New Horizon

~紆余曲折の日々の中で...

本日の百条委員会

2017-03-20 | 報道/ニュース
本日の百条委員会を見てみましたが、的を射るような質問もなく、ほとんど新しいことはありませんでした。

TVや新聞では、ベンゼンが基準値の100倍程度含まれているので、「安全や安心が確保されない、環境基準値以下にするといった約束を反故にする積りか」などと云っています。野党や小池知事も同じようなことを云っています。

地下水の汚染については、専門家は、一連の分析結果を踏まえ、「市場を稼働させても安全だ」と云っています。

専門家の云っている「安全」だというのは、地下の地層分布、地下水の流れ、汚染物質の種類と有害性、HotSpot(土壌)の位置と濃度、汚染物質の敷地内分布、地下水の用途、処理などを総合的に判断して、安全宣言をしたのだと考えられます。

メディアの話を聞いていると、非常に小さな論点をクローズアップして、皆の不安を助長しているようにも感じられます。

「安全」は、ある程度数値でリスクの判断ができますが、「安心」については、客観的な判断基準がないので、どのように決着をつければ良いのでしょう?あるグループは安全だと云います。しかし、何か魂胆があって、騒動を起こしたい分裂させたいというグループは、いつまでも「不安」を装い続けます。

自民党の若い都議が質問をしていましたが、豊洲市場と築地市場のリスク比較、つまりリスクアセスメントをして見ればよいのです。お互いのリスクを比較考量して、リスクの小さい選択肢を取るべきです。ここでいうリスクとは、汚染だけではなく、安全性、利便性、機会損失の補償の問題、都市としての評価など、多面的な要素を取り上げ、リスクを総合的に捉えるということです。

個人的には、今のような状態が今後も続いてしまうことに、何らの優位性はないと考えますが...




『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲の再調査で、環境基準の... | トップ | アメリカ人の小池「防衛大臣... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。