広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

U-13の紅白ゲーム内容が良かった理由が分かった

2016-08-31 15:06:20 | トレーニング
8月28日(日)のトレセンメンバーがいないU-13の紅白ゲームの内容が、U-14,U-15の紅白ゲームより良かったことを昨日書いた。
30日のスタッフミーティングの時に、佐村コーチから大阪遠征(8月24日~26日)の内容を聞いて、紅白ゲームの内容がよかった理由が分かった。

愛知FCが主催する、2016SummerGame u-13でのJ-GREEN堺の会場で、関西の強豪と試合することができたようだ。
苦しい試合で勝てなかったり、苦しい中で勝ったゲームもあった。
そして、1-8と大苦戦した千里丘のゲームもある。
速いプレッシャーの中で、速いプレーにうまさがあり、速いドリブルで突破される中、自分たちは何もできなかった経験がある。
その経験が、今回のメンバーは全員ではなかったようだが、ボールのワンタッチに現れていたようである。
プレッシャーの速い中では、相手を意識しながら、ボールコントロールをどこにするか、パスをする仲間がどこにいるのか、敵はどこにいるかを素早く判断して、敵に渡さないようにしながら、どういう攻めをするのか、瞬間の判断の中でのプレーが必要になる。
仲間のいい声も必要で、早い状況判断も必要になる。
それができないとプレーができないよな。

選手というのは、厳しい中でプレーをするとその中でプレーをするために努力することが伸びることになる。
だから強い相手と試合することが成長できることにもなる。
U-13チームは、そういう経験をしたのだから、練習の中で、そういった経験を生かして、仲間同士で厳しい練習ができれば、1人1人が成長してチームが大きく成長できることになる。
この経験をぜひ忘れないで、お互いにプレッシャーを速く、その中でどんどんプレーができるようになり、そして、素晴らしいプレーがどんどん出るようになれば、次は千里丘に勝てるようになるかもしれないよ!

28日の紅白ゲームは、大阪遠征帰りだったんだね。
だから、ワンタッチワンタッチに意識が入っていたんだ。

いい選手が育つのには、自分自身が目標や目的をもって努力することと、
レベルの高い、いい相手と試合することに、
そして、いい仲間(仲間意識があり、競争相手でもある)がいることだね。

いい練習をすることが、これから大きく成長する可能性を秘めている。
これからが楽しみである!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の夏の終わりに

2016-08-30 16:27:10 | トレーニング
土日とも同じグランドで各中学生のクラスがトレーニングをした。
厳密にいえば、土曜日は、U-15とU-14、日曜日は、U-15がやって、U-13、U-14であった。
私は、担当としてはU-15であるが、理由があり、選手主導のトレーニングをさせている。
ゲームをやる時間とメンバーは決めるものの、練習内容は、選手が決める。
といっても、キャプテンが決めているのだが。

U-15のゲームは、以前のゲームより、パスがつながるようになったと思う。
ゴール前での攻守両面とも良くない面は、まだ変わっていない。
攻めてもシュートができない。
サイドが崩してゴール前の選手に合わせられないとか、DFラインを突破して崩したが、シュートが打てない、シュートがしっかり当たらない。
守りといえば、DFが裏を取られた後、戻らない。
クロスが越えたら、立ってしまって、折り返されたらフリーである。
高いボールの間に、ポジションが修正できなく、かぶってしまうといったことがよくある。

U-14のゲームは、1人1人に意図するプレーがあり、パスをしてボールが回る、U-15よりボールが回るなと思う。
だけども、簡単なトラップ・パスミスが多い!
プレーに甘さがある。
目につくのは、素直にプレーすればいいところを相手の逆を突いてプレーをして、パスをしようとするので、タイミングが合わなかったり、リズムが崩れたり、つながらなかったりする。
たぶん周りの選手に合わせるのでなく、自分が何かプレーをすることでアピールしているのだろうが、いいプレーは、ワンタッチで出しても、早い判断でナイスプレーなんだが。

U-13は、日曜日でトレセンメンバーがいないということだったが、3学年の中で、一番ワンタッチ・ワンタッチのトラップ、ドリブル、パスに意図を感じた。よく見えてるな、よく感じているなという、プレーやパスがあった。
そして、1人1人のボールタッチ数が少なく、ボールが動いていた。
そして、素晴らしいシュートもゴールも多かった。
真剣な、いい声が聞かれた。

今年の夏が終わった。
この夏での遠征や強化試合で、いろいろな経験ができたと思う、これから始まる、公式戦に、そして将来に生かしてほしいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加