食いしん坊万歳 ~ほとんどB級~

「ー期ー食」を座右の銘として、ー食ー食を大切に生きています。まずい飯に出会った時には、そりゃあもうかなり落ち込みます。

名古屋城 ~ とっても近くにあるのに行かない観光地です。 ~

2018-01-02 13:02:00 | グルメではないけど…
年末休暇中です。
とっても近くにあるのに行かない観光地「名古屋城」にやって来ました。

何十年振りだろう!
もうすぐ、お城は木造復元工事が始まります。
名古屋人なら、工事の前に、今の天守閣に登っとかなあかんでしょう!

名古屋城の東門入場口の横には、大相撲夏場所が行われる「愛知県体育館」があります。
この「愛知県体育館」も、近いうちに改修か移転される方針が出されています。

入場券売場で入場券500円を購入し入場します。

大きな庭園を右に見て進みます。

お城を造るのに、貢献した「加藤 清正公」の像です。

復元工事中の「本丸御殿」です。

復元が完了した御殿は、中に入って見学できます。

立派なお部屋が復元されてます。

見事な襖絵です。

この書院を実際に使う時はあるのかな~?

廊下も綺麗に復元されてます。

「下御膳所」です。その時代の台所のようです。

天守閣の入口です。
この風景、見覚えあります。

2018年5月7日から、木造復元工事が始まり、天守閣の中に入ることができなくなります。

現在の天守閣は、耐震性能が不足しているそうです。

天守閣の案内です。

「金鯱」です。

これは何だ!?
「北斗の拳」の作画者原哲夫氏の「絵」です。

「天守閣」中央の階段です。
一番下から、上に向けて撮ってみました。

この階段に一番感動します。
登る階段と降りる階段が同じ空間に別々にあります。
頭の中が文系なので、何かとっても不思議な感じがします。

3階には、城下の暮らしが再現されてます。

5階には、金鯱にまたがって、記念撮影ができます。

天守最上階の7階からは、名古屋駅のビル群を眺めることができます。

北には、岐阜・長野の山々が望めます。

久しぶりの名古屋城、見どころ満載ですね。
天守閣木造復元工事前に、もう一回くらい、ゆっくりと見学に来たいですね。

「近くにあるのに行かない観光地」
他にも探って見ようかな~
「名古屋城」webページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食いしん坊おやじのひとり旅 〈日光東照宮〉~ 雨・雨・雨、人・人・人、傘・傘・傘 ~

2017-10-22 13:10:00 | グルメではないけど…
金曜日の東京出張のついでに、ちょいと足を延ばし、宇都宮で一泊し、次の日「日光東照宮」に行って来ました。

宇都宮からは、「JR日光線」で45分ほどで「日光駅」に到着です。

趣のある駅舎です。

駅舎2階には旧一等車利用者用待合室があり、自由に見学できます。

「東武日光駅」の駅前には、お土産屋さん、お食事処が立ち並びますが、「JR日光駅」の駅前は、静かな風情です。

駅前のバス停から「東武バス」に乗り「総合会館前」で降ります。
大きな参道です。
それほど混んでいないような・・・

東京スカイツリーと同じ高さなんですって!

この辺りに来て、人が増えて来たぞ!
この右手に、大きな参拝者用駐車場があります。

天気が悪いのに、凄い人です。
右側の行列は、拝観券を買い求める長~い行列です。
正面の行列は、拝観券を買った人たち、既に拝観券を持っている団体さんが、境内に入る行列です。

拝観料は「東照宮」と「宝物館」のセットで、2100円です。結構しますね。

並んでいる途中の左手に「五重塔」を拝みます。

やっとのことで境内に入ります。
「表門」をくぐると、すぐ左手の「神厩舎」があり、

有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の猿の彫刻が飾られてます。

「見ざる、言わざる、聞かざる」の説明です。

「陽明門」に、並ぶ行列です。

こちらは、帰りに上から見た行列です。
神様に会いに行くのもたいへんですな!

「陽明門」です。

「左大臣」です。帰りに撮りました。

「廻廊」です。こちらも帰りに撮りました。

これまた有名な「眠猫」です。

並んで見ます。

『写真を撮るために、立ち止まらないでください~!』

人が途切れた瞬間に「眠猫」をパチリ!

だれが置いたのか、置き石が亀になってました。

せっかくなので「日光東照宮宝物館」も参観しました。

こちらは、人も少なくゆったりと参観できました。

帰りは「神橋」まで、のんびり歩いて下りました。


撮影禁止なので、伝わらないのですが、
「御本社」では、可愛い巫女さんから説明が受けられます。
「本地堂」の「鳴龍」は、一見の価値ありです。天井に描かれた「龍の顔」の下で、お坊さんが、拍子木を叩くと「龍」が泣くんです。「龍の顔」以外のとこで叩いても泣きません。不思議で~す?

さらに感動したのが、説明してくださったお坊さん!
日本語に加えて、英語、スペイン語、中国語で説明をしてました。それもかなり流暢です。

それにしても、雨はパフォーマンスが落ちるな~
今度は、天気の良い日に来て見ようっと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌 出張編(7) 札幌市内散策 ~ 本日はポロクルでサイクリング♪サイクリング♪ヤッホー!ヤッホー! ~

2017-06-20 22:46:00 | グルメではないけど…
金、土、日と北海道札幌に出張です。仕事です。
お仕事は、2日目土曜日のお昼で終了してます。
日曜日は「ポロクル」で、札幌市内をサイクリング♪サイクリング♪ヤッホー!ヤッホー!

「ポロクル」って?

レンタサイクルの進化版です。
ホテルや観光スポットで申し込むと「ポロクルカード」が渡されます。

市内各所(40ケ所以上)に設置されたポートで「ポロクルカード」をかざすと自転車が借りれます。どこで借りても返しても大丈夫。料金は、一日乗って1080円。

詳しくは「ポロクル」webページで!

去年、金沢に行った時に利用した「まちのり」と、よく似ています。金沢の方が、さらに進化してるかな?
「ぶらっと金沢ひとり「まちのり」 ~ 兼六荘から妙立寺(人、呼んで忍者寺)までサイクリング♪ ~ 」

宿泊先の「札幌ガーデンパレス」で登録を済ませ、すぐ近くのポートに向かいます。

自転車を選び・・・

出発です!!

まずは、すぐ近くの伝統的な老舗ホテル「サッポログランドホテル」です。

続いて「北海道庁旧本庁舎」です。

「赤れんが庁舎」の名前で道民に愛されているそうです。

「庁舎」に向かう「れんが道」には、北海道の市町村名が書かれた「れんが」が敷き詰められています。


「北海道庁旧本庁舎」を出ると、前には「赤れんがテラス」が広がります。

今日は「アウトドア フェスティバル」が開催されてました。

まっすぐまっすぐ東へ向かい「サッポロファクトリー」です。

蔦(?)がからまる「レンガ館」です。

ここに「ビール博物館」があると思っていました。
残念ながら、ここは「ショッピングセンター」と「レストラン」のメガタウンでした。

俺らの目的は「ビール博物館」です。
「ビール博物館」は、ここから北へ500mくらい行ったところです。

南の入ロから入ると「日本ハムファイターズ」の室内練習場がありました。

その脇道を抜けると「サッポロビール園」です。

「んっ?」人がいない!

今は10:30です。
なんか嫌な予感が・・・

開館時間を確認すると
な、な、なんと「11:30」です。
が~~~ん!俺らと同じような人が10人くらいいました。

さすがに1時間は待てません。
踵を返して、南に戻ります。

「千歳鶴 酒ミュージアム」に来ました。

入ってすぐに、とっても綺麗な水があります。
もちろん飲めます。

「ミュージアム」というより、お酒のお店です。
お店の中です。

お店の中で気になる「お酒」は、

こちらで試飲できます。

いろいろ試飲させていただきました。

「木香酒」「秘蔵古酒」などを宅配で購入しました。

続いて「北海道神宮 頓宮」をお参りです。


そして「二条市場」でランチタイムです。


「魚屋の台所」で昼食をいただきました。

「冷酒」です。

「ヤナギノマイ」の煮付け(冷)です。

「生ガキ」です。

「うに丼」です。

詳細は、次のブログで紹介します。

「狸小路商店街」を自転車を押して歩いているうちに、「もも」がつりました。

しばし休憩です。
その後「大通公園」を通り、


「テレビ塔」を眺め、

「時計台」を見て、


終了です。
この日曜日は、とても暑く、紫外線も強く、頭も腕も「真っ赤っか!」
後半は「もも」がつって、予定よりちょっと早めに自転車を返し「札幌ガーデンパレス」のロビーでお昼寝後、札幌駅から新千歳空港へ向かいます。


空港のロビーで持ち物を確認していると、ポケットの中に「ポロクルカード」があることに気付きました。

裏面を見ると

「このカードは、自転車の最終返却が完了したら、必ずポートの「カード回収BOX」に投函返却してください。」
さらに
「カード紛失・破損の場合、所定の料金を頂戴します。ご注意ください。」
と記載されてます。

後日、郵送して返却しました。

リーフレットを見ても、注意書きは見当たりません。「ポロクル」借りる時は、気をつけましょう

あ~~~「もも」、いってぇ~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌 出張編(5) 札幌市内散策 ~ 北海道大学のスケール、はんばねぇ~

2017-06-19 00:44:00 | グルメではないけど…
金、土、日と北海道札幌に出張です。仕事です。
お仕事は、2日目土曜日のお昼で終了です。
宿泊先の「札幌ガーデンパレス」から「北海道大学」を目指して散策です。

前の道を渡ったところには「北海道警察本部」です。

「北海道警察本部」を西にひとつ目の交差点を北に行くと「北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 植物園」です。


入園料大人420円です。

明治44年竣工の「門衛所」です。


いい天気です。

人がいません。

博物館です。

中には、いろんな動物の剥製が飾ってあります。

学芸員らしき人は、いません。

『自由に見てください』って感じです。


静かな森が残されている静寂な植物園を早々に退散し「北海道大学」を目指します。
植物園から出ると道の向こうには「北海道庁旧本庁舎が見えます。

目指す「北海道大学」は、さらに北です。
途中に、こんな建物に出くわしました。

明治時代の頃の貴賓の接待所だったそうっす!?

開館していないような重厚な扉です。

でも、開館しています。
玄関で靴を脱いで上がります。
立派な和室です。

縁側です。

洋室です。

さあ!目指す「北海道大学」はさらに北です。
途中に、こんな行列に出会いました。
14時30分という中途半端な時間で、この行列!「ラーメン 二郎」恐るべし!

やっとのことで「北海道大学」にたどり着きました。

えっ!これは公園!?
いや!「北海道大学」です。

札幌市民の憩いの場になっているようです。
レジャーシートを広げて、あちこちでちびっ子連れの家族が、ピクニックしてます。

南北に走るキャンパスの中央の道は約1.2km、さらにキャンパス南北の端から端までは2kmくらい、キャンパスをぐるりと一周すると5kmくらいはあるでしょう!
で、で、でか~~~い!

「クラーク博士」の胸像です。
右手を高くかかげている「クラーク博士」は「さっぽろ羊ヶ丘展望台」にあります。

キャンパス真ん中あたりから東に延びる「イチョウ並木」です。

キャンパス内で学生が、BBQをしています。大学というより、まるでキャンプ場みたいです。

「北海道大学」の目的地「北海道大学総合博物館」です。

入ロです。

入館無料です。

「北海道大学」のジオラマです。
キャンパスは、本当にでっかいど~

学部・研究所毎に、展示スペースがあります。

スケールが、半端ない博物館です。しかも無料!
「北海道大学」恐るべし!
剥製はいたるところに出没してます。

こんな180度の映像のクイズコーナーもあります。

「歯学部」コーナーでは、疑似歯医者さんになれます。

「医学都」コーナーでは、オペを体験できます。

とにかくスケールがでかい!



3階の「〇〇の世界」コーナーは、何か無防備な展示で、インパクトが半端ないです。


この注意書き、かなり怖い!

写真禁止なんで見せれませんが、子供は見ない方が良いでしょう!相当グロテスクです。
「アザラシ」が、資料棚の間にいます。

「クマ」もです。これは、展示物なのか!?

そうかと思うと、恐竜の骨が、ドカーンと!


昔懐かしい「タイプライター」「ワープロ」「電子計算機」です。

建物自体も、展示物です。


トイレの入ロのサインまでが、展示物です。

一階には、カフェもあります。

美味しいそうなメニューです。



「ソフトクリーム」を、いただきました。
めっちゃ、美味しかったです。

「北海道大学」って、もしかして、札幌の観光地で一番の名所のような気がします。
札幌に来たら、絶対に行ったほうが良いでしょう!
何十年か前に見ていたら「北海道大学」受験してたな~
・・・でも、受からないけどね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌 出張編(1) 第2プレミアムラウンジ(中部国際空港) ~ 金山から中部国際空港 ~

2017-06-16 12:00:00 | グルメではないけど…
今日から、金、土、日と北海道札幌に行ってきます。仕事です。
ちょっと早めに空港に行き「プレミアムラウンジ」で、まったりします。

金山から「ミュースカイ」に乗ってきます。

「ミュースカイ」は、全席指定です。

30分ほどで「中部国際空港」に到着です。

久しぶりの「中部国際空港」です。
「青柳ういろう」の看板、でけぇ~

空港ターミナルです。

「プレミアムラウンジ」は、この奥にあります。

この奥です。

いつもは、手前の「プレミアムラウンジ」を利用しますが、今日は、奥の「第2プレミアムラウンジ」を利用しました。

受付の女性の方に「プレミアムラウンジ」と「第2プレミアムラウンジ」の違いを聞いたところ、「第2プレミアムラウンジ」の方がちょっと落ち着いた雰囲気とのことでした。

確かに「プレミアムラウンジ」と比べ、お客さんが少ないです。

ドリンクコーナーです。

「ビールサーバー」です。
う~ん!飲みたい!!

「トマトジュース」です。

「おつまみ」も、ちょこちょこっと!

さあ!まったりしたので、出発で~す!




1時間45分で「千歳空港」に到着です。



「千歳空港」からは、乗り継ぎもよく、11:45の快速エアポートで、札幌まで
向かいます。

続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加