食いしん坊万歳 ~ほとんどB級~

「ー期ー食」を座右の銘として、ー食ー食を大切に生きています。まずい飯に出会った時には、そりゃあもうかなり落ち込みます。

札幌 出張編(8) 海鮮処 魚屋の台所 別邸 (二条市場) ~ ヤナギノマイ&生ガキ&『ウニ』まみれ丼 ~

2017-06-22 15:52:00 | 旅先グルメ
金、土、日と北海道札幌に出張です。仕事です。
お仕事は、2日目土曜日のお昼で終了してます。
日曜日は札幌市内散策です。
お昼は「二条市場」にやって来ました。寿司か海鮮丼でも食べようと思い、お店を探します。12時近いので、行列をつくっているお店もちらほらと・・・
「あれっ!このお店、さっき、おもて通りで行列つくっていたお店と同じ名前だ!?席も空いてるぞ!」
「魚屋の台所 別邸」です。

お店がある二条市場からは「さっぽろテレビ塔」が拝めます。

二条市場は「札幌市民の台所」とも呼ばれ、新鮮な水産物、青果物などが並べられ、威勢の良い声が飛び交います。

行列をつくっていたおもて通り「魚屋の台所」です。食べ終わった後に見に行った時は、1人、2人の待ち行列でした。



二条市場で有名な「札幌ラーメン だるま軒」、 この日は、創業70年周年記念で、なんと「1杯 30円」です。大行列ができてました。

「魚屋の台所 別邸」は、そのすぐ横の「のれん横丁」の中にあります。

暗~い細~い路地を入って行きます。

「魚屋の台所 別邸」以外のお店は、閉まっているのかな~?

店前のメニューです。


お店の中です。
カウンター8席、6人掛け位のテーブル2卓です。

カウンター上の壁メニューです。

カウンター横の壁メニューです。

美味しそうな「日本酒」です。すぐ近くの「日本清酒株式会社」の「千歳鶴」です。さっき見学に行って来ました。

気の良い大将が、一升びんから、こぼれるほどに、注いでくれます。
「とくとくとく♪」

「つまみに『ヤナギノマイ』は、いかがですか?」
「ヤナギノマイ?」
「北海道の人なら、知っていますよ!美味しいですよ!」
「じゃあ、お願いします。」

大きなガラスの器の中で、「ヤナギノマイ」が冷たい出汁に浸っています。

「ヤナギノマイ」箸上げです。
最初は、大味でちょっと物足りないかなと思いましたが、食べ進めるうちに、美味しさが増していきます。

続いて「生ガキ」です。

厚岸町(あっけしちょう)の「生ガキ」だそうです。
「生ガキ」接写です。

「生ガキ」箸上げです。
旨いに決まってます。

「じゃあ、〆に『ウニイクラ丼』お願いします。」
「お客さん!今日は『ウニ丼』がお薦めですよ。ウニが解禁になったばっかりなので、今が一番美味しいですよ!」
「へ~!そうなんだ!、じゃあ『ウニ丼』お願いします。」
「ウニ丼」(4000円也)です。

たっぷりの「ウニ」です。
横からの勇姿です。

生まれて初めての「『ウニ』まみれ丼」です。
接写です。

つばが・・・でます。
これまた気の良い女性の店員の方が、食べ方を教えてくれます。
「まずは『ウニ』だけ食べてください!」

たまらん!
次は、スプーンの底に醤油をちょこっとつけて、スプーンの底についた醤油を「ウニ」にちょこっとくっつけて、スプーンで「ウニ」をすくい、かき混ぜます。

「超高級卵かけご飯」に変身です。

旨すぎます。
「ウニ丼」スプーン上げです。

たまらんらんです。
完食です。

ご馳走さまでした。
今回の札幌観光は、事前の予習無しで臨んでいます。たまたま見つけた「魚屋の台所 別邸」旨い丼と気の良い大将、いい~店でした。
お金のことを気にせず、独りでまったり美味しいお酒と旨い肴、そして〆に 「『ウニ』まみれ丼」 !
大人っていいなぁ~!
北海道札幌市中央区南3条東1-6 のれん横丁 1F
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌 出張編(7) 札幌市内散策... | トップ | 札幌 出張編(完結版) 白樺山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅先グルメ」カテゴリの最新記事