昔に戻った人

ようこそ私のブログへ
芸能、ニュース中心に書きます。

ジャニーズ新ビルは「手数料御殿」? ファミクラ移転で「ファンの溜まり場」懸念の声も

2016-10-19 16:56:42 | 芸能関係

2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー『Zenlogic』レンタルサーバーZenlogic

エコノミープラン 詳細はこちら

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>デル

   ジャニーズ新ビルは「手数料御殿」? ファミクラ移転で「ファンの溜まり場」懸念の声も

 ファンクラブの入会・更新や各種手続きを行う場所として、東京・渋谷に存在しているジャニーズファミリークラブ。先日、別の場所に移転することが明らかになったが、その移転先とされるビルがファンの間で問題になっている。

 ジャニーズファミリークラブは、所属タレントのメッセージ映像やサイン入りポスターを閲覧できるほか、番組協力などファンクラブ会員サービスに関する申し込みをするためにジャニーズファンが訪れるスペース。これまでにも何度か引っ越しを繰り返しているが、06年4月からは「渋谷1‐10‐10 ミヤマスタワーB1F」に移転。そして、長らくファンに利用されたこの場所での営業は10月21日までとなり、移転に伴ってファミリークラブは22日から「一時休館」するという。

 10月中旬、ジャニーズは公式サイトで「ご来場を予定されていた皆さまには、急なお知らせとなりましたことお詫び申し上げます」と、ファンに告知。「インフォメーションカウンターおよび展示エリアの新たなオープン時期と場所につきましては決定次第、ご案内させて頂きます」とのことだが、郵便物を送る際の宛先として「渋谷区渋谷3‐29‐24 MTBビル4F ジャニーズファミリークラブ」という住所が記載されていた。

「ファンがこの住所を検索したところ、Google マップなどで閲覧できる外観から、『フライデー』(講談社、10月21日号)で“ジャニーズ帝国の新しい城”と報じられたビル写真と一致していることが話題に。同誌では住所こそ伏せていたものの、『現在の実勢価格は80億円近いビルと見られる』として、ビルの詳細を伝えていました。ジャニーズは同誌の取材に『(ビルは)賃貸契約です』と回答していましたが、レコード会社のジャニーズ・エンタテイメントなど関連企業が最近になってこのビルに本社を構えるなど、ビル全館を独占している状態だとか」(ジャニーズに詳しい記者)

 しかし、このビルへの移転について、ファンの間では早くも問題点が浮上。「フライデー」によると、週末を中心にこのビル内でジャニーズJr.のレッスンが行われているようで、同誌はビルから出てくる数名のJr.の姿をキャッチしていた。そのため、ファンからは「ファミクラがあのビルに入っちゃったら、ファンの溜まり場にならない? 大丈夫?」「ファミクラとレッスン場が一緒になったら、出待ちできちゃうね」「ファンとエレベーターで鉢合わせたら、Jr.はどうやって帰るの? 手続きとかは別の場所になるの?」と、ファンが集結することにより、タレントに悪影響が出ないかを心配する声が出ている。

「ファミリークラブの新しい場所がこのMTBビルだった場合、ファンが訪れる窓口は別の建物に設置するか、同じビル内だとしてもタレントが出入りする場所には行けないよう警備体制を強化する必要があるでしょうね。また、このビルに関しては藤島ジュリー景子副社長が本格的に会社を引き継ぐため、各拠点を一箇所に集約するという見方が強まっています」(同)

 ジャニーズのコンサート・舞台では当落関係なく申し込み手数料や払い戻し手数料がかかることもあり、ファンからは「手数料御殿」と揶揄する声も出るなど、注目が集まっている「MTBビル」。いずれにせよ、今回の移転によってファミリークラブの利便性が向上することを願いたい。

オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!カラーミーショップ

WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムルヘテムル

スタンダードプラン 詳細はこちらロリポップ

格安旅行たびらい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の『ガキ使』の企画はつ... | トップ | 菅野美穂が開いたお忍び食事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。