広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

100%楽しくサッカーをするのがVAMOSです!

2016-03-31 16:56:53 | コメント
私がサッカーを始めてから、練習をだらだらやることが嫌いでした。
人は、私のことを真面目というかもしれないが、集中して練習をしないと嫌でした。
いい加減にやるのは嫌いでした。
集中してプレーしないと自分は、練習した気持ちになれませんでした。
いつも真面目に真剣に集中して努力する人と練習をやりたいと思いました。
真剣にやらない選手とは、練習を一緒にやりたいとは思いませんでした。
力を抜くことが嫌いでした。
クソ真面目だったかもしれません。
でもそうしないと、練習をした気持ちにはなれませんでした。

私は、高校時代からサッカーを始めたということもあり、高校時代は、うまくない選手でした。
高校時代の仲間は、中学から始めている者が多く、うまい仲間ばかりでした。
私の1つ上の学年の大会が終わってから、紅白ゲームに出るようになりました。
それまでは、ゲームをしたことがなかったのでした。
それから、頑張って仲間に追いつこうとして、仲間に恥ずかしくないプレーができるように練習をしました。
サッカーは、なぜか夢中になって、技術を身に付けようと自分で努力しました。
うまくはないが、ただ夢中にプレーをしたのですが、県のベストイレブンに選ばれたり、サッカーの名門である中央大学に行けることになりました。
中央大学でも、全国から優秀な選手の集まりです。
強豪高校の中心選手が集まります。
ユースの日本代表もいます。
将来は、優秀な選手は日本リーグの所属チームに進む選手もいます。
そして、日本代表になる選手もいます。
こういったレベルなので、練習にも熱が入ります。
だけど、50人程が、1コートで2時間の同じ練習をして、シュート練習やゲームをするので、上級生やレギュラーが中心の練習も多くなります。
私のレベルでは、ウォーミングアップの走りながらのボール技術のトレーニング程度しかできませんでした。
全体練習の30分程度しかチーム練習はできなかったと思います。
シュート練習になると、ボール拾いが忙しく、ゲームになると、線審でした。
でもどんな時でも、力が抜けませんでした。
またしても、レギュラーになりたいという一心で、毎日少しづつですが、自主トレをしました。
そして、3年になってから、試合に出れるようになったのです。
この大学時代でも、上級生になって試合に出れない選手が多くいます。
試合に出る選手は、学年に関係ありません。
練習の中でも、真剣にやる者とそうでない者がでてきます。
レギュラーになるものは、真剣に取り組む、レベルの高い者と、トレーニングしないとモチベーションの違いがあります。
自分のレベルに合わせた選手とトレーニングすることは大事です。
一緒に競い合う仲間と切磋琢磨するべきです。

そして縁があって、永大産業サッカー部に入ることができ、日本リーグでプレーすることができました。
でも、ここでも競争でした。
ポジション争いと自分のサッカーのレベルを上げることの挑戦でした。

自分のために、トレーニングすることです。
チームの一員として、自分は何ができるかの挑戦です。
運動能力は大事です。
考える判断力も大事です。
状況に応じた応用力とそれに合った技術が必要です。
気持ち、精神的な強さと協調性も必要です。
そして、人にない自分の武器が必要だと思います。

だからこそ、人と一緒のことをしていては、レギュラーや上のレベルにはなれません。
仲間を押しのけてでも、自分が頑張るように、目立つように練習に取り組まないとレベルは上がりません。
プロになれる選手は、集中力や技術や判断力など最初から違います。
将来を目指している選手は、中学生年代から違います。
「意欲のない者は出ていけ」といつも思います!

最後に、我がVAMOSは、楽しくサッカーをしながら個性を育てて、将来プロになる選手も生まれる環境を作っているクラブチームです。
楽しくサッカーをするのに、大事なことは、100%楽しく練習することです!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーフタイム

2016-03-30 16:34:39 | コメント
昨日のコメントの中に、うちの選手は、ハーフタイムの自分の話を聞いているのだろうか?
ということを書きました。

今回の静岡遠征で、2日目の焼津豊田中での初戦のこの学校のチームと試合をした時のハーフタイムです。
私は、ベンチに選手を座らせて、選手と対面して話をしていました。
選手を見ながら話をして、顔を上げると、後ろで私の話を熱心に聴いている人がいたのです。
それも、聞き入っている感じがする。
どこかの指導者か?近所のおじさん?かもしれない。
静岡に来ると、こういうことがよくある。
さすがサッカーどころと感じる1つです。

また、次の対戦の試合相手の偵察で静岡に、試合をスタンドなどで観戦している時。
周りの人の試合中のヤジというか、観客の声が聞こえてきます。
パスをもらった選手に、何やってんだ、逆を見ろよ!
そんなところでそれはないだろう!失うなよ!
良いパスだ!
良い受け方している!
声出してやれよ!
そんなもんオフサイドになったらだめだよ!
GKペナルティーエリア出ているから、ハンドとれよ!
そんなのファウルじゃねえよ!
それはファウル流せよ!
と良いた言葉がスタンドの観客席から出てくる。
保護者だけでなく、観客も多いのだと思うが、ゲームの流れの声が聞こえる。
ゲームと一体となっている観客である。
的を得ている声がする。
さすが静岡という感じである。

うちの選手がベンチに入っている時、スタンドで応援している時の声はどうなんだろう?
頭でゲームを作っているのだろうか?
俺だったら、こうするのだが!
プレーの良し悪しを見ているだろうか?
どのように試合を見ているのだろうかと思う。

東海大会、さらに全国大会になると、ベンチも変わってくる。
ピッチの選手に激励するようになり、アドバイスするようになる。
一緒に戦っているようにのめり込むようになる。
こういう選手は、試合に出しても、素晴らしいプレーをする。
ピッチの選手への気遣いのない選手やハーフタイムで仲間のために動かない選手は、ピッチに立っても頑張れない選手が多い。
紅白ゲームの中で、仲間に取られたら、汚いファウルをしたり、ラフプレーに出る選手は、仲間意識が薄い選手が多い。
自分勝手な、人の意見を聞かない、自分の意見だけ言う選手も、協調性がない、チームプレーができない。
こういう選手も、いろんなことを経験から成長して、年がたてばいい選手になる可能性はもちろんある。

ベンチの選手から、レベルの高い声が出ていれば、チームのレベルは高いのは確かだと思う。
これも選手仲間の意識の高さだと思う。

VAMOS創立当初に、クラブ全国大会が長野県の白馬村である時に、3回出場したことがある。
その白馬村で行われている時は、山道があって、いろんなところに会場があった。
ベンチでハーフタイムを迎えることになる。
そして、ベンチの近くには、観戦している人やスカウトがいる。
ベンチでの声やハーフタイムのやり取りが、周りの人にもわかることになる。
対戦相手や試合状況に於いてハーフタイムの内容が変わる。
私が心掛けるのは、後半の戦い方を伝えようとしている。
前半押され気味であったのが、後半からは攻めに転じて勝ったとか。
前半と全くゲーム内容が変わり勝ったことも何度かあった。
このまま行けば、今日帰ることになるが、戦争の話しから、選手が頑張り逆転する。
といったことがありました。

これも選手が、私と一体になって、話を聞き入ってくれて、選手が頑張った結果で良い成果が出たのだと思います。
選手をやる気にさせるのも、指導者かもしれません。
選手と指導者が、一体感が持てれば、ハーフタイムからチームが変わることもあるかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い仲間から良いサッカーが生まれる

2016-03-29 16:37:08 | コメント
3月26・27日、静岡遠征に行きました。
その2日目の27日のことです。
グランドの隅っこにある野球のバックネット裏にトイレがありました。
その男子トイレの中には、張り紙があって、細かい字で、強いチームと弱いチームの違いということで、一項目づつたくさん書いてあった。
たとえば、弱いチームはあいさつができない。強いチームは、あいさつができる。
弱いチームはあいさつの声が小さい。強いチームは大きな声であいさつができる。
弱いチームは仲間の団結心がない。強いチームは仲間の団結心がある。
弱いチームが元気がない。強いチームは元気がある。
といったようなことが、ずらっと書いてある。

トイレなので、入れ変わり立ち変わり選手たちが来るので、全部を読んだわけではないのだが、単純な言い方で、強いチームと弱いチームの違いが書いてあり、面白かった。

今のうちのチームに、強い要素がどれだけあるだろうと思ったのである。
うちのチームは、強いのだろうか? 弱いのだろうか? と考える。

静岡にいる昔の永大時代の同僚が、草薙での2試合と焼津南中での藤枝東との観戦に来てくれた。
初日の試合を終わった後に、同僚が言った言葉は、チームじゃねえ!仲間意識がねえな!
練習に入る前とか練習の時は、楽しく良い仲間で良いチームだなと思ったが、ゲームになると、全く仲間意識がねえな。
パス1つにしても、仲間のことを思ってねえ。
助け合いがねえな。
VAMOSには、今まですごい奴がいたが、そういう奴がいねえ。
チームを引っ張る奴もいないな。
誰か頑張る奴がいたよな。
VAMOSには、ちょっと力がなくても真面目に頑張る奴がいたよな。
うまくない奴が頑張るから良いチームだったんだがな。
そして、ボールしか見ていない。
次を考えていないな。
コーナーキックの守りでは、誰もボールにいこうとしない、俺がやるといく奴がいない、あれでは、入れられるな。
ハーフタイムでも、ポイントを付いた話をしているが、選手は、お前の話を聞いているのか。
後半になっても何も変わらねえ。
選手に前半のプレーに、点数をつけることは、いい勉強になったよ。
お前の点数はこれだけしかやっていないんだよと言ってあげれて、分かりやすくていいな。
そして、そうか、このチームが、U-13リーグでエスパルスに0-10で何もできなかったチームか、じゃあだいぶ良くなったな!
といったことを話していた。

1日目より、2日目のゲーム内容は、良くなった。
1日目に話した、ベンチにいて、自分だったらどうするか、ゲームを頭で作れ!ということをベンチでもミーティングでも言ったが、頭の訓練をしろ!
ということを言いた。自分のアイディアが生まれることと、仲間にこーチィングができると思う。
この遠征での大きな課題としては、逆サイドを見ること。
体の向きと首を振ること。
レベルの高いチームとの対戦になると、プレッシャーが速くなる、その瞬時の判断が必要となる。
うちのチームの欠点は、後ろ向きの人にパスを出す。
後ろ向きでボールをもらう選手が多い。
ボールをもらうことしか考えない選手が多い。
そして、出す方も、顔を見ただけで出す。
顔が合うと出す。
声がかかると出す。
自分の判断がなく、ゲーム状況関係なくパスを出すのは、危険であることを知ってほしい。
ミスをした、相手に取られたら、誰の責任になる。
出した人が悪いんだよ。
こういうことだから、チームを引っ張れる選手がいないんだよ。

藤枝東には、DF陣がきれいに崩されたよ。
これは、いかに反省するかが大事だと思う。
その場面での対応を考えないといけない。
どうしたらいいのか。
守りの判断力が大事である。
その当事者が話し合うことが必要であり、全員が知る必要もある。
私はいい勉強をしたと思っている。
サッカーの攻守を考えることは、いいことだと思う。
そして、突破での相手のうまい動きとプレー振りに、ゴール前の選手の入り方を我がチームの攻めにも生かしてほしいと思う。

また、同僚との話で、仲間意識ができて、1つ1つのプレーのつながりができれば、まだまだいいチームになると思っている。
見違えるような、いいチームにしますよ。
このチームが全国大会出場するように頑張るから見ていてよ!
という話をしました。

今回の静岡遠征は、この日は、東海リーグの予備日となっていたので、東海リーグがあってもという想定でいましたので、15名ぐらいの予定でいました。
残念ながら、3年生の中に、行けない選手がいました。
でも練習に、全員参加して、いいトレーニングをしたということを聞きました。
担当コーチも、この子たちは成長していると確信できたと聞きました。
これから、静岡遠征に行った選手と良い競争をしながら、遠征に言った仲間も、行って経験したことを生かして、さらに、良いチームになるように努力してほしいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勝ちたい!

2016-03-25 17:56:20 | コメント
東海リーグが始まって、VAMOSの選手を見ていて、こんなことを感じる。

試合は、勝負である。
勝つか、負けるか、リーグ戦では、引き分けがあるが。
勝ちたいから、攻める。
負けたくないから、守る。
プレーも、勝ちたいから、相手を抜く。
点を取って、勝ちたいから、シュートを打つ。
1対1の勝負でも、相手に勝ちたいから、相手を抜く、突破する。
ヘディングの競り合いでも同じこと、相手に勝ちたいから、競り合いに勝ってヘディングしようと思う。
ボディーコンタクトも、競り合いに勝ちたいから、強いあたりになる。
1つ1つのボールプレーでも同じことだね、勝ちたいから味方に、つなごうとする、有効なパスを出そうとする。
そして、相手の逆を突いたり、裏を付いて、チャンスボールを出そうとする。

いろんな勝負をかけてプレーするんだと思う。
ところが、マイボールを、自分のミスで相手に渡す。
判断の悪さで、キックミスから相手にパスしたことになったりする。
また消極的な気持ちから、ミスをすることがある。
または、頑張り過ぎて、突っ込み過ぎて、ミスをすることもある。
頑張って、精一杯プレーして、ミスをすることがある。
誰から見ても一生懸命プレーしているが、パスを相手に渡すことが多かったりする。
ヘディングをしっかり当てようとして、ジャンプするが、後ろにそらした、相手に渡したということもある。
読みが良くて、相手のボールをインターセプトして奪ったのだが、相手にパスをする。
そのインターセプトのトラップが大きくて、また敵に取られた。

一生懸命プレーすることはいいが、相手にパスをしたり、相手のチャンスになっては、努力の甲斐がない。
こう言うのを「苦労が水の泡になる」とか、「努力が空回りする」、「努力が無駄になる」という言い方をするのだが。

サッカーのことで言うと、頑張っているんだったら、敵にやすやすとボールを渡しては、もったいないよな。
頑張りが足りないのかな?と思う、やはり頑張ってボールを奪ったら、しっかり味方につないで、本当に頑張ったことになると思う。

ここまでやってこそ、よく頑張ったと言えるのではないかと思う。
“プレーの質”は、ここができるかどうかだと思う。
個人の意識の強さ、かもしれない。
これが、選手の質というものだと思う。
意識がしっかりとはっきりしたプレーをする選手であって、魅力のある選手であり、できる選手が優秀な選手だと思う。
これは将来の選手像であっていいのだが、プレーの基本的な要素は、今から必要だと思う。

私自身も、始めた高校時代から大学時代と、永大に入った頃までは、私のことをうまい選手だと言ってくれたことはなかった。
本当に、永大時代の最後の2年間ぐらいだけ、チームの中心として、プレーできただけなんだけど。
この時には、相手の選手が来ても、怖いと思わなくなり、敵がいるからどうしてプレーしようと思うだけで、ボールを失うこともなく、1試合中にパスミス、プレーミスを1回もなかったことがある。
自分でもパーフェクトだったと思う時もあった。
こういうプレーができる時は、まず、自分に自信があるからできたのだろうが。
これは、その年代の時に、自信を持ってプレーをすればできると思う。


俺がゲームを動かしてやるぞ!
俺がゲームを作るんだ!
俺がチームを動かすんだというような気持ちと役割を持つことが、自分の意識を強くできると思う。

誰もが、
ミスをしたくない。
パスを味方につなぎたい。
敵にボールを渡したくない。
と思うと思います。

ミスをしたらどうしようという気持ちでは、プレーしたくない。

これからは、敵に渡さない、敵のためにプレーしないという、責任感を持つようになれば、敵に渡すケースが少なくなると思う。
勝ちたいという気持ちの現われが、ミスをなくすと思う。

VAMOSの選手は、頑張りどころで頑張れる選手に成長してほしいと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームでの初戦 VS ジュビロ磐田

2016-03-23 16:56:35 | ゲーム
東海リーグ第3節 VS ジュビロ磐田U-15 岐阜島西グランド 12:15

     岐阜VAMOS 1 (0-1)(1-2) 3 ジュビロ磐田

           得点:K.M

                1  SH  7
               40  ボール 60
               45  ゲーム 50

メンバー:F.I 4.5、G.I 4.5、R.K 4.5、H.K 4(60分 R.N 4.5)
Y.S 4(65分 Y.M 4)S.S 5.5、D.T 4.5、K.Y 5(65分 K.M 5)
N.Y 4.5、T.R 6.5、Rク.M 4.5

ホームでの初戦となった、ジュビロ磐田戦!
選手の関係者に、中体連の選手たちと観客が多い中でゲームができた。
その中で、このリーグに入って、一番良いゲームができた!

ゲーム内容としては、後ろのDFが落ち着いてしっかり守り、ショートパスでつないだり、ロングパスで一気にトップにあずけるプレーがあり。
中盤では、自分から動き、パスを受け、組み立ててゲームを作り、相手DFを崩すパスが出かけていた。
前線もパスを受け、パスを落とす。最初はマークが厳しく、つなげなかったが徐々につながるようになる。
ヘディングの競り合いにも勝てた。
だが、最終的には、シュートは打てなかった。
相手を崩す、最後のコンビネーションがなく、個人能力での突破もできなく、シュートまでいかなかった。

セットプレーのコーナーキックから前半に入れられ、後半に入りすぐに、サイドで食いつき過ぎからクロスを入れられ、ゴール前でゴールに向かって守ることで、オウンゴールをすることになる。
その後、少しの注意不足から、影響のないハンドを取られ、PKとなり、3失点をする。
崩されて失点したのではなく、なんとかなる失点だったので残念である。
だが、最後のコーナーキックから、こぼれ球を押し込んで得点できたのは良かった。
だが、ジュビロのDF陣は強かった。
ここというところのプレーは、体当たりをしてでも、体を張って止めに来る。
あの迷いもなく、勇気と決断力のあるプレーはうちの選手にも学んでほしい。

今日のゲームでの、T.Rの存在は大きかった。
DFラインでは、予測があり、どこにでも顔を出してカバーができた。ボールプレーに安定感があった。T.Rが入ったことでDFが落ち着き、攻めにつながった。

中盤では、全員良かったが、特にS.Sの運動量と、ボールによく絡み、予測と狙いがあり、精力的だった。
パスの精度を上げるように、そうしないとチームにチャンスが生まれない。

攻めのゴール前で、相手を抜いてシュートが打てるように、個人技術を付けてほしい。

DFサイドの守りの判断力と、相手のクロスを上げさせない守りに、攻めのクロスが良くなれば、チーム力が上がるだろう。

コーナーキックの失点について、大きくクリアーができること、こぼれ球に突っ込む勇気、体に当たればヒーローになるんだ。

失点3点とは、非常に残念な結果であったが、今までの中では、攻めるというゲームの流れができた。
これは、VAMOSにとっては、大きな成果である。
チームの成長を感じる。

私としても、今までにないチャレンジした。
自分の考え方を変えて望んだ。
まず、メンバーの入れ替えをした。
2日前の卒業生を送る飛翔会のゲームのメンバーと前日練習からも入れ替えた。
このチームの将来を考えて、育ててきたメンバーを変えた。
今一番のベストはどうなんだろう?
シーズン入って、それもこの試合から突然変えることはどうだろうか?
自分のVAMOSでの監督として、今まで指揮をしてきて、初めてである。
だけど、全国大会などのハーフタイムでは、相手によってゲーム運びを急に変えようとか、相手チームによっては、システムを変えて、戦ったことがある自分にも勇気をもって、今日のメンバーにした。

あっと驚くメンバー発表だったこともあるかもしれない。
このゲームが良かったことの要因は、試合前のミーティングでの、選手の真剣なまなざしががあったことだ。
真剣に、私の話を聞こうとしていた。
話をしながら、選手の真剣さが伝わり、うなずく選手も多くいた。
選手にやる気を感じた!

突然のメンバー交代にも対応できる、選手の意識があったことが、今日のゲームの出来が良かったことになるだろう。
今日のゲームも、お互いのコーナーキックからの失点得点ということで言えば、1対1の引き分けのゲームであったと思う。
とにかく、負けたのは何と言っても悔しい!

島西グランドを中体連の行事の間に、試合をするということなので、チーム全員の協力が必要である。
あわただしい中で、チームの仲間は、自分の立場で、協力をしてくれた。
そして、試合に出る選手も、チームの代表として、ジュビロと戦ってくれた。


選手の真剣なまなざしを感じることができたので、試合だけではなく、練習の時から、真剣さが出れば、このチームは変わるように思う!

今後に期待ができる!








コメント
この記事をはてなブックマークに追加