銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

4年に一度の結婚記念日!?

2012年02月29日 21時06分03秒 | BUCK-TICK
ども。今日は4年に一度の2月29日と言う事でなんとなく更新してみました。が、よくよく考えてみると今日はBUCK-TICKの今井寿先生が初めて迎える結婚記念日なんだよな・・・・確か


まぁ、こういう事って本人達が勝手に祝えばいい訳で、他人がとかく言う話じゃないと思うのですが

一応、この記事を書く前に寿記の方もブクマからクリックして覘いて来たけど相変わらず日記はゆうたの後頭部が写るのみ(つまり、更新されていない)

更新されていない理由はただ単にレコーディングの方が忙しいからだと思うのだけど、先生も世のほとんどの男性と同じく、恋人・夫婦間の記念日にそれほど特別な関心を持っていないという事か。

時には櫻井敦司をも凌駕するロマンチックな歌詞を書く才能をお持ちの割には

だけど、レコーディングの合間も2人の大事な記念日を優先する先生の姿を見せられてもファンは微妙な気持ちになるのですけどね。いろいろな意味で(寿記を始めた頃はカミさんと宇野さんの展覧会見に行った話とか書いていたけれど、ファンから猛抗議を受けたのかな?それ以来、カミさんは話に登場しなくなったなぁ~)

まぁ、何にも無いって事は平和って事なんでしょうな(なんじゃこのオチは)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B-Tお宝本感想~d・t・dツアーパンフ編~

2012年02月26日 14時47分18秒 | BUCK-TICK
これは馬ですか?いいえ、櫻井敦司です←あっちゃんファンの方、御免なさい

どもども。前回の更新後から仕事が本格的に忙しくなり、かなり間が空いてしまいましたが今日やっと更新したいなと思ったので予告通り3冊のBUCK-TICKお宝本のうち、d.t.dのツアーパンフの感想を書きたいと思います

仕様はB4変形とかなり大きく、A5仕様のパンフに慣れてしまった私としてはちょっと持ち運びにくいサイズだな~と思いましたね(しかもハードカバーだから読みづらいし)

だけど、9年前のモナリザホールツアーまではB-Tのツアーパンフって無駄にデカいのが当たり前だったんだよな~(今のサイズになったのはモナリザの箱ツアーから)

さて、写真の感想ですがまずはあっちゃん

この当時、まだ私は学生でライブも頻繁に行ける年頃ではない上にファンも辞めていたのですけど、確かこのツアーでワンレンは見納めだったのですよね

ワンレンの頃のあっちゃんはとかくツンと澄ました顔で写っている写真が多かっただけに、血走った目をギラつかせ、唇から前歯をむき出しにして睨みつけている表情は生々しい迫力に満ちていると言いますか(下記写真がソレ)、すぐ横の目をつむった表情のアップも怖いながらも惹きつけられる美しさを湛えています。


だけど、本人の手の甲の指毛だけは何とかして欲しかったよ・・・・04年のソロん時のパンフに写っていた足の指毛並みに嫌~なんですけど。あとどう言う訳だかあっちゃんの所だけページが取れちゃってて自分で糊使って直しました

次にゆうた。やっぱこの頃の方が大人っぽい顔しているよなー。小柄なのはともかく

他のメンバーもそうなんだけど、個人的に気になったのは写真の全員の目の中に○の形をした光が半円状に並んだ不自然なハイライトが入っている事

ハイライトに関しては、あの古典的な少女漫画風の「目に星が輝いている」演出もライティングの仕方によっては再現できる事がなんかの本で読んだ事があるのだけど、B-Tでそこまでやる必要があるのかなぁって感じ

d.t.d時代のヒデのベリーショートは結構好きな髪形だったのですけど(生で見られなかったのは痛恨)、タダでさえ髪の毛の管理におっくうな彼にスタイリッシュな短髪スタイルはこの先望めそうにありませんな。髪色は珍しく黒一色で、真っ黒なバックと同化してしまい少々目立たないのが残念

ページ最初に登場する腕組み&見下し目線のポーズは目がくっきり二重になっていて、改めてこの人は奥二重だったんだなと再認識させられる。だけど、やっぱし二重は微妙

アニィはあんまり変わっていないかな。今と違うのは黒髪onlyなのと眉毛が太くハッキリしている所くらいで

そして今井先生・・・・スゴいです。とにかくこの人のビジュアルのインパクトはハンパじゃないと言いますかてっぺん以外の頭部の毛をツルツルに剃り上げたあげく、眉まで剃ってしまったその風貌はまさにイマイ星人!

でもって、ほとんどの写真が先生の顔のアップばかりなモンですから黒いバックにツルツルの白い顔がいくつも浮かびまくるページのレイアウトは・・・・あっちゃんといい勝負ですな。暗闇でいきなり遭遇したくないっス

最終ページにはスタッフリストが載っているのですけど、ここのは人名が全て日本語&漢字表記だから判りやすいですな。スペシャルサンクスの所には「じゅぴ太」の名前も見えました(注・「じゅぴ太」はヒデが当時飼っていたプードルの名前です)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡のB-Tお宝本3冊ゲット!

2012年02月13日 22時14分22秒 | BUCK-TICK
ども。今日は仕事が比較的早く終ったので途中下車した先にて某古本チェーン店に寄ったのですが、音楽誌のコーナーをのぞいていたらなっ!なんと!!表紙を見せて展示している棚にて見覚えのある巨大なニャロメのイラストがババーンと鎮座しているではあーりませんか!!!

「こっ、これはもしかしたら・・・ツ、ツアーパンフって奴!?」

そうです、棚に鎮座していたのは紛れも無く93年のBUCK-TICK「d.t.d」ツアーのパンフレットだったのです!!

BUCK-TICKの過去のツアーパンフがあの手の古本屋に出回っている所なんてめったに見ないので(つーか今回が初めて)、私は思わず手にしてしまったのだが他の背表紙のみの棚もよ~くよ~くのぞいて見たら、今度はどこかで見た様な版ズレした模様の本が・・・・

「まさかっ!?」

私の予想は当たり、その本は以前からずっとアチコチの古本屋で探しても中々見つけられなかったCBSソニー出版から出ていた「hyper」でした!!うっわ~、まさかこんな所でゲットできたとは!!

驚きはさらに続き、個別の雑誌ごとに並んでいる棚を見たら「音楽と人」コーナーの所にB-Tの文字がある背表紙を発見!コレは音人の中でもかなり初期の体裁の本で、96年7月号・・・・「COSMOS」発売直前の号だったのですな

と言う訳で・・・・今日はB-T関連の本を3冊まとめてゲットしてしまった訳なのですけど、個人的には「d.t.d」~「COSMOS」の頃はファンを一時辞めていた頃なのでブランクの頃の出版物を色々ゲットできたのは非常に嬉しかったですね。←昨日記事で取り上げたベスト盤の初回特典も待っていると言うのに・・・・

実を言うとこれらの本は結構いい値段がついていて、特に写真のみで文章などを読む楽しみが無いパンフは買おうかどうか正直迷いましたけど明日から仕事がメチャクチャ忙しくなるとの事だし、コレは気合いを入れるために2000円台のユ○ケルを買って一気飲みしたのと同じだよねと考えて全部購入してしまった次第です(さて、この3冊の合計した金額はいくらでしょう?)

B-Tは私にとって栄養ドリンクと同格です(爆)!!

中身を見た感想については後日UPしたいと思います(下のは「d.t.d」のパンフから。あっちゃん(櫻井敦司)の写真の一部です)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

3・7発売ベスト盤販促動画見ました

2012年02月12日 21時00分37秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。昨日は友人と温泉パークでほっこりして来ました

今回行ってきたのは初めての所で割と小さめの施設でしたけど、露天あり特殊な趣向の湯船ありと友人は大変喜んでくれたみたいで良かったです

上記の写真は友人の中国土産のパンダクッキー

前置きはさておき、今日はBUCK-TICKの25thサイトから3月7日発売のベスト盤販促動画を見た感想を♪

OPは「JUST ONE MORE KISS」がいきなり鳴り出して始まり、金髪を立てた櫻井敦司が華麗な足取りで歩み出てくる映像でつかみはOK!

OPから数分は「JUST~」のPVを編集した映像が流れるのですが、おっ立て髪&ワンレン時代のあっちゃんの映像中心編集しているのを見ると、いかに90年代のバンドブームを体験した世代の購入をアテにしているのかってのが見え見えって感じですな~

印象に残ったシーンをいくつか上げると、

○「いくぜーっ!EMPTY GIRL!!」の絶叫と共にその場でピョンピョン飛び跳ねるあっちゃんが可愛い

○「TOKYO」@東京ドームを見て思ったのは・・・・映像でライブverを聞けるのは嬉しいが、「TOKYO」は毎回DIQにリクエストしてんだよな・・・・近い内に生で早く聞きたいっス

だけど黒髪ワンレンのあっちゃんはやっぱり美しい、最高。「HYPER LOVE」歌っていた所のパツキンロン毛も

○東京ドームの映像と言えば、今井先生の市松模様のお衣装はパンツの側面にまでダイヤ模様が付いていたのを知ってビックリ!!

○WOWOWのライブ映像に関しては、放映当時ウチは当時加入していなくてWOWOW入っている伯母にわざわざ頼んでビデオに録ってもらった思い出がある・・・・

○スペースシャワーTVのライブ映像はよく見るとゆうたがメチャクチャ高速な手つきでベース弾いているぞ!まだこの頃は直立不動キャラだったのね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えっ!?GO!GO!7188が解散!!

2012年02月10日 22時39分18秒 | 劇団楽屋日記
ども。今日はブログを更新するつもりは無かったのですけど、私用でネット検索していたらヤフーのTOPページのニュースにてこの事を知ってビックリ!!

個人的に歌謡曲テイストが入ったロックが好きな私としましては割とBUCK-TICK同様に贔屓にしていたGO!GO!だったのですけど、ここ数年は初期の昭和歌謡・デコトラ(Al「蛇足歩行」のジャケモチーフ)・パチンコ(Al「魚拓」のジャケモチーフ)と言ったヤンキー趣味を前面に押し出したビジュアルが影を潜めてしまい、明るく洗練されたデザインのジャケ写にイメチェンすると共に、曲の方も情念を込めたヘビーなこぶし&うねりを前面に押し出したギターサウンド(B-Tの曲に例えれば「MOTEL 13」みたいな感じ)が薄く感じる様に思えたのですよね(余談だが確かAl「パレード」が出た時、丁度B-Tも「PARADE」ツアーをやっていて、「パレード」のCD表面の動物達の影絵行進イラストが「PARADE」ツアーのFCオリジナルチケットのビジュアルと偶然重なって驚いた事があったっけ)

ギターの音は重くなくなったけど、軽快なスカ系の曲は割と好きだったな

そういえば、drのターキーはアニィもよく参加しているドラマー飲み会にも顔を出しているんだよね。メメモリツアーの時にはNHKホールのライブ見に行ったって自分のブログにも書いていたし

去年対バンした毛皮のマリーズと言い、B-Tと関わりのあった後進バンドが次々と解散していくのを見るのは切ない物がありますね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加