for today-female & human enlightenment,  

旅・短文

我是三四六岁


産業

2017年06月17日 07時16分32秒 | 発展のため

は景況なのだろう。

ひところ着物が売れないと伝えられていたり、出版業界が乏しくなっている時期もあっただろうが、

無言をしいられるからこそ、投資やら磨きに財・材がまわり、空発言もあるだろうけれど、

ある程度維持すると控えるようになる。同じことをずっと続けていられないのかもしれません。

あふれる多種多様な品が陳列棚に並ぶ。

物の耐久によっては消費の時期が回るだろう。でも消費循環を考えた商品開発なんて、行けずだわね。(昔使用の

品は丈夫とは、身辺の材。)

景況感が実感できないのは、こんな事情からではないだろうか、とは経済音痴の世回り診断。

けれど、高齢化・わが子を鍛える教育・健康志向など、そちらへの動向には注がれるだろうか。

不満を吐けば、新たな商品開発になるだろうとは、消費者第一主義。言ってみよう!

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 固定化した意味示唆は | トップ | 固定観念はどこから »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。