昔に戻った人

ようこそ私のブログへ
芸能、ニュース中心に書きます。

加戸前知事、後輩・前川氏ぶった斬り「精神構造疑う」「彼の心情は理解できない」 証言が二転三転

2017-07-27 09:57:35 | 芸能関係
世界で一つ!あなただけのオリジナル美脚プログラム。

   加戸前知事、後輩・前川氏ぶった斬り「精神構造疑う」「彼の心情は理解できない」 証言が二転三転

 前川喜平前文科事務次官の信憑(しんぴょう)性が揺らいでいる。学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関する、24日の衆院予算委員会の閉会中審査で、証言が二転三転したのだ。和泉洋人首相補佐官との面会日時も、過去の発言と食い違った。前川氏は一部メディアからヒーローのように扱われているが、その言動は信用できるのか。

 「私は9月9日、私の記憶では(午前)10時ごろだが、和泉首相補佐官に呼び出しを受けて(官邸に参った)」

 前川氏は24日午前の閉会中審査で、証言した。

 ところが3分後、前川氏は「先ほどの9月9日の話だが、私が和泉氏に呼ばれたのは、おおむね、午後の3時ごろだった」と修正した。

 前川氏は「総理のご意向」によって行政をゆがめた「キーパーソン」として和泉氏を名指し、批判してきた。前川氏によると、和泉氏は「総理は自分の口から言えないから私が代わって言う」と迫ったとされる。

 和泉氏との面会日時や内容は、前川氏の証言の重要部分だが、どうして急に修正したのか。

 伏線があった。前川氏は毎日新聞6月4日朝刊1面のインタビューに応じている。以下のような記述があるのだ。

 《前川氏は自身のスケジュールを管理しているスマートフォンを示しながら、昨年9月5日午前10時25分に(和泉氏の)アポイントが入ったと証言した》《「私の記憶では、(和泉)補佐官は『総理は自分の口から言えないから私が代わって言う』とおっしゃった」》

 官僚のトップまで上り詰めた人物が、大新聞の取材に決定的証言をしたのだ。ところが、24日の閉会中審査では、まったく違う日付を証言し、途中で時間まで修正した。

 前川氏は25日午前の参院予算委員会の閉会中審査で矛盾をただされ、「『9月9日午後3時ごろ』。これが正しい」「言い間違いだった」と説明した。

 25日の閉会中審査には、加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事も出席し、文科省の後輩である前川氏について、「気骨のある人材だった。次官になったときはうれしかった」といいながら、最近の言動を「精神構造を疑う」「(安倍首相をたたくため)リスクを持って作り話をする。彼の心情は理解できない」と言い切った。

 前川氏は「それは誤解だと思います」と語った。 

 





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マツコ・有働のNHKスペ「AIに... | トップ | ヤク中のASKA「献身妻」との... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

芸能関係」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。