脱帽 Lauferさん

2017年04月19日 13時50分31秒 | シノイラニカ

昨日、ぱらぱらと[Si」をめくっていると、それも昔のカンボジアを示す「真臘」があったのではないか、という

きっかけからだった。

が、マジシャンがページの中に登場していた。「史記」の中に登場するようで、Laufer さんは、棗にまつわる言語由来をテーマにして

話を展開しています。欄外には、李少君と安期生が中国語でタイピングされています。この安期生こそ、「列記伝」に登場した

 で、安期小は李少君に瓜ぐらいの大きさの棗を食べさせた。とあるが、

海域を旅する安期小は、海棗 Cycus fevoluta ソテツ を誇張したにすぎない、と述べている。因みにデーツはphoenix Dactylifera ナツメヤシ。

 ほらほら、やっぱり水辺で飛ぶ練習をしていたでしょう、安期小が!

それにしても、中国の昔のお話は本当に面白い。日本の画家もこぞって挑んだほどだから。

日本の美術品とその由来やらエピソードを集めると、とても面白い読み物ができるかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄砂やPMはどうなった? | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。