がっちゃんの映画みちゃった♪

感想をつぶやきます
映画鑑賞に没頭する前に溜めてた感想を書かなくちゃ。
更新遅いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

My Son ~あふれる想い~

2009-09-08 10:16:28 | 韓国
NHK アジア・フィルム・フェスティバルで上映された作品で、NHK hiで放送
されたので観る事が出来ました。

“トンマッコルへようこそ”に出演してたリュ・ドックァンなど、出演者が見た
事のある人ばかりなのに、日本では劇場未公開の作品だったようで、興味津々
だったのです。

無期懲役になった父親が1日だけ外出を許されたので、母親と息子に会いに行った
のですが、母親は認知症になっていて、18歳になった息子が面倒を見ていた。
それだけでも泣ける話題なのです。

更に話が続いて、15年離れていただけに息子と中々コミュニケーションが取れず、
泣いてしまう所とか切なくなって。

夜中、2人で家を抜け出して走っている所とか、雨に降られたので電話ボックスに
入って雨宿りをしたり、彼女を紹介し、銭湯に行ったりとしているうちに
段々ぎこちなさが消えていく2人。

1日だけの外出だったので、翌朝には刑務所に戻る父親を見送る息子。
でもそこでどんでん返しのストーリーが待っていて。

離れていても、顔が分からなくても、親子の繋がりって分かるものなんだなと
思いました。
予想以上にいい作品でした。

韓国映画の中の特徴がある、フト見せる息がつけるシーンがこの作品にもあって、
そういう所がいいな~と。特にシリアスな内容だと落ち着きます。

内容
強盗殺人の罪で終身刑となり服役中の男が、模範囚としてたった1日だけ外出を許される。もちろん監視官が同行するが、幼い頃に別れた息子と老母に15年ぶりに会えるのだ。久しぶりの外の空気、街の風景。家に戻ってみると、母は老いて自分の事も良く分からない様子で息子が甲斐甲斐しく面倒を見ている。気まずい中、家族での食事が始まる。しかし息子の顔も誕生日も覚えていない自分にことさら悔いがつのる。親子は限られた時間の中、失われた時間を取り戻すべく互いの距離を縮めようとする。息子の成長をしみじみと喜ぶ男。やがて別れの朝がやって来るのだが・・・。息子役のリュ・ドックァンは韓国注目の実力派新人俳優。父親役のチャ・スンウォンとの息の合った演技を見せている。
(2007年作品 NHK hi)

出演者
チャ・スンウォン リュ・ドックァン キム・ジヨン イ・サンフン
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンパー

2009-08-19 11:40:29 | 洋画(さ)
あちこち飛び回れるのはうらやましいと思ったけど、それ以外に思ったのは

つまらない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

と、言う事。すっごい宣伝をしてたから、映画館に行こうかなと思ったのですが、
行かずにTVで観て正解。

もっと言えば、時間を返して欲しいと思うぐらいですけど、使っちゃった時間は
戻せないので仕方ない。
それにしてもよくこんな作品を作ったもんだわ。

内容
 テレポート能力を持つ主人公に迫る宿命的な危機を最新のVFXを駆使しサスペンスフルに描いたSFアクション・アドベンチャー。スティーヴン・グールドの傑作SF小説『ジャンパー 跳ぶ少年』を映画化。主演は新スター・ウォーズ・シリーズのヘイデン・クリステンセン。監督は「Mr.&Mrs. スミス」のダグ・リーマン。

 ミシガン州に住むデヴィッドは同級生のミリーに想いを寄せるごく普通の高校生。そんな彼は冬のある日、川に転落してしまう。だが、溺れそうになったデヴィッドは次の瞬間、図書館へ移動していた。自分にテレポート能力があると知った彼は、母が家を出て以来、人が変わってしまった父のもとを離れニューヨークへ。そして、その力を使って銀行の金庫から大金をせしめ、自由を満喫するのだった。しかし一方で、デヴィッドと同じ能力を持つ“ジャンパー”たちの抹殺を使命とする組織“パラディン”のリーダー、ローランドにその存在を気付かれ、つけ狙われ始める。10年後、瞬間移動で世界中を旅していたデヴィッドは偶然ミリーと再会、またやがてジャンパーのひとり、グリフィンに出会うのだが…。
(2008年作品 スターチャンネルHV)

出演者

ヘイデン・クリステンセン ジェイミー・ベル レイチェル・ビルソン サミュエル・L・ジャクソン ダイアン・レイン マイケル・ルーカー アンナソフィア・ロブ マックス・シエリオット トム・ハルス ジェシー・ジェームズ クリステン・スチュワート テディ・ダン
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ほえる犬は噛まない

2009-08-16 18:46:46 | 韓国
ポン・ジュノ監督の作品は面白い!
日本人にない感覚とブラックなストーリーをブラックだけで表現せずに、シニカル
な部分と笑いの部分を織り成している所があって、多様な部分があるから面白さが
増すんだと思うのです。

数作品観ましたが、“殺人の追憶”も楽しめたけれど、この作品もブラックな
部分が強いけれど、楽しめる部分が多かった。

ただ、犬好きな人には酷な内容である事は間違いないので。かなり心が痛みます。
噂で聞いていたけれど、実際に○○○いたのね。

ペ・ドゥナが元気で可愛くていい感じなんです。

内容
 とあるマンションを舞台に、連続小犬失踪事件をめぐって繰り広げられる騒動を描いた異色コメディ。事件を通して浮かび上がる普通の人々の奇妙な側面を、誇張や漫画的表現を織り交ぜテンポ良くユーモラスに綴る。監督は本作で劇場映画デビューとなる新鋭ポン・ジュノ。主演は韓国の人気TVタレント、ぺ・ドゥナと「アタック・ザ・ガス・ステーション!」のイ・ソンジェ。

 中流家庭の住む閑静なマンション。うだつの上がらない大学の非常勤講師ユンジュは、出産間近の妻ウンシルに養われながら教授を目指している。だが最近、飼うことを禁止されているはずの犬の鳴き声がマンション内に響き渡り、なかなか出世できない彼をイラつかせていた。そしてある時、彼はたまたま犬を見つけると地下室に閉じこめてしまう。一方、マンションの管理事務所で働くヒョンナムは、平凡で退屈な毎日を送っていた。そんな時、団地に住む少女の愛犬ピンドリがいなくなったと知り、正義感を燃やしてビラ貼りを手伝い始めるのだった…。
(2000年作品 CATV)

出演者
ペ・ドゥナ イ・ソンジェ コ・スヒ キム・ホジョン キム・ジング ピョン・ヒボン キム・レハ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

2009-08-16 18:30:11 | 映画(DVD)
ハムナプトラは1が1番面白くて、2はギリギリ観れた。
それなのに3をやるなんて…面白くなかったですよ。

レイチェル・ワイズのエヴリンが良かったのに、シリーズ物は出来れば同じ
メンバーを貫いて頂いた方がイメージもあるのでいいでしょう。

それにしてもつまらなかったなぁ。
いきなり場所を変えて中国って言うのもどうなんでしょう。
4を作るとしたら今度は南米とか行くんだろうか。

内容
 ブレンダン・フレイザー主演の人気シリーズ第3弾となるアクション・アドベンチャー。今回は中国を舞台に、ひょんなことから甦った皇帝のミイラと戦うハメになってしまった主人公一家の冒険をスペクタクルシーン満載で描く。共演は「HERO」「ドラゴン・キングダム」のジェット・リー。また、主人公リックの妻エヴリン役を前2作のレイチェル・ワイズに代わり「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のマリア・ベロが務める。監督は「トリプルX」のロブ・コーエン。

 古代中国。自然界を操る魔力を持った皇帝は、呪術師の娘ツイ・ユアンに不死の魔術を発見させるが、皇帝に愛する人を殺された彼女は皇帝と臣下全員を呪いにかけ、陶器にしてしまうのだった。それから約2000年後の1946年、ロンドンで幸せに暮らすリックとエヴリンのオコーネル夫妻は、持ち主を不死の泉へ導くとされるブルー・ダイヤ“シャングリラの眼”を上海の博物館へ戻しに行く、という任務を外務省から託される。すると現地には、ハーバード大学に留学しているはずの息子アレックスがいた。実は彼は、2000年前の皇帝陵を発掘する大偉業を成し遂げていたのだった。しかし、一家がその皇帝のミイラを見に博物館を訪れると、中国を世界最強の国にしようと手を組んだ館長とヤン将軍が“シャングリラの眼”を奪い取り、皇帝を生き返らせてしまう…。
(2008年作品 スターチャンネルHV)

出演者
ブレンダン・フレイザー ジェット・リー マリア・ベロ ジョン・ハナー ラッセル・ウォン リーアム・カニンガム ルーク・フォード イザベラ・リョン アンソニー・ウォン ミシェル・ヨー
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ラスベガスをぶっつぶせ

2009-08-16 18:14:05 | 洋画(ら)
ギャンブルは身を滅ぼすものだけど、友人を失い、信頼を失い、色々な物を失った
主人公が最後は復讐に走る…。

最初からやらなければ平凡な人生かもしれないけれど、そっちの方が堅実に生活
していけるのにと覚めた目で最後まで見入っちゃいましたわ。

ブラックジャックって奥深いものなんだね。
でもそこまで計算してやらないといけないんだったら、私は出来ないしやりたい
とも思えない。
頭をグルグル回転させて理屈聞いても理解出来なかったし。
私にはスロットで十分だと思います(笑)

ラスベガスはきらびやかで華やかな世界。
夢を売ってる場所だと思って行かないとね。

内容
 ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクション『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』を映画化したエンタテインメント青春ストーリー。理論的に編み出した必勝法でラスベガスのカジノから大金を巻き上げるエリート学生グループを主人公に、彼らとカジノ経営者とのスリリングな攻防と次第に葛藤渦巻く学生グループ内の人間模様を描き出す。主演は「アクロス・ザ・ユニバース」のジム・スタージェス、共演に「ブルークラッシュ」のケイト・ボスワースと本作の製作陣にも名を連ねるケヴィン・スペイシー。監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。

 理系大学の最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生ベン・キャンベル。医者を目指している彼にとって目下の悩みは、そのあまりにも巨額な学費。そんなある日、ベンの頭脳に目を付けたミッキー・ローザ教授が彼を自分の研究チームに勧誘する。その研究テーマは、“カード・カウンティング”という手法を用いてブラックジャックで必勝するためのテクニックとチームプレイを習得するというものだった。一度はためらうベンだったが、チーム内に憧れの美女ジルがいたことも手伝って、学費のためと割り切り参加する。やがてトレーニングを積んだチームは、満を持してラスベガスへと乗り込むと、みごと作戦通り大金を手にすることに成功するのだが…。
(2008年作品 スターチャンネルHV)

出演者
ジム・スタージェス ケイト・ボスワース ローレンス・フィッシュバーン ケヴィン・スペイシー アーロン・ヨー ライザ・ラピラ ジェイコブ・ピッツ ジョシュ・ギャッド ジャック・マクギー サム・ゴルザーリ ジャック・ギルピン ジェフリー・マー フランク・パットン クリストファー・ホリー ヘレン・ケアリー
Comment
この記事をはてなブックマークに追加