ゆらり ブログ!

OCNブログ人より引っ越してまいりました

ズムスタ広島対横浜 9-2 中村祐太2勝目

2017-05-18 23:28:18 | スポーツ
昨日の試合が、後味悪い逆転負けを食らっただけに
苦手横浜にしない為にも、絶対に落とせない試合
先発は、中村祐太前回の試合で初勝利のウイニングボールを無くしたと
記事になっていたが、今日の試合で、ウイニングボールを改めて手にして欲しい
今日は、横浜筒香が発熱?のため休場、でも、ベンチにはいる、ホテルで休むほどでは
ないらしい、打てな過ぎて知恵熱でもでたのかしら、でも甘いな余裕か
なんにしても広島にとっては汚名返上するには好材料であるのは間違いない

初回、先頭の桑原に四球を与えると、続く梶谷にはセンター前ヒットを打たれて
一二塁、この後宮崎の内野ゴロの間に一死二三塁となって、筒香の代わりにロペスが
四番で、ショートゴロで打ち取ったあたりだったが一塁送球の間に生還され0-1と
先制されてしまう、続く戸柱ツーボールワンストライクからスライダーをライトに
運ばれてしまい追加点を与えてしまい二塁ランナー梶谷が生還して0-2
戸柱は一塁でストップ、さらに六番のエリアンがバットを折りながらもセンター前に
運ぶも、二塁を蹴って三塁に向かう戸柱を、丸が捕球後レーザービームで、安部に好返球し
タッチアウト、初回を2点で切り抜ける、これは中村祐太を助けました

その裏、1勝をあげている平良が先発
ヒットと四球で、鈴木誠也、昨日逆転負けのきっかけとなる後逸の名誉挽回
右中間のタイムリー二塁打を放ち1点を返し1-2
さらに、昨日送球エラーのあった安部がフルカウントから低めのシュートをレフト前に運ぶ
三塁ランナー丸、二塁ランナー鈴木誠也が生還して3-2逆転する
ここまでは、いいんだけど、今の広島には10点くらいないと安心できない状態
なおも、一死一塁でエルドレッドがレフト前ヒットを放つ、チャンスを一二塁と広げる
松山三振で二死、會澤に打順がまわるワンボールから二球目カットボールを捉えて
センターオーバーで、二塁ランナー安部が生還
エルドレッドも巨体を揺らせながら本塁に必死のパッチ
スライディングするもクロスプレーでセーフの宣告、リプレー検証で覆りアウトになってしまう
4-2でチェンジとなるが、エルドレッドナイスファイト士気が高まる

さらに広島二回の裏、二死から菊地のショートゴロを倉本がクラブで弾き一塁出塁
続く三番丸がワンボールワンストライクからカットボールを完璧にジャストミート
ライトスタンドへ飛び込む第7号ツーランホームランで6-2
大量点をもらった中村祐太は二回以降完全に立ち直って二塁を踏ませない圧巻のピッチング

五回裏交代した尾仲、一死一塁で、エルドレッドがワンボールからストレートをレフトへ
第11号ツーランホームランでセリーグトップになる8-2
この後は二死一塁となって、バッターはピッチャーの中村祐太がライト前ヒットを放つ
この気迫がナインに伝わる
打順先頭にかえって田中広輔が甘く入ったスライダーをセンター前ヒットを放ち
二塁ランナーの會澤が生還9-1で試合を決定づける
中村祐太から引き継いだリリーフ陣も好投、まずは七回中田廉三者凡退、八回薮田も二三振を奪う完璧
九回はブレイシアがランナー二人をだすものの、最後は倉本をファーストゴロに打ち取ってゲームセット

これでこのカード勝ち越し、苦手横浜と言われないよう今回は面子を保った
昨日の最終回あれさえなければ三タテだったのに…今更ながら悔やまれる
阪神も巨人も敗けたので、首位とのゲーム差は1.5と再び縮んだ、巨人とは4ゲーム差
でも、中村祐太は、よくやってくれた、これで2勝目、ローテーションに入るのではないかと思う
他の投手の模範になったのではないか投げて打っての活躍
今の広島は、このくらいの点差がないと安心できないのは事実だが、休養十分の中田廉、薮田の快投も
確認できて安心した、ジャクソン、今村に休養を与えらえてイイリズムに変わりつつある気がする
それも、明日の試合次第だが、中日小笠原で、広島岡田なんで問題ないかなと思うが
気合いれて取りこぼし無きようがんばれ







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ズムスタ広島対横浜 4-5... | トップ | ナゴド中日対広島 5-3 »
最近の画像もっと見る