佐賀ぶらりさるく

佐賀や近県を歩き撮った写真にメモも入れ、目で見る日記として残して見たいと思います。

芒種から夏至へ

2017-06-22 21:44:25 | 季節

芒種」聞きなれない言葉の様ですが24節気の一つで、農家では気にかかる季節、稲の種蒔、田植えの季節となり農家では忙しくなる頃とあります。当地でも麦の取り入れから田植え迄のおおむねひと月の間は息をつく間もない忙しさです。

この「芒種」が過ぎれば間もなく梅雨入り、当地でも梅雨入りはしたものの雨の気配もなく渇き切った大地、夜に鳴く雨蛙の鳴声も弱々しい悲鳴にも聞こえます。雨はなくてもダムからの放水は順調で田植えも急ピッチ、そして「夏至」を過ぎればやっとひと息、身も心もひと時の解放です。

 
トラクターの後からトコトコとついてくるダイサギ、恋の季節眼の色は緑色の婚姻色




麦刈りが終わり田起こしの短い間に佐賀の空を飛ぶバルーン
市長杯と青葉杯


今夜はストロベリームーン 雲の切れ間にやっと一枚、 でも赤い月には程遠く・9日

 
午前5時過ぎの日の出は、田植え前の水面に大きな影を映す・16日5時25分


夕日が田面に輝く頃 18時40分


入日の頃・18日19時10分


水辺の花菖蒲




梅雨入りしても雨はなくアジサイもの開花も遅く花も小さめ


四季咲きのバラたちははや2回目の開花


夢しずくや・さがびよりの主力品種の植え付けが済んだ水田


畑では西瓜も近日来の雨で生気を取りもです



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久留米文化センターのバラ

2017-05-31 19:19:45 | 季節

五月も終わりに近づく頃、首都圏の満開のバラ園の風景が映し出されています。九州では5月も20日過ぎには終わりに近づきます。私のバラも去年の秋に植え付けた黄色い房咲きの「伊豆の踊子」だけが春の終わりを惜しむように咲き誇っています。

毎年、楽しみに訪れる、久留米文化センターの早春は椿、そして桜の季節から薫風の皐月、ゴールデンウイーク、いよいよバラの季節の始まりです。


ボリュームのある花形、透明感のある強健な「ブルー ムーン」


四季咲き 大輪の真っ赤なバラ「カランボ」


バラの女王「ピース」は華麗に咲く


「かがやき」鈴木省三氏作出の半剣弁高芯咲き、輝く明るい赤色


ティネケアはハイブリッドティーで白色の清楚な剣弁高芯咲きです


プリンセス ミチコは当時日本の皇太子妃美智子様に献呈された
柔らかな香りオレンジ色の丸みを帯びた花弁


花は純黄色の強い香りの八重咲の「フリージア」


「クインエリザベス」は大輪の花を房咲きする超強健品種として有名


「ニューアベマリア」サーモン朱色で花弁30枚くらいの剣弁高芯で花もちが良い


「ウエルイン ガーデン グローリー」
有名な花のひとつで多くの人に愛され栽培されています


「ストロベリーアイス」 は白地に濃いピンクの覆輪が美しい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月の有明干潟

2017-05-25 20:28:08 | 季節

時はちょうど愛鳥週間の頃、新聞に目を通していると日曜日は東与賀干潟の観鳥会との記事、早速干潮表を調べてみると土曜日は午前10時半ごろが満潮と、海岸にはマニア達が巨大な望遠レンズを装着したカメラでチャンスを狙っています。

気の引けるような小さいカメラで十数枚、撮り終えて海岸堤防に立てば、潮の香りを運ぶ五月のそよ風が頬を撫で,白い野ばらに蝶が舞い、眼下の佐賀平野はもうすぐ麦秋の季節です。


今日は私が主役と「ダイサギ」が


潮満つる頃海鳥たちは潮先で獲物を狙う




五月の東与賀海岸・二景


今はその姿も少なくなった「シオマネキ」


晩秋の主役「シチメンソウ」も芽立を始める


堤防上には野ばらや名も知らぬ木に「モンシロチョウ」が舞う


眼下の麦は圃場ごとに少しづつ色を変えて


五月の薫風に雑草も我が世の春と
「5月13日:撮影」


佐賀平野の麦秋・刈り取りが始まる・20日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

著名人の名前を冠したバラたち

2017-05-14 21:20:28 | イベント

メインの美術館前バラ園を過ぎれば、楽水亭前は著名人の名前のバラ園、王女や有名な作曲家、そして俳優、女優さん達のなつかしい名前のついたバラたちの競演、この道を歩けば遠い昔の追憶が蘇ります。


有名な作曲家、ヨハンの優雅なと繊細さをイメージして「ヨハンシュトラウス」


濃い黄色のバラは「マルコポーロ」


気高く気品あふれる「「プリンセス マーガレット」


著名な画家の名前を冠した「モーリス ユトリロ」


「ローマの休日」の清純・清楚なイメージが浮かぶ「オードリー ヘップバーン」


「ヘンリー フォンダ」は鮮やかな濃い黄色、米国の名優フォンダに捧げられました


「ジュビレ デュ フランス ドゥ モナコ」




「エイライシャン」は中輪で丸弁の上品な藤色 柑橘系の香り


こげ茶色の色彩が珍しい中輪房咲きの「ココア ポッド」

 
花形は完璧なピース、花色がピンクの「 ピンク・ピース」


この花もクインエリザベスの色変り「イエロー クインエリザベス」


「ブルー フォー ユー」は紫色の中輪房咲きのフロリバンダ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇よバラ

2017-05-09 15:13:56 | 季節

今年も薔薇の季節、4月の終わりの裏庭には野バラの仲間「ナニワイバラ」が満開になります。

その頃には大輪の「高雄」が咲き始め、いよいよ薔薇の季節の始まり。今年はどう咲くの?大きく咲いてよ

昨秋の新植の「伊豆の踊子」は咲いてくれるの?病気は、虫は?と気を使いながらも期待も膨らむ毎日です


いよいよ薔薇の季節、先陣は野ばら系の「ナニワイバラ」は花径7~8㎝


ハイブリッド系のトップは「高雄」早咲き、外花弁の緋紅色が美しい



「熱情」は激しく燃える愛の花


上品なピンク色「クインエリザベス」は作りやすいバラ界の最強品種


青いバラと一時話題になった「ブルームーン」花は藤色に近い


濃いめの黄色が美しい「「ゴールデン・エンブレム」


ラベル喪失・花名は不明だが毎年よく咲いてくれる




クレマチスも薔薇に負けじと


ラベルはないが強い香りと花弁の特徴から「ラブ」らしい


「ゴールデン・エンブレム」と「ブルームーン」


「コーラル・シャトー」 コーラルピンクで花もちが良いエレガントな大輪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎帆船ライトアップ

2017-05-06 18:24:38 | イベント

 明日の昼過ぎには参加の5艘の帆船が出港セレモニー、今日は帆船祭り最後のライトアップイルミネーション、西の空に太陽が沈む19時ようやく点灯の始まりです。

松ヶ枝長崎港国際ターミナルに停泊していた、豪華クルーズ船コスタ・セレーナも定刻19時、ポーッと長い汽笛と共に、夕暮れの女神大橋の下を長崎湾に消えてゆきます。 明日はいずこの港やら?

日が暮れて半時、帆船のイルミも濃く、港に揺らぐさざ波にも七色の虹を映し始めます。そして長崎港内で1000発の打ち上げ花火でフィナーレです。


夕暮れの長崎港


出島岸壁の夕暮れ


観光丸と長崎市街


夕陽の女神大橋


日本丸と豪華客船 出港に備えエンジン始動


日本最大の帆船・日本丸に灯がともる


豪華客船コスタ・セレーナも満艦飾、午後7時長い汽笛で静かに動き出す


11万4000トン・全長290m・定員3780人のコスタ・セレーナは明日は何処へ


観光丸のイルミネーションも点灯

 
日も暮れてイルミネーションのかがやきも一段と鮮やかに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グラバー園から東山手へ

2017-04-30 19:17:51 | 旅行

大浦天主堂下電停手前から右折して大浦天主堂を抜ければグラバー園です。

ここも春一色に染められ、帆船祭りの会場からも近く観光客で大賑わいです。見渡せば澄み渡る青空の下、坂の街長崎、港には帆船の並ぶ景観、夜の長崎の街の情景も浮かびます。

天主堂下の電停に戻り、オランダ坂通りの標識をたどれば、やがて赤いタイル張りのホテル、右折すれば急な坂道、そこにはオランダ坂の石碑、さらに上れば活水女子大、海星学園、この辺り東山手はレトロな建物が数多くみられる静かな通りです。

さらに先に歩を進めれば急な下り坂は石橋電停へと続きます。


グラバー園への坂道を行けば視界に飛び込む大浦天主堂


グラバー園入口から第1ゲートへ新緑の木陰を


眼下には三菱造船所の雄姿


市街南部と西部を最短距離で結ぶ女神大橋 (ヴィーナスウィング)


賑わう帆船祭り会場、日本丸と観光丸を展望台より


見事に管理された蔓バラの垣根に感嘆 記念写真を撮る人も多い


旧オルト住宅に咲くナニワイバラ


旧グラバー住宅とシンボルの蘇鉄


坂の街・長崎 展望デッキより


眼下の松ケ枝埠頭には豪華クルーズ客船 コスタセレーナも停泊

東山手界隈を行く 
 
活水女子大 校門付近にて


活水大横を抜けてオランダ坂通りへ下る


この通りには、活水・海星の有名校 海星学園付近にて


東山手洋館群が続く情緒ある坂道を歩く
「4月23日:撮影」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎帆船祭り

2017-04-25 18:59:48 | イベント

「長崎は今日も雨だった」。こんな形容が浮かぶ長崎の街、今日の長崎は春の陽ざしもまぶしい日曜日、20日から始まった2017長崎帆船祭りはまさに佳境、長崎港には日本丸をはじめ4隻、そして韓国のコリアナも参加しての楽しいイベントです。

船内の一般公開、セイルドリル、そして人気イベントは「観光丸」の甲板から爽やかな春風を感じながらの港内を一周し長崎の街を眺める体験クルーズも、夜は帆船ライトアップ・イルミネーション、そして土・日曜のフィナーレは長崎港内では1000発の花火も打ち上げられます。


スカイブルーの空、波静かな長崎港


出島ワーフ


出島埠頭に帆船が勢ぞろい


韓国から参加の帆船「コリアナ」 全長41m・135t


「ドーントレッダー」は鈴与(株)鈴与商事(株)が所有
全長32.5m・132t


出島ワーフ係留地付近


「観光丸」はハウステンボス所有の帆船
全長65.8m・353t


「日本丸」は「海王丸」と共に日本最大の帆船  全長110m・2750t
商船系大学や高専・海員学校の学生が訓練航海する帆船です


「日本丸」の威容


水辺の森公園から見る女神大橋


水辺の森公園の賑わい、明日は最終日いよいよ出港だ


松ヶ枝埠頭に停泊する豪華客船 コスタ・セレーナ
11万4100t・3780人

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春半ば

2017-04-21 21:06:07 | 季節

四月もはや廿日、暦には「穀雨」とある。日本列島を縦断する桜前線も東北まで進み、ここ九州ではもうシャクナゲ、ツツジの

季節、今年は寒さのせいか咲き遅れた桜、ツツジも同様咲き始めが遅い感じ、畑の蕗は特に成長が緩やかで初採取が10日

も遅れてしまいました。












佐賀県庁周辺のツツジ


ツツジの頃にはハナミズキも負けじと


この珍しい花は ?

庭の 

温室並みの縁側には待望のシンビジュームも咲く




4・5日前の27度の夏日に誘われて、フジも、クレマチスも一斉に

 
樹陰に咲くエビネ 今日は満開


蔓バラのナニワイバラも咲き始める

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿島市旭ヶ丘公園の春

2017-04-11 10:06:12 | 季節

ここ旭ヶ丘公園は、かっての鹿島鍋島藩の城跡で、歴代藩主を祀る松陰神社があり、境内には藩主直彬が多くの桜を植え、毎年観桜の宴を開いたことが始まりとされています。

鹿島城は佐賀の乱でほぼ焼失してしまいましたが、炎上を免れた赤門が鹿島高校の校門として残り、大手門から赤門に至る道は、城特有の曲がりくねった道で武家屋敷の白壁が続く道沿いに植えられた桜の並木は桜のトンネルとも呼ばれ、日本の歴史公園百選にも選ばれています。

旭ヶ丘公園は、大正3年に九州で初めて夜桜に電飾の設備がなされ一躍有名になりました。


大正3年に九州で初めて夜桜の電飾で有名に


大手門から赤門への坂道は、まさに桜のトンネル


大手門の通りの白壁に映える桜の大樹


佐賀の乱で焼失を免れた赤門、今は鹿島高の校門


旭ヶ丘公園の桜、赤門前の橋から








旭ヶ丘公園風景


松陰神社の境内の紫木蓮は散り惜しむ


白壁が美しい武家屋敷通りと桜


武家屋敷通りの坂道下の情景


白石町深浦の林道「桜の里」からの春霞の鹿島付近を望む


林道沿いに600本の桜の並木、眼下には有明海の注ぐ塩田川
「4月9日 撮影 今年はほぼ1週間遅れの満開」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加