昔に戻った人

ようこそ私のブログへ
芸能、ニュース中心に書きます。

「IQ246」織田裕二の“変声”に興味なし、女性たちはディーン・フジオカを主役扱い

2016-10-25 09:33:02 | 芸能関係

Zenlogic[ゼンロジック]レンタルサーバーZenlogic

カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決カラーミーショップ

ヘテムルヘテムル

   「IQ246」織田裕二の“変声”に興味なし、女性たちはディーン・フジオカを主役扱い

 もはや主役はおディーン様で決まり! 10月16日スタートのドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)を観た女性視聴者から、そんな声が聞こえてくるようだ。

 同作品では主演・織田裕二のしゃべり方がドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の杉下右京(水谷豊)のようだと話題で、「ドラマが頭に入ってこない」と批判の声もあがっている。だが執事役を務めるディーン・フジオカ目当てのファンにとっては、織田の声などどうでもいい要素にすぎないというのだ。テレビ誌のライターが語る。

「端正な顔つきのフジオカに執事はまさにハマリ役。しかも初回からアクションシーンまで披露しており、ファンのツボをついた演出になっています。さらに刑事役の土屋太鳳も、体育大学在学中のフィジカルを活かした派手なアクションを見せており、本ドラマの主役はもはや、フジオカと土屋の肉体派ペアとみなしてもいいのかもしれません」

 だが主演の織田も、刑事ドラマなどで数々のアクションシーンをこなしてきた実績がある。それゆえフジオカと一緒に大捕物を見せればよさそうなものだが、そうはいかない事情もあるというのだ。テレビ誌のライターがささやく。

「織田もいまや48歳のアラフィフ世代。フジオカも36歳と若くはありませんが、趣味の一環としてボクシングジムに通い、中国武術にも親しんでいるという根っからの肉体派です。そんな二人が同じアクションシーンに挑んだら、キレの違いが浮き彫りになるのは明らか。それを避けるために、静の織田と動のフジオカという対比を描いているのでしょうね」

 その結果、フジオカ&土屋の華麗なアクションばかりが印象に残り、変声の織田はすっかり影が薄くなってしまったようだ。この調子では「IQ246」が、フジオカの作品だったと記憶される可能性もあるかもしれない。

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─「ムームードメイン」独自ドメイン

動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro]DELL

広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUSJUGEM PLUS

大手ハウスメーカーの新築一戸建てを検索!家選びネット家選びネット

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!ロリポップ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「これは谷間まつりだぁぁぁ... | トップ | 四文字熟語講座 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

芸能関係」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。