山と道・野の花のこと

分け入っても分け入っても青い山

ふるさとはあの山なみの雪かがやく
 
また見ることもない山が遠ざかる種田山頭火

新カメラTG-5のテストで弥彦山へ

2017-07-15 | 新潟の風景
登山道の状況と時間を記録をするため
使っていたリコーの花用カメラが
4年を経て、ピントが不安定のため
オリンパスのTG-5に替わりました。
防水カメラであること
顕微鏡モードで小さい花にもっと寄れること
深度合成で手前から奥まで合焦した写真が撮れる?
この3点が購入動機です。
まず
見附イングリッシュガーデンで
深度合成のチェックです。
手持ちで撮りました。
撮影時間が+9秒になっていましたから、
その間動けず、かなりきついです。
それでも、通常写真と比べて
奥の花にも合焦していましたから
挑戦してみる価値はありそうです。

風景写真でも撮影できましたが
違いが殆どわかりませんでした。
小さい花など
ハルジオン
クルマユリ
ダイコンソウ
オカトラノオ
シオデ
ヤマホタルブクロ
ケキツネノボタン
上手くとれなかった写真も掲載します。
小さな花を拡大するほど
手振れが気になりますが
何枚か撮っておけば
今まで見えなかった世界に
手が届きそうです。
望遠側は
リコーのテレマクロには及びません。
たまたま見かけた
ミヤマカラスアゲハですが
画像としては、拡大しても
色がわかる程度でした。
花の山に行く準備ができました。
end
『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山頂から見えた山々@瑞牆山☆... | トップ | 日帰りで最も遠く、最短の登... »

コメントを投稿

新潟の風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。