佐賀ぶらりさるく

佐賀や近県を歩き撮った写真にメモも入れ、目で見る日記として残して見たいと思います。

酉年の朝

2017-01-04 19:50:17 | Weblog

ここ数年の元旦の日の出は雲にさえぎられがち、でも今年は年の始まりにふさわしい穏やかな、まるで絵のような綺麗な日の出、明るい未来も感じさせてくれそうで心までも温かく、爽やかな朝となりました。 

今年は酉年、昔は田舎では軒下に鶏の遊ぶ姿が常でしたが、今年の年賀状で「鶏」を知った子供たちも多かったかもしれませんね。

春のような元日、渡り鳥を見に東与賀干潟へ、ここ数日は潮の具合もよく今日の満潮は10時40分ごろ、見頃は満潮の2時間前くらいからとか、当地では「まえうみ」と呼ばれる有明海の湾奥、東与賀干潟は、ラムサール条約登録湿地で日本でも最大の渡り鳥の飛来地で、絶滅危惧種とされる、「クロツラヘラサギ」や「ツクシカモ」「ホウロクシギ」などの姿も見られますよ。


年の初めにふさわしい穏やかな日の出となる


田舎の朝



 元旦の東与賀干潟の渡り鳥 

千鳥の向こうの水辺では、カモが餌を探す


干潟の上空にはカモメも舞う




絶滅危惧種・クロツラヘラサギを探すも見つからず これは「ヘラサギ」らしい


「ツクシガモ」の特徴は首から胸まで一周する褐色の帯


渡り鳥の向こうにはノリひびが林立する


シギにも「イソシギ」「ホウロクシギ」といろいろ


干潟で憩うシロチドリの群れ
元旦のラムサール条約登録湿地・東与賀湿地
「平成29年1月1日:撮影」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡のクリスマス夜景 | トップ | 赤い天山・背振山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事