昔に戻った人

ようこそ私のブログへ
芸能、ニュース中心に書きます。

怪獣・明石家さんまが放つ金言集…強烈なプロ意識と壮絶人生ゆえの人生訓・死生観

2016-10-12 17:46:25 | 芸能関係

https://zenlogic.jp/レンタルサーバーZenlogic

オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!カラーミーショップ

WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムルヘテムル

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>DELL

スタンダードプラン 詳細はこちらロリポップ

   怪獣・明石家さんまが放つ金言集…強烈なプロ意識と壮絶人生ゆえの人生訓・死生観

「(自分のキャラは)一生やねん。続けなあかんねん」

 これは、ハロプロのアイドル・ももちこと嗣永桃子に対して、明石家さんまが放った一言。最近、トレードマークだった「ももち結び」をやめて、ぶりっ子キャラもなりを潜め始めた彼女に対して、「お笑い芸人発想からいうと~」と前置きしてこうコメントしたのだ。

 さらに、さんまは続ける。

「ファンからの俺のキャラ設定があったりすんねん」
「ファンはこういう俺を期待しているだろうから、それに乗っかってやろうと。本当はこのコメントしたくないねんけど、ファンはこういってほしいだろうからというのが、ゴチャゴチャになってきてん。ほいで、今、築きあがってる。60歳の明石家さんまが」

 裏で行っている努力を見せたがらないさんまにしては珍しい発言。「ネアカ」だと思われがちなさんまだが、このコメントからもわかるとおり、どこかで自分自身を演じている節はあるのだろう。

 思えば30年前、こんな事件もあった。『さんまのまんま』(フジテレビ系)に『こんにちは赤ちゃん』などのヒット曲で知られる歌手・梓みちよがゲスト出演した時。「昔は好きだった」といったさんまに対し、怒った梓がグラスに入った飲みかけのシャンパンをかけた。それも2回。1度目は笑ってやり過ごしたものの、再度やられたときは、さすがにさんまの表情にも憎悪が滲み出る。

 しかし、そこから彼の本領が発揮される。煮えたぎる怒りを即座に冷却処理し、「あー冷たかったー!」とおどけてみせたのだ。張り詰めていたスタジオの空気が一瞬にして弛緩し、それまで怒っていた梓も思わず笑っていた。「ファンが期待している明石家さんま」を演じ続ける男だからこそできる、離れ業ではないだろうか。

 こうした強烈なプロ意識を持ちながら、芸能界を40年以上走り抜けてきたさんまは、一般の人々が仕事でも生かせるような名言・箴言を多数残している。本稿ではその一部を紹介していこう。

●「生きてるだけで丸儲け」

 BEGINがさんまのために書いた楽曲『笑顔のまんま』の歌詞にもある、あまりにも有名な一言。自分の娘・IMALUの名もここから来ているあたり、さんまにとっていかに大事な人生訓かというのが窺える。

 さんまの人生において、「生」の反対である「死」を強烈に意識した瞬間は、最低でも2度あった。1度目は仲の良い腹違いの弟が19歳で焼死した時。2度目は『ひょうきん族』(フジテレビ系)の収録が早めに終わって1便早い飛行機に乗ったおかげで、「日本航空123便墜落事故」を免れた時である。いつ自分が死ぬかわからない――。そんなリアルを体験した男だからこそ、「生きている」という現状に感謝し、限りある命を燃やすように笑いにすべてを賭けられるのだろう。


記事作成『Shinobiライティング』Shinobiライティング発注

等身大フィギュアに囲まれてセレブ体験! マダム・タッソー東京フィギア

買取専門CPS買取専門サイト

ダニ・ハウスダストにお悩みならレイコップ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真矢ミキ「川谷絵音はウツボ... | トップ | 東京都内で一時35万戸停電... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。