U-13リーグ

2016-10-13 16:41:20 | コメント
VAMOSの県U-13リーグの初戦が、10月10日にあった。
対戦相手は、RISE UNITEDというチームとの60分ゲームである。

私は、担当のスタッフから聞いたことからの推測ではあるが。
前半は、5-0、後半は、2-0の7-0という結果である。
スコア表には、シュートが、前半11本枠内が7本、後半14本枠内6本である。相手のシュートはなかった。
交代選手は、前半28分1人、ハーフタイムに、1人、39分、45分、48分、50分、54分と1人づつ交代した。

こういう一方的なゲームの中で、起こりがちなことがある。

ピッチ内の選手が、力を抜いてプレーし始めることである。
試合中なのに勝ったという気持ちになり、遊び始める。
相手を馬鹿にするような、ふざけたプレーをする。
ボールを必要以上に持ったり、ドリブルが多くなりパス出しが遅くなる。
走るところを走らない。
判断が悪くなる。
戻らない。
競らない。
守りをしない、守りが弱い。
クロスをやめる。
シュートを素直に打たないで、浮かしたり。
などといったプレーヤーとして、やってはいけない甘いプレーが出てくることである。
ゲームは、勝てればいいのではない!

君たちにとっては、ゲームはこのゲームだけではない、これからいろんなゲームが始まる。
これからの県13リーグ、東海参入リーグ、そして、東海大会、全国大会、そして将来には、いっぱい試合がある。
将来ある素晴らしい選手が、将来の妨げになるようなプレーと精神を覚えては絶対にいけない
点差がついて、勝ちゲームであっても、力を向いて、遊ぶようなプレーをすることは、VAMOSの選手であったら絶対にやってはいけない。
VAMOSチームは、全国に知れ渡っているチームです。
誰が見ているかわからないんだよ!
注目されるチームなんだよ!
どんなゲームでも、力を向いた、みっともない、恥ずかしいゲームをしてはいけないことを覚えてほしい。
そんなプレーは誰も評価してくれない。
君たちの成長にとっても、妨げとなり、悪影響である。
ピッチにチームの代表として、ピッチに立つ以上、自分の最大のプレーを出し切ることである。
そうでなければ、ピッチから出ることである。

サッカーの成長の途中である君たちは、サッカーというスポーツを純粋にもっとうまくなりたいという気持ちを忘れずに努力をしてほしいと思う。

VAMOSチームを誇りに思って、ピッチに立ったら、頑張って精一杯プレーをしてほしい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”神の声“は、センターDFだ... | トップ | 個性を出せ‼ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。