食いしん坊万歳 ~ほとんどB級~

「ー期ー食」を座右の銘として、ー食ー食を大切に生きています。まずい飯に出会った時には、そりゃあもうかなり落ち込みます。

豊栄 (茗荷谷) ~「孤独のグルメ」井之頭五郎さんが食したオリジナル上海×四川料埋 ~

2017-07-11 08:38:00 | 中華
東京三日目の夜です。
今回の東京出張旅行のメインイベントです。
あの「孤独のグルメ」で井之頭五郎さんが食したオリジナル上海×四川料埋の「豊栄」に、小さい相方と二人でやって来ました。

東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」で降ります。

「茗荷谷駅」から歩いて10分程のところにお店はあります。

お店の中です。

可動式2人掛けテーブル9卓です。

空いているように見えますが、予約客で埋まっています。予約無しでは入れません。

本日のお薦め黒板メニューです。
「よだれ鶏」(しびれる辛さ)「パクチーの熱々ねぎ油かけ」迷います。
小さい相方は「パクチー」が苦手です・・・残念です。

「ハモの青山椒蒸し」「皮付きヤングコーンのセイロ蒸し3本」「冷しタンタン麺」かなり迷います。

通常メニューです。

「アボカドのセイロ蒸し」は頼みます。
あと、麻婆豆腐は頼みます・・・が、「正統派」と「黄色激辛」か迷います。

「鶏・鴨・牛・羊」料理メニューです。
「水煮牛肉(牛しゃぶ肉の四川式激辛煮込み)」を頼んでているお客さんが見えました。ボリューム満点!旨そう~

「日高四元豚の回鍋肉」は頼みます。

「海老とマコモ茸の豊栄醤炒め」は頼みます。

魅力ある「チャーハン」「ワンタン麺」メニューです。

「デザート」メニューです。
「要予約メニュー」は、かなり魅力です。

「紹興酒」メニューです。

数多くの「ワイン」メニューです。

まずは「青島ビール」です。

「アボカドのセイロ蒸し」です。

「アボカドのセイロ蒸し」接写です。

「アボカドのセイロ蒸し」断面です。

「アボカドのセイロ蒸し」箸上げです。
う、う、旨~い!味が深い!!

「海老とマコモ茸の豊栄醤炒め」です。

「海老とマコモ茸の豊栄醤炒め」接写です。

「海老」箸上げです。
深いなぁ~!

「マコモ茸」箸上げです。
「自家製豊栄醤」が効いてます。とにかく旨い!味が複雑っす!

「青島ビール」を二杯飲んでから、迷いましたが紹興酒「黄中皇10年」を頼んじゃいました。

小さい相方は「ハイボール」などを飲んでますので、ひとりで飲めるか心配でしたが、結果、軽く飲み干しました!

飲みやすい「紹興酒」です。

「日高四元豚の回鍋肉」です。

「日高四元豚の回鍋肉」接写です。
これは旨い!白いご飯が欲しい!

「正宗麻婆豆腐(正統派マーボー)」です。

「黄橙籠豆腐(黄色い激辛豆腐煮) 」と迷いましたが、お店の人と相談した結果、「正宗麻婆豆腐(正統派マーボー)」にしました。

「正宗麻婆豆腐(正統派マーボー)」スプーン上げです。
中国山椒が効いてます。これはこれで辛い!

ここで「白飯」登場です。

スプーン上げです。

「冷しタンタン麺」です。

「冷しタンタン麺」接写です。

下からよくまぜまぜします。

箸上げです。
醤ミンチ・白胡麻・葱・ナッツに加え、パクチーが効いてます。
パクチーが苦手な小さい相方も、美味しいと言って食べていました。

完食です。

ご馳走さまでした。
ひとつひとつの料理が、複雑な味を作り出していて、口の中に入れると、驚きの連続です。
期待を裏切らない期待以上のお店です。

「水煮牛肉(牛しゃぶ肉の四川式激辛煮込み)」
「よだれ鶏(しびれる辛さ)」
「黄橙籠豆腐(黄色い激辛豆腐煮)」
「煲仔飯(土鍋焼き御飯)」
まだまた食べたい料理がいっぱいです。
東京都文京区小石川5-38-14 KDビル 1F
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生蕎麦 いろり庵 きらく (高... | トップ | 香林坊 (中野ブロードウェイ)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中華」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL