銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

B-TのFC会報64号感想・壱

2012年06月30日 21時11分20秒 | BUCK-TICK
ども。昨日書いた寿記の話が思いのほか反響が大きくて驚きましたよ!

更新したのは22時過ぎだったのにわずか二時間弱で130人近くのも人にアクセスして頂けたのは2年前のラズダズツアー初日のレポUPした時以来だったので、単純に嬉しかったですね!!

(余談ですが、他の人のブログも読みたくて某ポータルサイトにて「BUCK-TICK ブログ」と検索したらいきなりTOPページにウチのブログ名が出てきてビックリ!まさか、ウチがあのDさんや今井先生と同等に並ぶ日が来るとは・・・・いや恐縮×2&思わず写メってしまいました)

今日は先日届いたB-TのFC会報の感想を書こうかと思うのですが、今年は上半期前半がとにかく忙しくて忙しくて11年冬&12年春号の感想書くの飛ばしちゃったから会報の感想を書くのは本当に寿ぶり・・・・以下は箇条書きで↓

○巻頭グラビアはいよいよ発売真近のミステイクのPVオフショットから。先日ニコ生で見た時はすわ、魔王櫻井敦司復活か!?と思ったけど、裏表紙の写真の敦は男装した松田聖子にしか見えん・・・・!

顔がエラ張りすぎなのもアレだけど、微妙なグレーの切り替えのシャツ&中に白のタートル着用と言うコーデがシャープさに欠けている気がするだよね・・・・シャツがパンツINなのも。今井先生の白ブーツはオシャレなんだけど

○ディレクターズチェアに隣同士で座りながら何かにウケている今敦の2ショット。

あっちゃんは歯並びもキレイでいいわ~♪白い歯全開

豪快に笑うあっちゃんとは対照的にふき出し気味に笑う先生の顔がお茶目。左下のアニィの笑顔もナイスだな~

○例えカラオケだとは解っていても、先生のパフォーマンスは本気度バツグン。腕を振り上げ真剣な表情でギターを弾く姿がカッコいい

○個人インタビューの感想ですが、まずはヒデ。バックに写る「大人のポテトサラダ・350円」の張り紙が気になるのですけど

「My baby Japanese」は俺チョイスとの事ですが、一見未来にしか興味が無さそうなフリしてさりげなくマイナー曲のリメイクのアイデアを暖めていた所が小憎らしいですな

原曲は圧迫感があって怪獣やUFOやらが街をブッ壊しながら侵略するシーンに似合いそうなヘビーな感じがするのですけど、はたしてどの様に生まれ変わるのやら・・・・SANE並みにノリノリになるのか?

PV撮影はライブの時よりも同じフレーズを何回も弾かされるからある意味しんどい作業ですよね

ライブは一回始まってしまえばギターがトラブろうが何しようがよほどの事が無い限りは最後まで突っ走る事が出来るが、撮影はいい画が撮れるまで何度でもやり直せるからね。

生中継なら居眠りしてもハプニングで済まされるけど、収録となれば即カット!やり直しの世界だからデーヒーにはさぞかしやりにくかったに違いない

9月のバクフェスは出演者の演奏時間にゆとりをもたせるために2時間にしたとの事だけど、ニコ生で再評価の動きがあるとは言え、予算的には大丈夫なのかな・・・・?

個人的にはバクフェスのしわよせがホールツアーに響くかどうか心配だったのだけど、地方公演を多めにする事でバランスを取ったと言う事ね、多分(地方の方がホール使用料安いと思うし)

長くなったので今日はここまで。またヨロシクお願いします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寿記6・28~寿々に「妻」の表記が~

2012年06月29日 22時07分40秒 | 今井寿ブログ
ども。BUCK-TICKは明日名古屋でライブですけど、寿記を覘いたらなんか先生の身にカミさんの身内を巻き込んだ大変な事が起きていたみたいですな

サッと読んだ限りでは、なんかB-Tのチャリティーグッズをカミさんのお姉さん(つまり先生にとっては義姉にあたる方)が経営するバーにて置かせてもらい販売した事に対してあるファンが「B-Tがらみ以外の販売ルートでチャリティーグッズを売るのは詐欺だ!」と訴えるメールが届いた事がそもそもの発端みたいだけど、私としましては販売方法に問題云々より寿々に寿記に「妻」の表記が出てきてコレから名古屋へ行くファンの方のテンションが思いっきり下がっちゃいないかが心配になっちゃたよ・・・・

先生は怒りに任せて(!?)義姉さんのお店の名前と場所を公表した挙句ブログのリンク先を張っちゃたり、カミさんには実は双子の妹がいるだのとここまでプライベートな部分を生々しくブログでぶっちゃけたのを見たのは初めてだよ

私の意見としましては、メンバーのプライベート関係のルートでB-Tのチャリティーグッズを販売するのは別に違法とも詐欺とも思わないですね。私には親戚にそういう関係の人がいないから上手く言えないけど、ソレって親戚のおじさん・おばさんが身内の大勢集まる席や、商売をやっている人なら自ら経営する店にてプロデビューした息子・娘の作品(CDやらコミックスやら)を手売りするのと同じノリだと思うし(やっぱり違う?)

チャリティーのためなら手段を選ばない、B-Tを知らない人にも買ってもらえたら嬉しいと言うなりふり構わない奔放な発言は潔いなと思いますね

・・・・しかし、このタイミングでこの話題を出す先生も先生だなぁと言いますか、以前ある人のブログにて「自分が行くライブ前に出た雑誌にてあっちゃん(櫻井敦司)が自分の大切な家族の事について話しているのを読んで思いっきりテンションが下がった」的な内容の記事を読んだのを思い出しましたよ

こういう意見はファンの自分勝手なエゴとわかっていても、気持ちはすごい解るわ。せめて、PARADE終わってからブログに取り上げて欲しかったッス

最後になりますが、先生のカミさんの所は三姉妹なのか・・・・実はウチの兄のカミさん所もお姉さんが2人いて色々と大変な様子。三姉妹に板ばさみ&尻に敷かれる今井先生を想像するだけでも・・・・プッ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やたっ!全国ホールツアー予定が来たぜ!!

2012年06月25日 21時43分45秒 | BUCK-TICK
ども。BUCK-TICKのFC会報が手元に着くまでずっとログインするのは控えていたのですが、今日帰宅したら到着していたので寿々に更新しました!

今回の会報で一番気になったのは何と言っても秋から始まる全国ツアーの予定発表!!だったのですけど、今回から自主レーベルになったとなると以前の様に土日祝日に何十本なんて予算的に無理なのかな・・・・と結構心配していたのですよね(以前ヤフートピックで同じ自主レーベルからCD出している某バンドがアルバムが売れても赤字!?なんて記事が出てるの見たから・・・・だけどB-Tは徳間ジャパンとの合同だけど某バンドの方は企業のバックアップが全く無いらしいですね)

ところが、いざ会報を開いてみたら以前と全く変わらない日程だったのでホッとしましたね。行きたい所全部土日祝だったし。会社員に優しくしてくれてありがとう

個人的に驚いたのは初日が第二の地元・よこすか芸術劇場だった事。あれ、大抵いつも初日は埼玉の平日公演が多いのに今回はどうして?って感じなんですけど

11・11の地元・神奈川県民ホールと比べると正直ちょっと近県の方は行きづらいとは思うんですけどこの日は連休初日だし、泊りがけでやってくるファンを狙ったのかしらん?(たしかあの会場の上の階はホテルだったりする)

まぁ、ココの会場は今井先生もお気に入りと話していたし初日盛り上がるとイイですね。個人的にはラズダズツアーに続き、また初日から行けるからWeb上で他の人のネタバレ気にしなくてイイのが嬉しいっス

とりあえず行きたい所は固まったのですけど、個人的には10・8の静岡で寿々に新幹線使って行くのがちょっと楽しみですね。新幹線使うのはメメモリツアー以来3年ぶりなんですけど、新幹線で向かうって所が非日常ぽくってワクワクするし(帰りは大変なんですけどね)

残念なのは、埼玉へ行く予定の無い事かな?

あと今回は秋の会報を待たずして年末の日本武道館のチケットの先行予約もやってしまうんですね!皆さ~ん、忘れちゃダメですよ~!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6・10B-T@日比谷野音ニコ生生中継・感想

2012年06月19日 21時58分10秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。こちらは台風4号が近づきつつありますが、今日は先日タイムシフト予約して見たBUCK-TICKの6・10日比谷野音ニコ生生中継の感想を書きます。感想は箇条書きで↓

○前日に比べるとこの日はあっちゃん(櫻井敦司)が登場してすぐ客席に大声で呼びかけるなど、始まりからテンションが高い様子

「NATIONAL~」では「ファンファーレ!」の所で横向いてラッパ吹く真似したり、「蜉蝣」で顔の前で両手を影絵の鳩みたいに形作ったり、「羽虫」で顔半分隠して「カモフラージュ♪」とやって終いにはサーチライト手に持ってブン回したり、「空蝉」ではまねき猫の如き顔の横で肘を曲げた所がアップになったり(前日のジャンゴでやったのと同じフリ)

だけど前半飛ばしすぎたせいか「蜉蝣」あたりからやたら眉間にシワ寄せて苦しそうな顔のアップが増えたり、「MISTY ZONE」にて間奏あけの所で歌うタイミングを間違えたり(「今は誰か~」を2回歌っていた気がする)歌詞を飛ばしたりとアラが目立ったのが少々気になったかな。他の方のレポではあっちゃんが風邪をひいたとの話も見ましたけど、勢いで何とかしちゃう、テンションを下げない所にプロのバンドとしての気迫を感じました。「んにゃろっ!」とMCで悪態ついていたのもそのためか


○あと2日目は前日に比べると今敦2ショットのシーンが多かったのも羨ましかったなー←メメモリとEN2の天使は誰だのラストの所。あっちゃんが先生の肩を抱き、顔を真近に寄せて自分のマイクで歌わせちゃう所なんか・・・・

「REVOLVER」ではやたら「ブチこめ!」「ブチこめ!」と叫んでいたな

そして「ROMANCE」ではドクロステッキを持ち込んで先っぽの髑髏ちゃんに向き合いつつ、ステッキをつきながら歌うなど前日の座るポーズ中心のメロドラマ調の演技とは対照的に魔王らしく堂々とした立ち姿で熱唱していたのが印象的でした

○「ジャンゴ」では「ビビディ、バビディ~」の呼びかけが復活して、上手の鉄骨の柱にあっちゃんが登っていたっけ

○・・・・それにしても、中継となると画面はほとんどが今敦のアップばかりでヒデのアップが中々無いのがちょっと不満

この記事を書くためにちょっとメモしに画面から目を離した際、一瞬アップになったのを見逃した時は・・・・

EN1のOPでは前日と同じく今井先生が一人ギターで「雨に歌えば」を披露。正面からの映像で見るとあのレーザー光線は先生をグルッと囲む様に照射されてたのですね!(私の席は端っこだったから立体的には見えなかった)あと「ブレードランナー」のレーザー演出が前日と違っていましたね(複数のレーザー光線でスクリーンを作り、そこに雲の映像を出現させていた)。あと2日目は省エネルックの下が半袖Tじゃなかったんですね(あっちゃんが出現した瞬間、コメ欄では一斉にスギちゃんだのワイルドだぜの大連発が・・・・プププ)

EN2の「真っ赤な夜」ではまた今井先生の軽業師的な片足クルクルが見られて感激!あの脚さばきってなんか職人的な「粋」を感じるんだよね・・・・

○まぁ何だかんだ色々ありましたけど、ラストの「パレードが行くよ!」と場内に語りかけるあっちゃんの顔はとても晴れ晴れとしたいい笑顔で、見ている方もとても幸せな気分になった名シーンだと思いました。バックで先生が即興で鳴らす叙情的なBGMも一抹の寂しさを感じさせていいムードに

ラストはゆうたの肉声も聞けたし、アニィもステージをドラミングしたりとお茶目で最後まで楽しかったです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6・9B-T@日比谷野音FC限定レポ・参

2012年06月16日 22時05分20秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日はBUCK-TICKの星野英明・・・・じゃなかった、星野英彦氏の46回目のバースディと言う事でお誕生日、おめでとう御座います!!

誕生日を記念して上記のイラストは今話題のテニスウェア姿を想像しながら描いたのですけど、手元にウェアの詳しい資料が無かったので白中心のシンプルな物になってしまいましたね。こんな格好で性懲りも無くテニスマダムをナンパする英彦って・・・・

明日仙台からPARADEツアー始まるけど、英彦を始めB-Tの5人には体調を万全に整えてライブに望んで欲しいですね。特にデーヒーは薄着好きだし

そんな訳で今日で日比谷野音のレポも完結です

EN1の始まりはまず今井先生が単独で登場し、一人蛍光グリーンのレーザー光線に照らされながら即興で「雨に歌えば」の一節を披露

ファイヤークラッカー(YMO)、白鳥の湖(チャイコフスキー)など先生は即興演奏のレパートリーが本当に幅広いよね。レーザーのスポットライトも独り占めだし、ステージで魅せるギタリストとしては存在感ナンバーワンだと思うな。カッコ良すぎるよ

そして皆様もご存知の通り、あっちゃん(櫻井敦司)が黒の半袖Tの上に白いジャケットを着て登場!

最初コレ見た時は「ベストかな?」と思っていたんだけど、よく見たら襟が付いていたので瞬間、「省エネルックかよっ!」とツッ込みたくなったよ!

なんせ会場が国会議事堂の近くなだけに、昔某政治家が得意げにTVで着ていた半袖の背広を思い出しちゃったわ・・・・

EN一発目の「疾風のブレードランナー」。私は先生側の端っこだったのでレーザー光線がステージから何本も飛び出しているのがクッキリと見えたのですよ。レーザーってステージ演出としては割と古典的だなぁと思ったのだけど、やっぱりキレイ。LEDに比べると立体的だしね

今回B-T25周年については特にMCでも触れなかったけど、

「共に青い春を駆け抜けよう」

この歌詞で全てを言い表していたと思う

そして初披露の「夢見る宇宙」。切なく美しいナンバーを生で聞けたのはいいがあっちゃんの省エネルックで熱唱されると感動よりも先に妙な気持ちがわいて来て・・・・なんとも言えんかったわ

EN1トリは「MY F●CKIN~」。やっぱり先生の「~くわえるぅ」のマイク片手でしごく手付きを見てしまうとモゾモゾしてしまうな~(汗)サイケな照明効果も相まって場内大盛り上がりでEN1は終了!ゆうた、去りぎわに投げキッス

EN2はあっちゃんの「一番最初に聞いてもらいたくて・・・・」のMCでミステイク初披露!

以前この曲には曇り空が似合うとブログでも書いたけど、雨に打たれながら聞くとやっぱり湿った空気の中で聞くのがしっくりくるなと実感。まだ歌詞を完全に把握していないので見るだけって感じだったが曲終了後には暖かい拍手が

ミステイクの後は敦がメガホンを持って登場し、低音ヴォイスで「ハア~リィ~アーップ」とメガホン越しに呼びかけるとガンガンガガン♪とハードなイントロが鳴って「アイコノ」

今井先生の「1 for the~」の手つきもバッチリ見えたし、敦は「5 for FISH TANKers!」と歌詞変して歌ってた。なんてたってFC限定だもんね!

大トリは「スピード」!先生は相変わらず「ダダダダダダダダ♪」の所で地団駄ステップを連発しまくっていたけど、濡れているステージで滑らないか見ているコッチもハラハラ

敦はラスト近くの転調部分を裏声でかつ直立不動で妖しく歌い上げる。無駄な動きがない分、妖艶オーラがハンパなかったね。サビでは「愛し合おう~」の歌詞変

退場は敦が先に一人抜け、残った四人で「ジャーン×4♪」と一斉合わせで爆音をブチまけて終了!ゆうたは一人フロントを駆け回って(途中上手で滑りそうになった?)愛想と投げキッスを振りまき、ヒデもピックをキレイにポーンと放り投げて退場。アニィもスティック上手方向に飛ばしてたな

と言う事でコレでレポは終わりです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加