BIRDのブログ&ファンフィクション

往年のアニメ 「科学忍者隊ガッチャマン」の大ファンです。
この話題を中心に日常のことなどを綴ってみました。

火の鳥 その後 #10 彼は何者

2017-04-16 21:55:03 | ファンフィクション


 #10  彼は何者?


 「若いのに偉いな。自分もかなりの怪我をしているというのにね」
ドクター・ガートナーがコーヒーの入ったマグカップを引き寄せて言った。
「怪我の状態はあと一週間くらいで完治しそうだよ。ほっそりしているけど、随分と鍛え上げられた身体の持ち主だね」
ドクター・オーウェンは手渡されたカップから立ち昇るコーヒーの芳香に頬を緩ませる。
「スポーツ選手か、何かの強化選手なのかな?」
「どうなんだろう?何しろ身元のわかるものや手がかりが何もないからね。それより回復してきた分、ベッドにいるのは
退屈らしくて本を読みたいと言われたよ」
「ああ、彼は読書家らしいね。ナース経由で僕も頼まれたけど、手持ちは医学書とスパイ小説ぐらいしかなくて
申し訳なかったな」
ドクター・ガートナーが笑った。

 「それが私の医学書を読んでいるんだよ、細胞学のね。内容に関する質問がとても的確なんだ」
ドクター・オーウェンが相好を崩す。
「ほう、それはすごいな」
ドクター・ガートナーは驚きの表情を浮かべた。
「焦げ茶の髪に見事なブルウアイズなんだが、なんとなく彼は東洋系を思わせるね。
物静かだけど大きな瞳に表情があって、実にいい眼をするんだよ」
なんだか息子の自慢話でもしているようで、言いながらドクター・オーウェンは小さく笑った。
「何者なんだろうな、彼は」
「今のところ身元のわかるものは何もないし、何か手がかりや切っ掛けでもあればいいんだがね」
結局いつもの言い方に落ち着いてしまい、ドクター二人は顔を見合わせて溜め息をついた。


                   * * *


 「ふーむ」
それから約三週間後、医務室でドクター・オーウェンは手元に片隅をクリップ止めにして纏めた、かなりの厚みがある
解答用紙を繰っては、何度目かの溜め息をついていた。
自分の名前も思い出せない青年の手がかりにでもなれば…と、リハビリのプログラムも終了して今週あたりからようやく
右腕を不自由なく動かせるようになった彼にかなり広範囲のテストを課してみたのだが―。
「一般教養、地理、歴史、文学、物理、高等数学、自然科学、国際法規全般、航空気象、航空工学、電子工学、医学、
薬学、語学、天文学ー」

 「なんだい?何かわかったのかい、パット?」
カルテの整理を終えたドクター・ガートナーがデスクの前から立って来て声をかけた。
「これは凄い。どの分野もパーフェクトじゃないか。彼はどこかハイレベルな大学の学生か研究員じゃないのかな?」
ドクター・オーウェンの持つ解答用紙を見ながら、驚きの声を上げたドクター・ガートナーに
「いや、他にも戦闘機に始まって航空機全般、航空史、空戦、武器、武器システム、戦史、戦略、作戦立案、作戦遂行等の
軍事関連の知識もパーフェクトなんだよ」
 ドクター・オーウェンから別の解答用紙を渡されたドクター・ガートナーはそれに目を走らせながら
「ふーむ」
同じように唸ってしまった。
「スコアも凄い上に綺麗な字を書くんだね。これほど大量の設問にこんな短時間で解答したのかい?」
解答用紙を繰りながら筆跡と記された解答時間に目を留めているドクター・ガートナーの声を聞いていたドクター・オーウェンは
ふと閃いた。
「そうだ!彼はどこかの軍か部隊にいたのかも知れないな」
「軍や部隊なら記録を調べればわかるぞ。この優秀さなら尚更ね」
ドクター・ガートナーも解答用紙の束から顔を上げて同意した。


                   * * *


 「いや、だめだったよ。調べた限りでは彼の記録はどこにもない。何しろこの戦いで記録どころかデータセンターが
サーバーごと焼失したり、ネットワークがあちこちで寸断されて、多くがシステムとして機能していないんだ」
がっかりした表情で首を振るドクター・オーウェンをドクター・ガートナーは見やった。
「いったい何者なんだろう?」
医師二人はもどかしそうに言い、顔を見合わせて溜め息をついた。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

火の鳥 その後 #9 青い瞳

2017-04-02 21:33:15 | ニュース
 #9  青い瞳


 「気分はどうかな?何か思い出したことはあるかい?」
ドクター・オーウェンは時間さえあれば捜索隊に救助された生存者の病室を訪れて問いかけてみた。
「いえ、何も…申し訳ありません」
国連から優先的に廻された医療機器や機材で詳しい検査を行った結果、臓器や脳、骨に異常は認められないものの、
男女二人の生存者は未だに記憶を取り戻してはいなかった。

毎度、ドクターから繰り返される問いにはかばかしい返事ができなくて、当惑したような表情を浮かべる
若い彼がいじらしくドクター・オーウェンは柔和な笑顔を向けた。
「謝らなくていいんだよ、君が悪い訳じゃない。それより、脚と腕の具合はどうだい?少しは動かせるかね?
身体の痛みはどうかな?」
「もう大丈夫です、歩けます」
被りを振るその表情を見やって
「無理をしなくていい。腕はまだ腫れが引いていないし、脚の状態もまだ完全とは言えないね。
身体中に打撲傷もある。君にはまだ安静が必要だよ」
右腕に続いて左脚の様子や全身を丁寧に診ながらドクター・オーウェンは静かに言った。

「でもドクター、俺はたいした怪我をしていないし、ここにはギャラクターとの戦いで傷ついた
人達が大勢いる。なにかしたくても、俺は自分の名前すらわからないんだ!」
何も思い出せない焦れったさに感情が昂ぶって来たのか、形のいい手がブランケットを握り締め、
ドクター・オーウェンを見上げる大きな青い瞳が潤んだ。
「きっと君はこれまで多くの人の役に立ってきたのだろうね」
診察を終えたドクター・オーエンは傍らの椅子を引き寄せて腰を降ろし、真っ直ぐこちらを見ている
大きな眸に言い聞かせるように続けた。

「いいかい?たいした怪我どころか、君は左脚の捻挫だけでなく右腕もひどく痛めているんだよ。
広範囲な打撲傷もある。いずれも回復に向かっているとはいえ、特に右腕の方は神経を痛め
なかったのが不思議なくらい深刻な状態だった。まるで何かを強く握り締めていたようだったね。
それに君がここに運ばれて来た時、身に着けていた衣服や靴は焼け焦げ引き裂けてもいて当初、私たちは
重傷を覚悟したくらいだった。しかし、君は身体中に打撲傷があったにもかかわらず、
火傷や頭部の怪我、内臓の損傷や骨折などの重篤な症状はなかった。これは奇跡とも言えるんだよ。
無理をしないで今は怪我を治すことを第一に考えよう。君もギャラクターとの戦いで傷ついた一人なんだ」
ドクター・オーウェンはブランケットを掴む指の長いがっしりとした男らしい手に年輪を重ねた
自分の手を伸べて宥めた。

「科学忍者隊のおかげで地球は救われたんだ。地球を守るために戦い続け、遂にギャラクターを退けてくれた
彼ら、科学忍者隊の為にも我々がこれから為すべきことはたくさんある。焦らなくていいんだよ」
ドクターオーエンは息子ほどの年齢の若い患者に向かって噛んで含めるように諭し、ようやく頷いた彼の長い睫毛から
零れて白い頬に伝った涙を拭ってやりながら慰めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火の鳥 その後 # 8 記憶喪失

2017-03-20 20:57:32 | ファンフィクション
 #8  記憶喪失 


 「やあ、気がつきましたね。よかった」
がっしりした長身のドクター・エミリオ・ガートナーは、収容から一週間と三日を過ぎてようやく
意識を取り戻した女性の顔を注意深くのぞき込んだ。
「ここは病院ですよ、難民キャンプのね。あなたは助かったんですよ」
物憂げな瞳が訝しそうに彼を見上げる。
長い髪が囲むハート型の顔、白磁の肌、碧緑の瞳、珊瑚の唇。

(こりゃ美人だな)

思わず顔を綻ばせかけたドクターは形のいい眉を顰められ、慌てて表情を引き締めた。
「どこか痛みますか?ああ、そうだ、あなたの名前は?」
くだんの美人はドクターの内心を見透かした訳でもなく痛みにでもなく、彼の問いに対してその眉を顰めていた。
その様子に不安を覚えたドクター・ガートナーが名前に続いて、年齢は?家族は?住まいは?…と、
立て続けに発した問いにも困惑した表情の彼女は、長い髪を揺らして首を振るばかりだった。

 回診を終えてカルテを整理していたドクター・オーウェンは、第三捜索隊が別の場所で発見したという
生存者の女性がようやく意識を取り戻した、との知らせをナースから受けて医務室を飛び出して行った
ドクター・ガートナーが、足取りも重く戻って来たのを怪訝そうに迎えた。
「どうしたんだい?エム。意識が戻ったんじゃないのか?」
「それが…」
口ごもる相手にドクター・オーウェンは掛けていた回転椅子ごと向き直った。

「彼女も似たような状況だったんだろう。身に着けていた衣服や靴は焼け焦げや煤だらけで、
裂けたりもしていた。彼同様、火傷や重い傷がなかったのが奇跡だな」
ドクター・ガートナーは担当している患者のカルテを自分のデスクに戻しながら言った。
「こちらもベルトのバックルだけが頼りの『ミスJ』だ。発見場所は異なるが
二人とも炎の中を逃げ回った揚句に記憶喪失だなんて、怪我が軽かったとはいえ可哀想に」
ドクター・ガートナーの声が重く沈んだ。
「災に追われて山の中を逃げ回った記憶など、思い出したくもないだろうね」
痛ましそうに首を振るドクター・オーウェンに
「でも、国際科学技術庁の発表にあったように科学忍者隊のおかげで、遂にギャラクターは
滅び去り、ようやく地球に平和が来たんだ。これから復興が進んでいけば気持ちも落ち着いて、
いずれはブロックされた記憶も取り戻せるんじゃないかな?」
ドクター・ガートナーは強いて明るく言った。
「そうだね。まだ若い人たちだし、きっと元気になるよ」
これといった根拠はないものの、ドクター・オーウェンもドクター・ガートナーに合わせて、
自分自身の気持ちを引き立てるように応えた。

 ドクター達は男女ふたりの生存者の記憶喪失をPTSDと推測していた。
地球的規模の厄災ともいえる戦いが遂に終結した今、そういった症状を示す者は
珍しくはなかったから…。
キャンプの人々もドクター達も、世界中の誰もが心に傷を負っていた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

火の鳥 その後 #7 K

2017-03-20 20:54:41 | ファンフィクション
 #7  K


 翌日の午後、ドクター・パトリック・オーウェンとドクター・エミリオ・ガートナーは
パトロール隊が新たに捜索した丘陵地帯から相次いで救出された、男女二人の生存者について
話し合っていた。
「総裁Zが操っていた反物質小惑星の影響で急激なフェーン現象が起こり、火災が発生して
ここら一帯も森林火災の延焼が続きひどい被害を受けたね」
「ああ、街中が破壊されて道路は寸断されていたし、ライフラインが完全にやられてしまった後では
消火活動がほぼ不可能で、街そのものが炎に包まれて何もかも焼け落ちてしまった…」

 勤務していた病院や自身の家族、友人、仲間を亡くした街の惨状をそれぞれ思い出し、
二人のドクターはいっとき言葉を失って、苦いものを噛み締めた。
「彼もなんとか山の中に逃げたものの、結局は火災に追い詰められて逃げ場を失ってしまったんだろう。
発見場所の焼け様は実に酷かったと聞いているよ」
ドクター・オーウェンは報告書の内容を思い出しながら溜め息をついた。
「幸い夜半の豪雨が消火の役目を、火災の名残が体温維持の役目をそれぞれ果たしてくれたようだが、
そこで発見されたのは彼だけだったんだね?」
ドクター・ガートナーが訊ねる。
「そうだ。報告書によると他にも生存者がいないか、山に残った捜索隊は時間の許す限り辺りを回ったが、
かなりの広範囲を捜索したにもかかわらず、山では彼以外は発見できなかったそうだ」
ドクター・オーウェンも声を落とした。

「もともと独りで山の中にいたのか、一緒だった家族や仲間とはぐれて山の中でたった一人、助かったのか…」
「身に着けていた衣服も靴も焼け焦げてボロボロだったし、IDどころか腕時計すら着けていなくて
手がかりが何もない。まだ名前もわからないし、ベルトのバックルが『K』だったから
カルテも『Mr.K』だ。幸い火傷やひどい怪我は負っていないものの、ほんとうの回復には
まだまだ時間が必要だね」
ドクター・パトリック・オーウェンは意識が戻った時の患者とのやり取りを思い出しながら、溜め息をついた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火の鳥 その後 #6 ドクター・オーウェン

2017-03-05 17:17:58 | ファンフィクション


  #6   ドクター・オーウェン


「ドクター!」
夜勤のナースの上げた声に隣接する仮眠室で休息を取っていたドクター・オーウェンは部屋から飛び出して来た。
救出から一週間、意識が戻らずに深く眠り続けるばかりだった生存者に反応がある。
伸ばした手をナースに押さえられた彼はその手を振り解こうともがいた。
「君、まだ動いてはいけないよ」
ベッドに駆け寄ったドクター・オーウェンが宥めるように言いながら腕と肩を軽く押さえた。
「君、私の声が聞こえたら、ゆっくり眼を開けて」
小さく呻いた青年は落ち着いた声に励まされ、長い睫毛を震わせてそっと眼を開けた。
(綺麗な眼だな)
まじまじと自分を見つめる大きな青い瞳を注意深くのぞき込みながらドクターは言葉を続けた。
「よかった、気がついて。ここは難民キャンプの病院で、あなたは助かったんですよ」
「びょう…いん?」
奇跡的に火傷や重傷こそ負ってはいなかったが、火災に巻き込まれてさ迷ううちに煙を吸ったらしく
声がひどく掠れている。
「ドクターが診察しますから、起き上がらないでください」
さきほどの身動きで大きく揺れた点滴の具合をナースが確かめるのを見ながら、
脈拍や鼓動を確かめたドクター・オーウェンは意識を取り戻した青年に尋ねた。
「喉が痛みますか?」
凛々しく跳ねあがった眉を顰め、小さく頷いた彼にドクターは続けた。
「他に痛むところは?あなたの名前は?」
痛みを堪えている相手に気の毒ではあったが、カルテを作成する上で必要な問いかけに対して
さらに眉を寄せた青年に、ドクターはふと不安を覚えた。
それを裏付けるように彼は声もなく青い大きな眼を瞠って視線を宙に彷徨わせ、茫然とした
表情で長い睫毛を幾度も瞬かせた。
その様子に表情を引き締めたドクター・オーウェンが身元を訊ねる質問を重ねても、言葉を紡ぎだそうと
唇は小刻みに震えているが、青年は当惑したようにドクターに向かって首を振るばかりだった。


 「まあ、名前もわからないのですか?」
医務室に戻って来たドクター・オーウェンを迎えた別のナースが驚いて声を上げた。
「そうなんだ。もしかしたら頭を打っているのかもしれない。詳しい検査をしたいなあ」
医療器材の不足から行き届いた処置ができないのがもどかしくて、初老のドクターはデスクに向かい
カルテにペンを走らせながら嘆いた。
「それでしたら、ドクター・オーウェン、朗報ですわ」
「なんだい?」
カルテに書き込んでいた手を止めて、ドクター・オーウェンはナースを見上げた。
「生存者が見つかったので、医療機材や発電装置をこのキャンプに廻してもらえるそうです」
「えっ!ほんとうかい?」
ドクターは興奮のあまり立ち上がってしまった。
「ええ、先ほど国連からの通達がFAXでありました。確認していただけますか?」
「わかった。ありがとう」
ドクター・オーウェンは手渡されたFAXの用紙に目を走らせた。
「生存者2名って、君、生存者は彼1人だけだろう?」
不審そうな問いかけにナースが答えた。
「それが第三捜索隊が別のブロックでもう一人、生存者を発見したんです」
「なんだって?」
ドクター・オーウェンは驚いて声を上げた。
「こちらは女性で、まだ意識が戻らないそうですが」
ナースは痛ましそうに目を伏せる。
「そう…怪我はひどいの?」
「彼女はドクター・ガートナーが担当されているので、お訊ねになってください」
「うん、そうしよう。ありがとう」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加