ゆらり ブログ!

OCNブログ人より引っ越してまいりました

セCSファイナルS・第3戦、広島-DeNA 0-3 黒田は5回3失点で降板

2016-10-15 02:56:22 | スポーツ

黒田で決められなかった
やはり、巨人を下してきただけある
なんとなくですが序盤から負ける気がしていた
元気がいいのが田中だけで、井納投手の気迫に完全に吞まれた感があった
やはり黒田は肩の状態が万全ではなかったでは
3回までは、なんとか力投していたが、暗転したのは4回で
倉本に、中前打を許すと続くエリアンに甘くなったツーシームをライナーで
右翼スタンドにホームランされ続く5回にも、一死三塁で
梶谷に右前打を許して3点目を失った
これで勝負あり
巨人戦でデッドボールをくらい指を骨折している梶谷の打って守っての
大活躍をされ、チーム内の士気は上がっているはずである

対するカープの状態は、神っているはずの鈴木が大スランプ
全く打てる兆しが見えてこない
試合勘が戻っていないのか
今季のカープの顔ではあるが、温情采配は取り返しできない事態を招く

短期決戦ではこの一敗が与える影響は絶大であることは
間違いない もしかしたらターニングポイントなっているかも…

1986年日本シリーズ西武-広島戦で3連勝して4連敗して日本一を逃したことがあり
緒方監督も身に染みているはずと思うので、調子の上がらない選手は
とっとと下げて活躍した西川を抜擢してほしい
打順の見直しも必要だろう
井納に、4連勝宣言されこのまま明日も敗けることは許されない
逆に決めてやれ

以上



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
«  セCSファイナルS広島、ジ... | トップ | クライマックスシリーズ セ... »
最近の画像もっと見る