昔に戻った人

ようこそ私のブログへ
芸能、ニュース中心に書きます。

ヒラリーが土壇場で大苦戦する「3つの理由」 実は問題はメールだけではなかった

2016-11-07 07:50:21 | 社会

2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー『Zenlogic』レンタルサーバーZenlogic

エコノミープラン 詳細はこちら

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>デル

   ヒラリーが土壇場で大苦戦する「3つの理由」 実は問題はメールだけではなかった

いよいよ11月8日のアメリカ大統領選挙まであとわずかとなった。10月分の雇用統計も発表され、民主党のヒラリー・クリントン候補を応援する主要メディアは、堅調な雇用の数字はオバマ政権の成果であり、民主党の政策は正しかったと国民に訴えている。


ところが、そのヒラリーの勝利を前提にしていた米国の株式市場は、S&P500が4日で9営業日連続の下落となった。これは1980年以来初めての現象だ。


これに対する一般的な解説は、10月28日の金曜日、突如出たFBI(米連邦捜査局)によるヒラリーのメール問題の再調査で、ヒラリーの勝利が「確定」から「不安」になったということである。だが筆者にはその前から、大統領がどちらになっても、株はいったん下がることを織り込み始めていたように見える。


■今の状況は昨夏のチャイナショック前に似ている
一例は、日本で恐怖指数といわれるVIX指数(volatility index)の先物の残高と、それを対象とするETF(上場投資信託)・ETN(指標連動証券)の派生商品の値動きに乖離が生じていたことである。


VIX先物の買いがどんどんたまっているのに、VIXのETF・ETNの価格は、それほどは変動しなかった。これは大地震の前、プレートへじわじわと圧力がかかるっているのに、限界を迎えるまで地上では危険を感じない状態に似ている。


このままでは、もし本当に限界点を迎えると、一気に大揺れになる可能性がある。今のVIX先物と関連ETFの関係は、2015年8月のチャイナショックの前の状態に近い。そしてこのVIXの動きは、ヒラリーが圧倒的に優位だった頃から始まっており、市場は大統領選でどちらが勝っても、一端下落があることを準備していたと考えられる(ドナルド・トランプ勝利なら直後、ヒラリーなら後から)。


さて、ここからは11月8日に差し迫った大統領選の現状の解説をしたい。


これまで、筆者はずっと「トランプ有利」というスタンスを継続してきた。こちら(米シカゴ)に住んでいるので、主要メディアがヒラリーびいきの情報を意図的に流しているのはわかっていた。そこで、過去の大統領選で最も正確に情勢を伝えていたIBD/TIPP(Investors Business Daily/TechnoMetrica Institute of Policy and Politics)の発表する支持率をずっとチェックしていた。

オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!カラーミーショップ

WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムルヘテムル

スタンダードプラン 詳細はこちらロリポップ

格安旅行たびらい
ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四文字熟語講座 | トップ | 頭脳遊戯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。