銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

「B-T DATA」届きました!

2013年03月30日 21時33分45秒 | BUCK-TICK
ども。今日は寿々の土曜休みでかつ自分が自由に使える時間も戻ってきたのですが、いきなり自由を手に入れても自分の事を考えずにぶっ続けで働いてきた人間には戸惑いも大きかったのでとりあえず、リセットする意味で家でゴロゴロしてました(暇になったのと同時に都合のいいタイミングでお客さんが来たものあり、お腹がダルかったのもあったが・・・・)

しかしゴロゴロしている間も頭の中はBUCK-TICKの事でいっぱいと言いますか、

「相変わらず会報67号は届く気配は無いし(某所ではもう届いた!なんて報告の書き込みがあったけど、公式HPではまだ発送の告知がされてない・・・・どゆ事?)、B-Tの公式Web以外で注文した人達の元には続々と「B-T DATA」到着の知らせが届いているのになんでウチは遅れているのか・・・・」

と色々考えていたら夕方になって商品到着

メンバー・スタッフのインタビューの感想は後でじっくり読んでから書くとして、今日は特集コーナーの感想を♪

まずレアグッズコーナー、ステージパスはほとんどがモノクロor2Cでデザインされているのが興味深いと言いますか、個人的には黒+赤+白(地の紙の色)で構成されたシックなデザインのが好きです。05年のDIQ&TOUR DIANAの少年少女がメインになっているのや、去年の対バンツアーのキノコが可愛い

90年の「TOUR 5 FOR JAPANESE BABIES」のはステージ写真がそのままPASSになっている珍しいデザインですな

そしてツアーパンフ。私も左上のd.t.dのは一年前に古本屋で購入しましたが(12年2月13日の記事参考)、10年前まではみんなB4&大きな正方形サイズが主流で保管が大変だったんだよな~。あの大きさは大物バンドと言う事でイバリが聞くサイズだったんだけど

今はA5サイズが主流で持ち運び&管理が楽ですけどね(値段は変わんないのですが)

次にクルージャンパー。掲載されているのは00年のO.L.O.Dの時のまでだけど90年代は丈短めのブルゾンタイプが主流なのが時代を感じさせますね

その中でd.t.dの灰色のパーカーは異彩を放っていると言いますか、今はすっかりパーカータイプが主流だけど(メンバーもリハ中のオフショットでよく着ていますよね)

あとモノクロのみでの紹介が残念だった過去のチラシ類のコーナー。最初期のB-T CLUBのFC会報の紙面は手書きでかつ「発売だィ!」とか「え~え~い!!」とかの単語選びのノリが80年代って感じ

さらに読み進めていくと2ndトリビュートにてジャケ描いた上田 宏先生の書き下ろし4コマ漫画が掲載されていますが、オフィシャル出版物なだけあってウチのとは違ってまともな内容だね。メンバーはそれなりにカッコ良く描かれているけど、過剰に美化しない所が男性作家だな。猫の背中に張られているバクチク現象のステッカーがw

そして、個人的に嬉しかったのが「The Photograph In Question」の再録!

いや~っ、実はVol.3掲載までは雑誌買っていたのですけどフェス終了後もこのコーナー続いているとは知らなくって残り2回は見逃してしまったのですよね

気になるのは第4回のヒデの放送禁止用語がプリントされたトートっつーか、こんなの外国人の多い銀座や六本木で持ってたら絶対ヤバイって。・・・・なんか最近のヒデってステージ衣装からプライベートの愛用品に至るまでチョイ悪趣味テイストなのが多いよな。「優しさ自然体」に対する反発か?

あと第5回のニャンコに白い恋人押し付けるあっちゃんが可愛い。これすっぴんだよね?

「あつしちゃん、また太っちゃう」って・・・・www



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワインや映画チケットもいいが会報は?

2013年03月28日 21時47分51秒 | BUCK-TICK
どもども~。お寿ぶりの、輪迦です。昨日付けでやっっっっっと地獄の年度末進行から開放され、今何とも言えない気分に浸ってます

正直毎年の事とは言え、毎日毎日帰宅が夜の9時10時で夕飯もロクに取れず家には風呂と寝るだけのために帰っていた様なもんだしあまりにもヘトヘトすぎてパソコンも触る気も起らず・・・・櫻は例年より早く咲いちゃうし

そんな毎日の私の心の支えは「年度末を無事終えればBUCK-TICKのFC会報が読める!!」だったのに毎晩ドキドキしながら玄関を開けてもアノ灰色の封筒が・・・・届いてない!!

ちょっと待て、ちゃんと年末に更新手続きはやったし(私は春号が新年度の始まりなので毎年この号が無事届くかどうか心配なのです)FISH TANKメールはダイレクトに届いてるしまさか、ン十年加入してて初めての郵便事故って・・・・奴!?

心配は身体に毒なので早速公式HPにアクセスして調べたら、なんと!今日の時点ではまだ発送すらされていない事が発覚!!

・・・・・例年だったら3月の第三木曜・金曜あたりに発送されてウチに着くのは翌週の月曜か火曜なのになんで今年は動きが全然ない訳!?

会社帰りにケータイを覘けばやれオリジナルワインの発売だの特典付きのオリジナルデザインの映画前売りチケット発売のFC経由のメールが連日届いていますけど、ハッキリ言って今現在の会員の最大の関心は会報67号は一体いつ発送されるのかだと思うな

発送が遅れている原因は多分あっちゃん(櫻井敦司)の誕生日ライブやら3・11のチャリティーライブなど特別なライブが重なったから編集作業が遅れているとか多分そんな事なんじゃないかと睨んでいるのだが・・・・

このブログをを見ているFCスタッフさん(いるのか?)、オリジナルグッズの販売メールもいいですがFC会報がいつ発送されるのかも早く公式HPにUPするかメールで連絡して下さい!お願いします!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3・3B-T@TDCホールライブレポ・参

2013年03月17日 21時25分56秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日は貴重な休みを利用して3・6~3・11までのBUCK-TICKのライブレポをネサフしていたのですが、3・7の櫻井敦司バースディセレモニー(ケーキにハグに花束と内容も豪華!)はともかく、3・11のチャリティーライブは下からせり出すリズム隊に夢宙&元気になれる曲&しんみりする曲の程よい選曲にラストは「SEXUALXXXXX!」+銀テープとDIQに匹敵するほどの演出&セトリとマジでチケット取らなかった事が悔やまれるほどの素晴らしいライブだったみたいですね

なんかどっかのブログではチケット持ってない人達も会場外に沢山いたとの報告があったけど、私もオペラ持っていたら無謀にも日本青年館へ駆けつけていたかも知れないな

早くも音楽サイトでは3・11のステージ写真がUPされていたがパツ金から綾波レイへ鮮やかな変身を遂げた今井先生はともかくヒデは最後も総スパン・・・・ギンギラ路線はいつまで続くのかな(正直服をギンギラにすんだったらメイクもド派手にしないとバランスが悪いっつーか、宝塚歌劇の衣装借りて写真取れるサービスの素人じゃないんだからさ)

あと思いっきり黒木香(年がバレるぜ)状態だった3・11のあっちゃんと寿記で思いっきりブレてたあっちゃん。寿記に写真載せたきゃ5万円なんて強気だったけど、このブレ加減じゃ「3万5千円にしろ」なんて先生に押し切られたりして

前書きはコレ位にして、今日でやっとひな祭りライブのレポは完結です↓

「夜想」「SANE」「BOLERO」「ミステイク」と続いて本編ラスト1曲前の「CLIMAX~」では曲前にあっちゃんが「それじゃ今井さんヨロシク、ヒデもヨロシク、ゆうたもヨロシク、アニィもヨロシク!みんなで盛り上がって下さい!!」と各メンバーに呼びかける場面が☆曲後半ではあっちゃんが上手に来て「We Love all~」と客席にマイクを向けたりして

上手端から斜め方向から見ていたこの日はAメロの今井先生のキュートな腿上げステップが見られて良かったですわ。悪質なファンに追いやられてもメゲない私wラストは「夢見る宇宙」でシメ!

EN1は「ラプター」「禁じられた遊び」「Ash-ra」。

個人的に真近で見る「禁じられた~」はどんな感じなのかと気になっていたのですが、「お母さん・・・・」と何度も呟くOPから間奏で倒れる定番のフリ、そしておもむろに立ち上がるや首を左右にブンブンと振るなり「ありがとう、さようなら」の所で静かに腕を伸ばすなど、立見で近寄ってみると演者の「痛み」がダイレクトに伝わってきて思わず胸がキュンとなる

ラスト、アニィのドラム台前に座ってギターを弾く今井先生の側にさりげなく座り2ショットを決めるあっちゃんが可愛かったw「Ash-ra」では「踊りましょう~」とか言ってたっけ!?

EN2では「スパイダー」「君のヴァニラ」「独壇場Beauty」。

「スパイダー」は出だしのギターソロを決めるヒデを黄色いスポットが照らし、あっちゃんはいつの間にか持ち出した黒のロングコートをマントの様にバッサバサ!

蜘蛛と言うよりは蝙蝠ですがな

「ヴァニラ」ではS●Xと呟くと思ったら、今度はアニィにピンクのピンスポが当ってプッw敦がクネクネしている前で座ってギターを弾く先生の絡みがステージ中央で炸裂

あとなんかの曲で敦がステージ上手の赤いフットライトに顔近づけてた時に目が合っちゃった気が(妄想)それと上手に来た際に端っこの可動ライトにてお尻に真っ赤なピンスポ当てられてお猿のお尻みたいに見えたのにはプッw

ここであっちゃんのMCについて触れると

「ツアーはしんどい×2と言っているけど終わりとやっぱり寂しいもんですよ・・・・なんか普通のMCみたいだね」

・・・・って普段うわ言の様なノリのMCが多いのに、急にまともなそんな事語られてもファンはどうやって受け取っていいのやら・・・・

そして

「言っておくけど今まで嫌だなんて一度も思った事がありませんからね。書かれる前に言ってやる!」

あっちゃんはかつて「匿名のWebなんて大っ嫌い!」発言を雑誌上でカマしていたけど、ライブでもこうもハッキリ言うとはやっぱり随時気にしているのかな~

大トリの「独壇場~」ではおとなしかった上手端の方達もいきなり大暴れしだして驚いたと言いますか、丁度私の前には良さげな1人分のすき間があったのだけど後ろからいきなり一人の女子が踊りながら隙間へ強引に入っていったのには驚いたな~。実は私もソコを狙っていたのだけど、何分押しが弱い性格なもんで・・・・トホホ

最後はゆうたが昨日と同じくヒデのマイクで「ありがとー!」と挨拶していたが声がかすれ気味だったのが残念。一体どうしたのだろう?

と言う訳でコレでひな祭りレポはお終い。今度は今月下旬に発送されるFC会報と「B-T DATA」のネタでお会いしましょう・・・・と書いておく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3・3B-T@TDCホールライブレポ・弐

2013年03月15日 22時04分50秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。前回のレポではBUCK-TICKのライブのチケットを取っていない日に限って仕事が早く終って悔しいと思わずぼやいてしまいましたが翌日からは毎晩帰宅が22時近くの日が続き、アレは貴重なアフター5だったのかとちょっとしみじみ(今日は明日仕事なので早く帰れました)

写真の猫二匹は前のブログに載せたヌシ殿と同じ公園にいたコ達ですが、白茶のコは多分ヌシ殿の兄弟。しかし、コッチの方がスリムでしたね(尻尾もアリ)

あと公園内では昼間っから剣道着を着たお爺さんがひたすら「突き」の練習に励んでいましたが毎回稽古で突いている(!?)ケヤキの木の幹の一部分がボロボロになっていたのには驚き。ひょえ~

B-T以外の話はコレ位にしてレポの続きを↓

「キラメキ・・・・」の次は思いムードを吹き飛ばすかの様に「スケルトン」!

同曲ではまたもや今井先生が上手に駆けつけてくれましたが、この日は噂の腰ミノルックをじっくり観察できて感激☆ボトムスはグッズでもおなじみGTR模様のレギンス着用でしたがアレ特注かな?寿々のパツ金ショートは若手V系にいそうな感じ

あと今回の衣装はよく見るとホールのベージュのノースリーブと同じデザインなのね。色がグリーンに変わっただけで

レギンスと言い、腰ミノと言い、先生の衣装センスは年々過激・・・・いや景樹になってくな~

あっちゃんも後から上手に来て片ひざをつき、両肘を内側に曲げて両手指をピロピロさせヘイカマ~ン♪なポーズを取っちゃうしwww

そして「エリーゼ」へと流れてMCへ。

この日はひな祭りなのもあり頻繁に「ひな祭り」と言うワードをMCで取り上げていましたが、最初にひな祭りの事を話した際にあっちゃんがずっと両手でお腹をさすっている手つきが私的にはど~しても気になってしまったと言いますか、

「ひな祭り=女性のお祭り=お母さん」

からの連想なのかアノ手つきはどー見ても妊婦さんが大きなお腹をさすっている風にしか見えなかったよ。ちょっと生々しいか?

一人で困惑しているのをよそにFC限定ではアンコでのお楽しみの「人魚」が早くも登場!!

ヒデは軽やかにターンし、客席を眺め、双眼鏡ピロピロと大忙しの一方であっちゃんは手拍子しながらステージを散歩していましたね

ヒデのパフォもいいがこの曲は敦の手ブラぴろぴろがたまらん。やらしい

「人魚」の次は「ONLY YOU」だったのだがCOSMIC~のセトリでは2曲とも案外出番が早いので戸惑いながらも一生懸命ノリまくる私。ヒデはまたもやサビで両腕バンザイでギター放棄

この日も前日と同じ私的ベストポジションで見ていたのですが、昨日と違うのは立見ゾーンがなんとなく殺気立っていて私の真横では両腕上げっぱなしのチョココロネ女(お団子を頭のてっぺんではなく斜めに結わいているのでシルエットがチョココロネ風に見える事から命名)が常に小刻みで私の方にジリジリ寄ってくるわ、避けつつ曲に合わせて拳を上げたら最前の茶髪女が「触んないで!!」と言わんばかりに怒りオーラを発して振り向くわと正直八方ふさがりで全然楽しめないので、しかたなく「Lullaby3」前にて上手端のスカスカ地帯へ泣く泣く戦線離脱しましたわ

上手端ゾーンでは信じられない位お客とお客の間が空いていておしくらまんじゅう状態で見るのが箱ならではの楽しみと思っている私としましては何とも物足りない感じだったと言いますか、ここら辺で見ているコ達はほぼ立ちっぱなしでステージガン見していたりとアクションも大人しめ。私は密集ゾーンと同じノリで騒いでましたが、端っこゾーンではおとなしく見ろと言う不文律でもあるのか?あっちゃんは曲始まる前に「ようこそ・・・・」とかなんやら客席に語りかけていたっけ

次の「絶界」では「分身さん」に顔寄せてキスしたりラスト、傾けて抱いたりと去年8月のアニィバースディでのISSAYさんとの絡みを思い出しましたわ

そしてまた「愛を込めて、残骸」。以前私はシャワーの中に入るとアクションが制限されるのでイマイチと評したがあっちゃんは腕をまくってシャワーに両腕をつっ込んだり、のけ反ったりと制限された動きの範疇でせいいっぱい曲中の人物を演じているのがとても良く伝わってきて素晴らしいなと思いましたね

そろそろ肩が痛くなってきたので、続きはまたこの次



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3・3B-T@TDCホールライブレポ・壱

2013年03月11日 22時16分51秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。東日本大震災から早2年。BUCK-TICKは今夜日本青年館にてチャリティーライブでしたが、社会的な名目を掲げた初めてのライブははたして盛り上がったのでしょうか?

私は仕事柄残業が多い時期なのでチケットは取りませんでしたが、こんな日に限って早く仕事が終わり貴重なアフター5だったのにもかかわらず正直複雑な気持ちになりましたね。今から書く3月3日のライブで未練は断ち切ったと思ったのに(都内勤務だから余計に悔しかった)・・・・と言う訳でレポです。

写真の猫は地下鉄丸の内線後楽園駅から降りてすぐの公園の所にいたコでどこか人工的な建物が立ち並ぶ一帯に(後楽園駅側から見ると本当にそう感じた)野良さんがいたのは前日のライブのあっちゃん(櫻井敦司)の言葉じゃないけど新鮮でしたね

競馬新聞を読んでいたおじさんの横にいた所を見ると人慣れしているみたいで公園のヌシの様です。触らせてもらったら、尻尾がありませんでした。

この日は前日よりも600番も前だったのもあり早く入れて場所取りもバッチリでしたがいざ敦縮されたら流されたゾーンで大変な事に・・・・(以下後述)

OPは「夢見る宇宙」前の即興でも御馴染みの「きらきら星」のギターをアレンジした曲から白鳥の湖へと移り、1曲目の「キラメキの中で・・・」にて今井先生がイントロのギターを場内いっぱいに響かせるとステージ奥から前日の分身さんを高く掲げたあっちゃんが降臨!

この日生腕は封印し、黒シャツ&黒ズボンの極々シンプルな格好だったがその飾り気の無さがかえって色気を引き立てる好例で感激(寿々に下半身ガード無しだったのも・・・・うたかた&夢宙ホールツアーじゃミニスカ着用だったし)

箱ライブはFC限定の明るいスタートに慣れていた分、キラメキ・・・・のダークで重々しいOPには少々戸惑いを感じましたがこれが本来の彼らの持ち味だと忘れていたのも事実。敦はOPから狂った笑い声を上げていたし

あとコレは後で気づいた事なのですが、「キラメキ・・・」と「MY BABY~」の照明ってほぼ一緒なのですね。それと重苦しいムードの割にヒデは前方に身を乗り出してギターを弾き、ノリが場違いだな~っと思いましたね(来てくれたのはいいのですが)

2日目ともなるとメンバーは昨日のとは違う衣装で登場しましたが、ヒデだけは前日と同じ総スパンのライダーズ着用で結局2着目の衣装は見れず終い。2日連続で着用するなんてそんなに気に入っているのか?

真近で見ると袖部分はビロード系のやわらか素材を使用してたみたいだけど、そもそもワイルドな印象のライダーズジャケットにスパンコールにビロードなどの高級素材を使う事事態がしつこい様だがミスマッチと言いますか、一流ブランドのライセンス使ってスニーカーやリュックなどのカジュアルな商品を作ってしまう違和感と似ているわ・・・・(かつてウチにも母が買ってきたマリー・クレールのロゴ入りのスエード生地のスニーカーがあったが、マリー・クレールもスエードもスニーカーのイメージとは程遠いでしょうが・・・・)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加