銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

店員さん、星野英明じゃありませ~ん!

2012年08月31日 22時11分55秒 | BUCK-TICK
ども。いよいよ今日でBUCK-TICKのNEWアルバム「夢見る宇宙」発表まであと20日!となりましたが皆様はどこで購入しますか?

私は散々悩んだ挙句、結局最寄ターミナル駅のタワーレコードで予約して買う事にしたのですが(値引きはないけど確実にフラゲできるのは駅周辺のCD屋ではここだけだから)、今日は店頭へ予約しに行った時にあった本当の話。

店頭の予約カードに必須事項を記入し、インフォメコーナーに提出したら一応、予約OKと言う事でホッと一安心(実は発売日から一ヶ月切ってしまったので満了していたらどうしようかと思って)

とりあえず、「夢宙」(なんか某ラジオ番組では今回のアルバムの事をこう呼んだそうですね。むちゅう、ってなんか可愛い)の予約が終わったのはいいが、同日発売のヒデ本の方はタワレコ店頭で予約できるのかは解らなかったのでさりげなく店員さんに

「今予約したアルバムのバンドのメンバーがここの店舗限定で本を出すのですけど、予約できますか?」

と聞いてみたら、早速手元のパソコンで調べてくれたのですが検索結果後、店員さんが発した言葉は

「一応、星野英明さん個人名義となっていますが、商品はありますね」

へっ、今何てった!?「ほしのひであき」さんって・・・・

店員さんはPCに表示された名前を見て素直に読み上げただけなのだろうけど、一体なんでその名前が・・・・???

「ほしのひであき」と言えばMASSIVE6号・63Pの誤植が話題になりましたが、まさか、出版元のデータベースまで誤って名前が登録されていたなんて・・・・私は一瞬ポカ~ンとしながらもすかさず真顔で

「星野英彦なんですけどっ」

とBUCK-TICKの事をよく知らない店員さんにダメ出ししちゃったりして

正直、PCのモニターはお客に見えない角度においてあるので本当に画面上は「星野英明」になっていたのかは確認できなかったのですが、この調子で行くと表紙の名前が堂々と間違えた本が店頭に並ぶと言う非常に恐ろしい事態が起きちゃったりして・・・・

本の方も一応予約OKだったのは良かったのですがこのブログを見ているタワレコ関係者の方、BUCK-TICKの今井寿じゃない方のギターは「星野英彦」です。誤って本社のデータベースに名前を入力した入力担当者の方、ただちに正しい名前に入力し直してもらうのを一ファンとしては願います。しつこいようですが、

「星野英明」×

「星野英彦」○ です。

P.S 今回タワレコで予約したのはフラゲの他にヒデ本も同時にゲットしようと言う魂胆もあったのだけど、ヒデ本は入荷日にならないと入荷しないと言われてまたまたショック!

CDと違って書籍は発売日きっかりじゃないと入荷しないからだそうだけど、これじゃ二度手間じゃね~かよ、ケチっ(怒)タダでさえ最寄り駅のタワレコ行きにくいのに

だけど万が一、初版が完売して買えないなんて事になったら一生後悔しそうなので渋々予約しましたけどね・・・・

ところで著名人の本発売で連想するのはサイン会&握手会なんですけど、渋谷のタワレコ借り切って盛大にやりませんかね・・・・←TBSラジオのコサキン本&DVDが出ると必ず番組レギュラーの有川氏の握手会やっていたよね・・・・書泉グランデ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニィからメールが来ました!

2012年08月30日 21時44分53秒 | BUCK-TICK
ども。今年はBUCK-TICKアニバーサリーイヤーと言う事で6月の野音からほぼ月イチでライブを見に行くと言う日々が年末まで続きますけど、一方でメンバーからのメール受信回数はなんかグッと減ってしまい寂しいなぁ・・・・と思っていたら今日、寿々にFC経由でアニィからメールが!

内容は先日の誕生日イベントが私事でやったのにもかかわらずファンの皆さんにも喜んでもらえて良かったとの内容だったのですが、その後に続く文章の内容がまた素敵で今後他のメンバーも50歳になったらまたこういうイベントが出来る様にアニィが説得するとの事(笑)

私ゃこのメールを見て「あのさ~、他のメンバー説得するのよりもまず自分の健康の事を考えなよ」と思わず笑ってしまったといいますか、だって近くて3年後の2015年が今井先生、翌年の2016年がブラジル・リオデジャネイロオリンピック・・・・じゃなかったあっちゃん(櫻井敦司)とヒデ、そして2017年にはゆうた50歳と共にBUCK-TICK30周年イヤー・・・・!

もし上記の通りに実現する運びとなったら、2017年の30周年イヤーのライブ第一弾はゆうたの50歳記念ライブから始まるってのも素敵ですよね!!(なんたって1月生まれですから)

あっちゃん50歳の折にはまたISSAY氏が駆けつけてこれぞ円熟の極みとも言える人間国宝級の至高のデュエットを魅せてくれるのかしら!?

とにかく、他のメンバーの50歳記念ライブもやりたいとメール上で言ったからにはBUCK-TICKはまだまだまだまだ続くって事ですか・・・・25周年も終わっていないのに30周年の話なんかすると鬼よりも魔王が笑いそうですけど、本当にB-Tの5人は見てるこっちが心配する必要がないほど仲がいいですよね

さて、今後イベントは実現するのか・・・・?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MUSIC JAPAN ANNEX見ました!

2012年08月28日 22時07分50秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。毎週火曜日は前の晩携帯プレーヤーに録音した「伊集院光・深夜の馬鹿力」を聞きながら通勤しているのですが、今週のトークの中でいじゅいんが昔渋谷エッグマンでワンマンライブをやっていた事を知りビックリ!

渋谷エッグマンと言えば、あっちゃん(櫻井敦司)とISSAY氏が対談する時に必ずあっちゃんが、

「僕とISSAYさんとの出会いは・・・・昔たまたま渋谷エッグマンの前を通ったら<デルジベット ライブ>の看板が目に入り中に入ったら、ステージ上で仮面の男が歌っていると言う・・・・」

と、毎回お決まりの台詞で始まる時に出てくるライブハウスと言う事で名前だけは知っているのですが、他の人の口からBUCK-TICK関係(厳密には違うが)のワードを聞くと先日の24時間テレビじゃないけどやっぱしニヤニヤしちゃいますね

前置きはこれ位にして、今日は遅ればせながらNHKで深夜に放映された「MUSIC JAPAN ANNEX」の感想を♪

実はこの日も先月のCDTV同様夜中に起きてひたすらBUCK-TICKの出番を待っていようかと計画していたのですが、翌日仕事だったのでチューナーで録画する事にしました(実際、帰宅して他の人のブログを見たら大トリだったとの事で夜中起きて待たなくて良かったなと思いましたが)

それにしても・・・・「レジェンド」だの「元祖V系」ってまたまたCDTVと同じ紹介の仕方じゃんよ。TVじゃもう天上人扱いなのか(地上波だけにね)

「元祖ヴィジュアル系」っつー紹介も散々使い古された表現ではあるけど、トリビュートの話題を絡ませるためにはこれ以上解り易い表現は今の所ないのかも・・・・(だけど収録アーティストから抜粋されたのはDAIGOのTHE BREAKERZとAcid Black Cherryってちょっと人選ズレてないか?)

演奏された「ミステイク」はまた短縮verだったけど映像と音は調和しているレベル。J-MELOの時も感心したけどNHKは音楽番組の編集技術が高いな

5人の衣装は相変わらずの黒中心コーデだったけど、あっちゃんのフロントにマフラー垂らすのはもはや定番なのか!?たまにはゴージャスにマラボー巻いて出て欲しいな~。今井先生のストールも赤×黒でシックな感じ

ヒデは音人6月号表紙であっちゃんが着ていたショート丈のダブル合わせコート風だったがインナーのTシャツの襟ぐりが深すぎないのがよそ行きっぽいな。インナーは良く見ると白ではなく水色?

ヒデとは対照的にゆうたのインナーは上半身裸同然だったけど、キャラ的にエロくないからいいのか?どっちにしろ、ヒデの色物インナーは珍しかったね

先日のアニィは自分好みの軍服調コスチュームばっか選んで着ていたけど、この日は他の4人に合わせた落ち着いたコーデに☆

放映時間は短かったが、アニィはひたすら真面目にドラムを叩きヒデは片腕を振り上げ今井先生はクルクル回りゆうたは左右にピコピコ揺れまくりとそれぞれの特徴が出たプレイを見せていたし、あっちゃんのブレないボーカルは余計に動き回らない分、強烈に画面の向こうから歌に込める気迫がストレートに伝わってきましたね

流石大トリを飾るベテランの堂々としたステージでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8・19アニィ誕生日ライブレポ・四

2012年08月27日 22時22分15秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。いつもライブレポは3回以内にまとめる事を意識しているのですが、今回は書きたいことが多すぎて4回目に突入してしまいました。だけど今日で完結です!

EN前には自然発生的に♪ハッピーバースディアニィの大合唱が起き、ほどよく揃った所でステージが点灯し、「IT‘S NOW」Tシャツに着替えたゆうたがケーキの乗ったワゴンを手で押して登場!

アニィもケーキの前に出て来たので不在になったドラムセットにはなぜかあっちゃん(櫻井敦司)が着席しニヤニヤ

この様子を見て私は

「おぉ!?あっちゃんサプライズでドラムソロでも披露するのかな?なんてったって元ドラマーだしね♪」

と思わず期待したら、おふざけ程度にシンバルをチョンチョンとスティック先端で叩くだけ。つまんね~、折格だからへなちょこでもドラムソロやって欲しかったよ

アニィがケーキの蝋燭を吹き消した瞬間、バックのミニミニLEDスクリーンには

「HAPPY BIRTHDAY ヤガミ・トール」

の文字も電飾で表示され、ステージ左右からは銀テープがシュパパパッとド派手に噴射!場内は拍手と「おめでとー!!」の祝福の嵐が

ENはPARADEツアーで初お披露目した「CLIMAX TOGETHER」に始まり、「アニィのドラムで踊ろう、ダンスダンスダンス♪」で「エリーゼ」「ミステイク」と最新曲が続き、「今日は沢山のカッコいいバンドが集まってくれてますが代表してアンコールをやらせて頂きます。いいよね、アニィ?」とアニィの方を向くあっちゃん。それに対して笑っているアニィも素敵

大トリは来月発売のアルバムタイトルでもある「夢見る宇宙」!イントロ部分で敦はやたら@クルクル@回っていたな。あと「ミステイク」の間奏かどこかでアニィの方に向かってヘドバンしてた

ラスト、ステージをはける際ヒデはピックをむしって1Fに投げたが表情がすでに客いじりモードにw

今回は流石にアニィを差し置いて目立つマネはしなかったけどね

ゆうたもピックをばらまいた後、投げキッス&下手マイクで「ありがとー☆」とご挨拶

後ろではアニィが普段通りにハケようとしてたが、何気に袖で待っていたヒデに引きとめられた上に合流したゆうたにも「アニィ、〆の一言を!」と懇願されて(!?)アニィがステージ真ん中にカムバック

〆の言葉は「15歳からドラムを始めて35年間、叩いてきました。これからも皆様に素晴らしい楽曲を提供していきたいと思いますのでどうぞこれからもヨロシクお願いします」と至極生真面目なスピーチでライブは終了!

5時間近く立ちっぱなしはキツかったけど、素晴らしく楽しい一夜でした

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

8・19アニィ誕生日ライブレポ・参

2012年08月26日 22時16分40秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日は一日中家にいたのでなぜか24時間テレビを見てしまったのだけど、嵐メドレーの時の出っ張ったステージセットを見たら07年の天リボFINALを思い出しましたわ(同じ日本武道館だし)

かと思えば二宮くんがTHE ALFEEの高見沢氏の側で黒のレスポール弾いているし(しかもよく見たらメーカーがBurnyだった!黒レスポは高見沢氏の物だったみたいだけど、黒のレスポっつーたら星野英彦でしょっ!)

私は別に嵐ファンじゃないけど、両方好きなファンの方はさぞかしニヤニヤだったんじゃないのでしょうか?

さて、アニィのバースディライブレポも残すはBUCK-TICKの所のみ。

ステージ転換中に待機していると頭上のスクリーンにていきなりビデオ上映が!

内容はアニィの誕生日をお祝いするミュージシャン達のメッセージビデオで、高橋まこと氏から始まり、横ちゃん(照明当てすぎでジュネ氏の様な顔色に・・・・なぜかドラムセットの中に座っているし)、FURUTON氏、MOTOKATSU氏、岡ちゃん&ASAKI氏とドラマー関係が続き(しかもASAKI氏は昔アニィにドラム借りて壊してった言ってたし。ドラマーじゃないのに?)、NAOKI氏、7/7に対バンしたデランジェのTETSU氏からも。

TETSU氏はコメにてアニィが禁煙を始めたと告白し、アニィ宅に行く時はタバコを我慢しなきゃと話していましたが、ついにアニィも脱煙か~

ラスト4人はB-Tのメンバーが登場したが、ゆうたの「一番身近な存在」はともかく、今井先生の「お疲れ様」って・・・・本人はやる気ありなのに勝手に引退させてどうする(笑)ヒデは「いいオヤジになって下さい」だしあっちゃん(櫻井敦司)は良く聞き取れなかったな(なんか「ベースのユータです」ってボケかましたらしいな)

上演が終わり、場内に「最後を飾るのはバクチィ~ク!」のコーラスが響くと始まったのは「THEME OF B-T」ではなく「白鳥の湖」をアレンジした・・・・新OP!?

横ちゃんブログによるとこの曲は今日のために先生が新たに編曲した「IT‘S NOW!」と言う曲なのだそうだけど、何故アニィと白鳥・・・・?

アニィのあだ名=カラス=鳥の様な横顔のシルエット=鳥繋がりで白鳥の湖なのか!?

そしてこの前奏に始まる曲といえば・・・・「キラメキの中で」!

あっちゃんはデルジの時とは髪型&服装を変えて登場し、髪はストレート、赤い総レースのフリルシャツに黒ベスト&スラックス。ベストの前を開けないのはISSAY氏同様、素肌に着ているからか?

この日は特別に衣装を新調した(黒×金の軍服風で肩には金色の紐でB-Tの文字が!)アニィ以外はみんな過去ツアーの服だったみたいだけど(ゆうたの黒の上下は年代不明、ヒデはPARADEツアーの安全ピンの奴)驚いたのは今井先生の服!

蝶ネクタイとインナーとまたまた前髪パッツンの髪型を覘いてはまさかまさかの十三階ツアーの道化師スタイルが再登場!

鼻の頭も赤く塗っていた上に「TANGO~」にて上手に来てくれた際、振り上げた右足には確かにあの先のクルンとした靴が!!

十三階~は総合ビジュアル的に今でも根強い人気がありますけど、05年以降にファンになった人にはサプライズだったのではないでしょうか!?

「キラメキ~」の間奏の台詞は敦が珍しく裏声で話していたけど、前出のジュネ氏&ISSAY氏に影響受けたのか(お二方は声高めだったしね)

名場面をザッと上げると、今回は珍しくヒデが「モンタージュ」のサビのコーラスを一回余分に歌ってしまい気づいた瞬間、照れ隠しにほっぺをプープー膨らませて後ずさりする場面が(上記に限らずヒデはずっと顔プープーしてたけど、調子がいい時のクセなのか?)。ソレを見てすかさずヒデの側に駆け寄り、肩を抱いて微笑むあっちゃん。そのフォローに思わずヒデもニッコリと、男の友情を感じた場面でした

「リボルバー」前に敦から「今日はAUTO-MODから素敵なお花が届いています。その名前はセリア!」とのコールが入り、「えっ!?セリアってどんな花?」と考えていたら「花」は人間で先ほど登場したセリア嬢!

最初に登場した時よりもグッとゴージャスになって表れたセリア嬢は絶える事のない声量でB-Tの演奏に華を添え、時には敦を喰ってしまいかねない美声で周囲を圧倒したのには驚いたのだけど、ロックとクラシックの発声を比べてはいけないよね

曲終了後、セリア嬢は全方向にうやうやしくお辞儀をし優雅に去っていきました。あっちゃんは「セリア・・・セリア・・・・」と名残惜しそうにその名を何度も呟いてましたね

その後「夢魔」では他のバンドに負けないゴス的空間を作り出し盛り上がったのはいいが、本編ラストの「DIABOLO」前のMCは「明日は必ず来ます。じゃ、さよなら」となんかそっけなかったですねー。まぁ、ENで本日のメインイベントが待っているからだろーけど・・・・その話はまた次



コメント
この記事をはてなブックマークに追加