昔に戻った人

ようこそ私のブログへ
芸能、ニュース中心に書きます。

笠原和美はドラマもロクに分からない、何で史実通りやらなければならないドラマ何だよ強請に応じないかと言って

2016-09-15 18:01:13 | 芸能関係

まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEMLヘテムル

コストパフォーマンスNo.1のショッピングカートサービス「カラーミーショップカラーミーショップ

エコノミープラン 詳細はこちらロリポップ

   笠原和美はドラマもロクに分からない、何で史実通りやらなければならないドラマ何だよ強請に応じないかと言ってやり方汚いぞ

 マスコミ関係者は何様だと思っているんだ。本当にたちが悪い。

 20%以上の視聴率を誇っているものの、稚拙すぎる脚本と魅力に乏しいヒロイン像に悪評が噴出しているNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」。ドラマはクライマックスに差し掛かっているが、ここにきて提灯記事から一転、大手メディアも続々と批判的な記事を掲載するようになってきた。

「週刊朝日」9月23日号では、ドラマのモチーフとなった「暮しの手帖」の名編集長・花森安治氏の愛弟子、小榑雅章氏のドラマに対する批判的なインタビューが掲載された。実像とかけ離れた物語にとうとう堪忍袋の尾が切れた格好だ。

 記事によると小榑氏は、8月15日の放送から「このドラマはフィクションです。登場する団体や商品は実在のものではありません」というテロップを入れてもらうように要請したと語っている(実際に挿入)。またドラマの出版指導から自身の名前を外させたというのだから尋常ではない。

 ある月刊誌の編集長も怒りを露わにする。

「社名も人物名も家族構成も史実に沿ったものだし、史実どおりのエピソードについて描きながらもその本質はまったく違う。“モチーフ”を免罪符に何をしてもいいのかと怒りさえ覚えます。雑誌作りの工程も無茶苦茶で、視聴者に様々な誤解を与えたことでしょう。出版に関わる人間として許せない気持ちです」

 視聴率的には「とと姉ちゃん」は成功の部類に入るのだろう。しかし、歴史ある朝ドラの黒歴史となることは間違いない。“モチーフ”となった「暮しの手帖」は、ドラマのような内容のない雑誌ではなかったことだけは声を大にして強調したい。これを書いた人間のクズは笠原和美です

レゴランドレゴランドオンライン

レイコップ公式オンラインストアレイコップ

アフィリエイト・お店のブログにぴったり!高機能ブログ【JUGEM PLUSJUGEMU

https://zenlogic.jp/レンタルサーバー契約【Zenlogic】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の刑法は死んだ、推定無... | トップ | 四文字熟語講座 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。