山と道・野の花のこと

分け入っても分け入っても青い山

ふるさとはあの山なみの雪かがやく
 
また見ることもない山が遠ざかる種田山頭火

?@日本百名山№39

2017-06-18 | 山の道
急に休みになるのも仕事の内で、
梅雨の間でしたが、天気もよさそうなので
ちょっと出かけました。
長岡から高速道路にのって
 
北陸自動車道
上信越自動車道
初めて通りました
中部横断自動車道(無料)
佐久南インターで下り
国道141号線を
JR小海線に沿って南下
川上村付近にて
初めて目的地が見えましたw。
川上村は人口約5000人、
高原野菜(レタス・キャベツ等)の名産地です。
ここまで土地を整備し、必要な農機具を揃えるまで
農家の努力が報われて
すばらしい風景になりました。
ただ、
本当かどうか、今がどうなのかわかりませんが
労働力が不足して、
外国人労働者との問題が発生したようです。
瑞牆山
神の宮居の玉垣の山(日本百名山より)
パソコンで変換しても通常では出てきません。
大やすり岩を従えた瑞牆山は
遠くからでも目立ちます。
深田久弥さんの日本百名山より
かつて千曲川の上流から信州峠を超えて甲州へ抜けた時、
その途中から見た奇岩乱立の瑞牆山の印象が深く残っていた。
おそらくその途中からの眺め、すなわち釜瀬川上流の黒森部落からの眺めが、
瑞牆山の最も立派で美しい姿であろう。
黒森からの風景は
送電線と鉄塔が趣きを損ねてしまいました。
もう少し、信州峠に近い所から
瑞牆山の山頂が近く
金峰山に続く稜線が奥行きを増しています。
つづく
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰路に、見晴山と沼尻にて@2... | トップ | 瑞牆山荘~春蝉~富士見平小... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

山の道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。