黒ラブのsurf-fishing

主に砂浜からのキスの投げ釣りを楽しんでいます。
釣り歴4?年ですが未だに上達できず、あれこれと試行錯誤しています。

10/15・シマノJC湘南A&16日・三四軒屋

2016-10-17 06:30:00 | 投げ釣り
15日はシマノJCで大磯へ

家を出たのが3時半頃。沼津のICから秦野中井で降りて中井PAで一休み。駐車場の開場が5時からなので

それに合わせてのんびりと。

5時過ぎに駐車場へ入り、知り合いと情報交換や原ボーから頼んであったジャリメとチロリを受け取る

6時前から受付が始まり、封筒を引っ張ると71番。まあまあのスタートかなと思いヤレヤレ

1年前のブログを見るとその時良かったのは葛川方面との記載で、今日はいつもの場所から少し歩こうと。

歩きだして暫くすると後ろから声を掛けられ振り向くとN中さん。

話をしながら歩いて行くと、辿り着いたのが地引網を二つ通り過ぎた通称幼稚園下。

葛川方面には人だかりが見えてかなりの密集状態のようだった。周りには自分の左側にN西さん、tamunyさん、

右側に原ボー、才次郎さん、N中さんという面々。スタートして周りの様子を見ると

皆、波口狙いのようでチョイ投げの人達ばかり。2色位投げてじっくり手前まで引いてきてアタリを待つような

釣り方で、見てるとピンギスが蓮で釣れてきていた。自分もそれに倣い2色から1色をゆっくりと攻めると4連

しかし、それから後が続かない。偶に単かダブルで数を稼げず10時前に15cmクラスを1色の中で上げて終了

25分かかって本部へ到着。検量して貰うと116g。1回戦のボーダーは121gで5g足らず、良くある事。

2回戦進出のメンバーを見ると自分達より50~100m程西へ歩いた所で釣っていた人達が何名か入っていたので

場所的には悪くなかったのかも・・・。

葛川の手前は一般の釣り人と合わせて相当混雑していたようで、途中釣れてる情報で原ボーが向かったがやる場所が

無く戻って来た。確かに葛川の手前から戻って来た人達は結構釣ってたようだった。

翌16日は残りエサを持って三四軒屋へ

駿河サーフのI田さんの車を見つけ電話して場所を確認すると駐車位置から少し富士川寄りとのこと

正面はルアーマンが入っていた為、それを避けて西側へ入ったようだ

正面


左側


右側


何処でアタッたか判らないピンギス、見えるかな?


海は悪くないけれど昨日の大磯より釣れない。大磯の釣りの延長で力糸の手前まで探って来るとイイアタリでこれ


続いてこれ


さらにこれはボラ


あまりのアタリの無さと釣れてくる魚に飽きが来て10時頃納竿

次は23日の渥美サーフさん主催のリブキスへ参加予定。このごろ夜明けが遅くなり早く家を出るのが億劫になって

来たので、原ボー、松ちゃんと相談の結果22日から素泊まり民宿利用で前乗りし、渥美半島の基部から釣り始めて

前日最後にFP前で竿出しの予定だが、22日は予報が悪そう。







『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/2・富士入道 | トップ | 10月22/23日・渥美サーフ リ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。