-04-28 | 一喜一憂
梅田行きのJR環状線
混み合った車内
吊り革を持つ私の向かいの座席に座っていた、ふたりの青年の会話。


「…戦争おこりそうやな」

「いややな」

「戦争するにしても、日本を巻き込まんといて欲しいな」

「ほんまやな」

「もし徴兵されたら、俺、最初に死ぬな」

「ほんま、いややな」

「おきるんやったらせめて大学ない時にして欲しいな」…



…私も含め、周りの乗客たちは、ふたりの学生の会話をじっと聞いていたぞ

横の管理職っぽい御前なんぞは、スマホの手を止めていたぞ


で、
梅田で下車したあと、歩きながらさっきのふたりの会話を改めてよく考えてみると…

この場合の「いややな」は
誰であれ、はっきり共感できる一言だと気付いた


はなしの切り口や、言い方は人それぞれです
語弊や失言をいちいち指摘しすぎて、社会の動きをいつの間にか止めてしまうのは、勿体ないこともあります



ふたりの大学生さん
私だって、いやや

スマホの御前も他の乗客も
世界中のひとみんな
いやや
きっと、Fさんも

ぜひ、大学はサボらず頑張って、いつかガジェットのライブに来いよ





さて、その一方では

例の名言集の新シリーズを準備中ですが、
難しいなぁ
こっちは
闘いと、スリルしかないなあ
いけるかなあ

この記事をはてなブックマークに追加

知らないか忘れたかが分からない

2017-04-21 | 一喜一憂
近所でたまにすれ違う、黒澤明にそっくりなおじさんがいましたが、
最近見かけなくなりました

どうされたのかな、監督


しかし、その一方
近くの工場にお勤めのおじさんが、ガープの世界のときのロビンウィリアムスにそっくりなことが発覚したので、
まだまだ油断できなくなりました



ところで
一応、楽器をやっている私ですが、
新しい知合いができたときに、音楽の話題をされると焦ってしまうときが多くて、困ります

例えば
「ギターの○○って知ってる?」
とか
「○○のバンドでベースを弾いてた△△が別の××ってバンドの…」
とか言われても、大抵ほぽわかんないのです
そして、
何度も「知りません」と繰返しているうちに、自分の無知が恥ずかしく、情けない持ちになっていくのです


先日は、こんなことがありました
ひとまわりくらい年下の青年が
「ベックが好き」と言ったので、
てっきりジェフ・ベックのことだと思って必死に話を合わせてみたが、
途中で何かおかしい気がして、
よく聞いてみると、
ジェフではない、私の知らない別のベックのことで、焦りました
因みに、その若いナントカ・ベックはハープも上手らしい



…歴史は繰り返す、
というけど、
デジタルの発達もあり、記録は増える一方です

以前は何かを初めたり、興味をもったときは、
マニア、と呼ばれる変わり者の賢者から、直接教えを乞うのが常套手段だったが、
最近は変わってきました


もしかしたら、
最初に書いた黒澤監督や、
ロビンウィリアムスも、もはや一般的ではなくなっているかもしれません

まあ、
私は物覚えが特別悪いので、
それならそれでいいかな、とも思います




終わりにもうひとつ、
私が勤めている京都の文化センターの、英会話講座の先生の名は…

「ハワード・ジョーンズ」さんです

この記事をはてなブックマークに追加