無料で学べる講座『gacco(ガッコ)』放送部

社長の伊能美和子が、自らの想いを綴ります
お気軽におつきあいください~~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宇宙への夢

2017-05-12 | 放送部

gacco社長 兼 放送部長の伊能です。

5月10日より募集開始した講座、

『宇宙開発を通してみる私たちの社会』

ですが、7月4日の開講を私も楽しみにしています。


実は、学生の頃、私がなりかたった職業は、

1.建築家

2.獣医

3.宇宙関連

(宇宙飛行士はさすがに無理かな、と思って、漠然と「関連ビジネス」を考えていました…。)

どれもいわゆる「理系」です。

 が、残念ながらいずれもかないませんでした(涙)

というのも、高校の数ⅡBで虚数、複素数が出てきたときに、まったくリアリティを感じられず、数学の先生に、

「これって、実生活で役立つ場面があるのですか?」

とお聞きしたところ、

「とにかく覚えればいい!」

と言われたことにどうにも納得ができず、あえなく脱落し、文系に進むことにしたからです。


その後随分経って、社会人になってから、小説『フェルマーの最終定理』を読んで衝撃を受けました。

虚数、複素数は、衛星の軌道の計算をする時に使う、ということをその時初めて知ったのです!!!

名刺管理サービスのコマーシャルではありませんが、

「早く言ってよ~」

という感じでした(汗)

そして、先生に言われたことであっさり「無理」と決めつけあきらめるのではなく、もう少し自分なりに調べておけばよかったと激しく後悔しました…。

 

 けれども、最近では、宇宙開発は国家レベルの事業だけでなく、ベンチャーを含む一般企業や学生もがどんどん参入できるビジネスへとステージが変わってきています。

 とすると、私もかつて夢見た宇宙関連ビジネスに関わることが今なら可能かもしれません。

今回の講座を学んで、「夢をもう一度!」になるのかどうか、ワクワクしています。

皆さんも、「宇宙」に思いを馳せてみるだけでなく、仕事としての「宇宙」を考えてみませんか?

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかげさまで・・・ | トップ | 羅針盤と遠めがね »
最近の画像もっと見る

放送部」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。