何より車バイクが好き

趣味は車とバイクに乗ること。ゲームよりも大好き。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「車の税金表」と「税金の種類」を知っておこう

2017-02-13 13:28:46 | 日記
「古い車の税金は増税になるの?」こういう疑問を聞くことがあります。答えは「古い車の税金は、自動車税と自動車重量税が増税になる」となりますが、もちろん要件が決まっています。
自動車重量税はエコカー減税対象車でもエコカー減免適用無しのエコカー以外の自動車は初度登録(初度検査)から13年経過と18年経過している自動車に対して2段階の重課による増税になります。

自家用乗用車等の「登録自動車及び小型二輪」と軽自動車等の「検査対象軽自動車(二輪を除く)」では車両の種別により、13年・18年経過の考え方が「経過する月の1日以後」か「経過した年の12月1日以後」といったように異なりますので、ご注意願います。


ただ特筆すべきなのが、「東京都の場合は指定する粒子状物質減少装置を装着するディーゼル自動車及び1945年(昭和20年)までに製造された自動車(ヴィンテージカー)は、納期限までに申請することにより重課分を減免されます。」というような特例です。


自動車税は地方税(都道府県税)なのでこういうように都道府県での特例は嬉しいですが、実際に1945年(昭和20年)までに製造された自動車というのはあまり現実的ではないので、製造から30年とかにして欲しいというような希望もあるようです。


特に1945年(昭和20年)までに製造された自動車(ヴィンテージカー)にとっては特筆すべきことだと思いますが、ちょっと古すぎるのでもう少し手前の製造から30年程度の古い車にも適用してくれればという要望も多いようです。


バイク買取横浜市

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車を運転しているときが一番... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。