for today -female and human enlightenment 個の尊厳

旅・短文

写真ご希望の方連絡を願います。


涼しいウイーン

2016年10月14日 10時23分51秒 | my 徒然

涼しいウイーン

 

例年ならば、8月でも40度近くになるそうな話を聞いた。が、今年は涼しくて、ブラウス一枚では過ごせないし、雨が降れば上着が必要なくらいだった。

こんな気温に観光できるのは、ラッキーだそうだ。アイスランド地域からの氷河が融けて気流にのって変化を起こしているのだろうか?・・・

今や天気は、地球の規模で推測するような具合になっている?

 

大都市、それも首都があるなら、働く人たちもそれなりの神経を気遣って暮らしているのかもしれない、と考えた。

 

路面電車の車内で気づいたのは、啓発PRだった。私が大自然を満喫したチロルの人、モスリム、中国人もうひとつは

残念ながら思い出せない人のイメージ絵が四つ組で描かれていた。

 

ヨーロッパ文化文明都市としてのプライドマナーがそうさせている?(それにしても、陳腐で・・適当な言葉が見つからない。) 街の美化安全を、他民族が暮らしているから啓蒙している?

旅行者では近づけない範囲だ。

 

ウイーンはハプスブルグ家が保持した建築遺産で多いに観光都市として名をはせている。フランスから来た旅行者は、ウイーンはパリよりも便利だと告げた。

「東京と同じようです」とは出発前の情報だった。

 地下鉄と地上階はエレベーターがつながっているし、路面電車もバスも地下鉄もひとつのパスで連絡可能だ。コンビニの看板こそあっただろうか、と思うほどで、

便を図って日常の飲食にも不便はないし、水は、問題ない。( ちなみに、62歳(?)以上ならば、往復乗りの料金特割回数券があるし、月曜日から次の1週間指定購入の割安パスもある。)

 

旅行客から質問されれば、仕事中だからだろう・・・

グラーツ市民よりもおかたく素気ない。ホテルマンは、丁寧に対応してくれた。が、観光客ともなれば仕事中ならば、様々だ。大きな組織になれば、

自分の作業さえこなしていれば、それが済まされる仕事なのかもしれない。大都市で働くルーティーンとして根付いているのかもしれない。

必要以上に干渉し、緩衝を起こさない。

 

パリほど難民地域からは遠くないからこそ、安泰に努めようとすれば、クールでいる啓発PRを守っているともいえるかもしれない、と勝手に考えた。

 

ニーハオと 銀座通りで 少女の声        

 

ディアンドル 大人市民は あやしてる                                            

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここに座ると何がみえる? | トップ | 文化の秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。