銀城歌劇団楽屋日記@BUCK-TICKさん

某月某日、櫻井敦司魔王の電磁波にやられ、気づけば支持暦20年(ブランク有)の輪迦(わか)の日記です。

B-Tは群馬の生きる伝説だ!?

2010年11月28日 21時04分50秒 | BUCK-TICK
ども。BUCK-TICKは今日、京都でライブでしたね。私は丁度先週の千葉でホール参加は終わり、あとは年末の武道館まで無いのですけど今日は11・23の群馬ライブレポを読んでいて気になった事についてアレコレ。

他のB-Tブロガーさんのレポを拝見していますと純粋なライブレポの他に、群馬はメンバー5人の出身地なのもあり、ゆかりの建物や名物の食べ物の写真をUPした記事のなんとまぁ多い事、多い事!!

正直このノリはバンドのファンの日記と言うよりは、歴史マニアの人達がひいきの偉人や戦国武将のゆかりの地を訪ねて史跡や神社、お寺&お墓、城跡(お城)の写真を多数撮ってブログにUPしているのと似ている気がするんだよね・・・・

特に今井先生の実家・今井商店についてはWebの登場で大きく扱いが変わったなぁと思ったっつーか、昔は知る人ぞ知る存在で一応、

「JR八高線・群馬藤岡駅そばのタバコ屋」

と言う事は知っていても、くわしい店の様子とかは群馬へライブを見に行った友人とかに聞くとかの方法でしか知る事は出来なかった

が、今やご実家の方が情報開示に積極的な気がすると言うか、「BUCK-TICK 今井商店」で検索すれば青い屋根に白抜きゴシック体の店名が印象的な外観や、広告入りの看板、そしてファンからの贈り物やメンバーの個人ショットが掲げられ、非売品のポスターが貼られてプチBUCK-TICKミュージアムと化している店内に実家で飼われているニャンコの写真までが現地に行かなくともバッチリ見られちゃうのです!

しかしミュージシャンのご両親が実家を開放し、ファンとの交流をするのは失礼を承知で言うならば大抵ミュージシャン当人が亡くなってからのケースの方が多いと言いますか、生前からご両親の方が積極的に関わってくれるのはとても珍しいと思いましたね

(ちなみに11・14の横須賀のライブ前に友人へ今井商店の事を話したら、

「ソレって尾崎ハウスみたいな物?」

と言ったので私は

「ちょっと・・・・ソレは違うかな~?」

と返答。つーか厳密に尾崎ハウスは実家ではないし)

特に先生のお父上との交流については色々な方が書いていて、文章を見る限りでは先生とは対照的に、気さくで会話中にさりげなく自己主張もするお茶目な方だと思いましたね

だけど、今井ファミリーみたいに身内の方のほうから積極的に向き合ってくれる場合はともかく、B-Tファンについては特に何とも思っていない(!?)身内の方の周辺写真を載せるのはどうなのでしょうか?(実際ネサフしていたら櫻井敦司の実家と思われる(!?)家の写真が出てきたのには驚いたと言いますか、メンバーの身内全員が先生の所みたいにファンに好意を持っているとは限らないし)

今井先生の家の事で思い出しましたが、確か昔付き合っていた友人に

「私のライブネームは、今井君の兄弟の名前から取ったんだよ~!」

と言っていた子がいたっけな~

もちろん、まだWebなんて物が無い話
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

11・21B-T@千葉ライブレポ・弐

2010年11月24日 22時10分00秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日は昨日のレポの続きです。

○「錯乱Baby」での・・・・櫻井敦司の「駄々っ子」の地団駄ステップがなんか大げさすぎて笑えた(笑)。アニメっぽい動き

○そしてリバイバル曲コーナー。今回「VICTIMS~」ではシンプルに一言、「愛し合おう」だけだったけどあえぎ声が・・・・

何だかんだ言ってこの曲は回を追う事に表現力がUPしている様な気がするといますか、今回はお得意の後ろを向いて自分の肩を抱き、本当に誰かとタンゴを踊っているみたいに見えたし

あと「SANE」の「~FLY」の部分では、今井先生が両手をパッと上げるのを見られた。

○リバイバル曲が終って「TANGO Swanka」へ。

サビの「~僕にさわんな」と歌っているわりには、敦は自分の腕を最前に触らせている(しかも二度も)

○続く屍鬼コーナーでは「くちづけ」の前に敦がまた「ほたる」の一節を歌った後、本編へ。

この曲では常に敦が首筋に手を当てながら歌っていたので、本当は「くちづけ」じゃなくて「くびすじ」って曲なんじゃないかと思っちゃたりして

「月下麗人」では後半、エスカレートするベースプレイがあるせいか、ついついゆうたに注目してしまうのだが、回を追う事に目をつむって首をブンブン振ると言う真剣さゆえのオーバーアクションは目立たなくなっている気が・・・・?後でライブ映像見て恥ずかしいと思ったのか?

○今回は前回の横須賀から間を置いたせいか、敦も先生もとてもご機嫌だったと言いますか、

「ありがとう!こんなに沢山の人達が来てくれて嬉しいです!」

「ありがとう!みんなの声援を受けて僕達5人はパワーをもらっています!」

「ありがとう!もっと騒ごう!ここは防音だから・・・・」

など、ちょっと優等生的かつ昭和のロックコンサートっぽいノリのMCが多かったなぁ・・・・

しかし、「夢幻」前の「3階席、セクシーだね。舞い上がれ!(絶叫)」は意味不明だったけど

前回私は「リズムにあった動きは大好き!」と書いたけれど、「夢幻」での今井先生が転調時にターンをクルッと決めるのも好きな振りです!

本編最後、「今日は本当にありがとう。最後に一曲、聞いてください」と言って「Solaris」へ。

今回は「ある日、魚になって~」の所で両手をナナメに広げ、手をヒラヒラさせる以外はずっと直立不動で歌っていて乙女な振りは無し。ラスト3曲はスカートと同じ柄のコートを腰に巻いたスタイルで歌っていたのだけど、アレはニッカボッカみたいで見た目がイマイチだなぁ・・・・(ちなみに上記画像の「コボちゃん」の表紙は、この日千葉駅前の本屋で買った物。表紙が「Solaris」っぽいので載せてみました)

○EN1は「妖月」、「Goblin」、そして自分は初耳だった「モンタージュ」!

「妖月」終了後、「さぁ騒ごう、ダッダダダッダ(小声)」と呟くと「Goblin」へ。

この曲でも先生は変幻自在のステップを次々に繰り出してマイマイダンス全開!!しかし敦はステッキをついて膝カクカクさせながら歩いてたな(笑)中盤にはゆうたもフロントに登場!

そして、「もぅ一曲、聞いてください」と言って「モンタージュ」へ!

一人苦悩する敦と、傍観者的なギター2人の息のあったコーラスがなんとも不条理劇を描き出している様な構成だなぁ、この曲のイメージは。

ラストはゆうたが上手花道にてピックの花吹雪を散らしてジ・エンド

EN2ではまずゆうたが元気よく出てきて下手花道方向にペットボトルを投げると、上手~下手フロントまで握手&タッチサービス!

・・・・先週はフロントのみのサービスだった気がするのだけど、今回はステージ前の警備が手薄なのか!?あっちゃんもなんかの曲で花道まで出てきたし。そりゃないよ~

そしてなんと!ココに来てアニィのNew衣装が!!

定番のキャメルのスーツに比べると若干もさもさした感じが気になるけれど(ヒデが着てそうなデザインぽかった)、ワイルドで、いいんじゃない?

ENは「MAD」とアイコノ。

MADにて先生はずっと自分の所に座ってギターを弾き、敦はヒデの所に寄ってって2ショットでコーラスを♪敦は「子守唄の中で~」の所でお腹をポンっと叩いてたっけ。ヒデの澄んだ声のコーラスはいつ聞いても清清しくて好きだな~

そして、後半には先生イキナリ立って上手花道で大暴れ!でもって、上手の花道前に現れた先生の肩に手をかける魔王様・・・・・・・・眼福

そしてラストのアイコノではまたまたセンセがノイズソロをやったので、兄弟の挨拶は無し

アニィは今回スティック&ドラムヘッドのプレゼントは珍しく無し

ステージ全体が盛り上がった時は、形に残るプレゼントは無しなのかしら?

20:11に本編は終了し、ラストメッセージはまたまたバックの模様が変わっていて今回は雪の結晶がチラチラと!

コレはこれから、冬に向かってライブが盛り上がって行くのでヨロシクと言うBUCK-TICKからのメッセージなのかしら?

私は年末の武道館までライブは行かないけれど、今後も5人の活躍を楽しみにしていますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11・21B-T@千葉ライブレポ・壱

2010年11月23日 16時09分05秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日、BUCK-TICKは地元・群馬にてライブですな。今回のツアーでは丁度祝日に開催するのもあり、県外からも沢山ファンが見に行くのでしょうね

今日は千葉のライブの感想です!

この日で一応、ホールで見るのは最後。席は20番台でほぼ真ん中、櫻井敦司の真ん前とほど良い距離感(ただし、オペラは必要)。しかし、気になっていたのはズバリ、PA卓の位置!

「この間の横須賀だとPA卓は1階のかなり後ろの方に設置されていた、がココの会場の広さだとやはりウチの席周辺かな~?もし卓が目の前だったら暗闇でも機材がチカチカして舞台に集中出来なさそう・・・・」

と心配しつつも席を見つけたらやはり予想どうりPA卓は席四つ挟んで目の前に!どっひゃ~!!

場内BGMの調整はPA卓がコントロールしているせいか、いつもよりBGMがクリアな音で聞こえたなぁ

驚いたのは今回は割りと早く客席が埋まったせいか、18時過ぎてわずか数分で暗転したので私はビックリしてハンカチを落としてしまい、OPの宇野さんの所数分見逃しちゃった・・・・トホホ

では、ライブレポは箇条書きで↓

○R.D.Fを経て「RAZZLE DAZZLE」で幕を開けたのはいいが、最初に見て驚いたのは今井先生の新ステージ衣装!

エメラルドグリーンのサテンシャツにウエストを絞った黒のベスト&10・15の初日以来寿々に見たサルエルパンツの組み合わせがめちゃくちゃキュートで、思わずイラスト描いちゃいましたよ

年末の武道館は「追加公演」だけど、もぅ一回この衣装は見られるのかしら?(07年の天リボの時敦だけ衣装新調していたね)

○3曲目の「独壇場~」では初っ端から先生のマイマイダンス全開!上手花道に行った際、サビの「~Year Beauty round」のリズムに合わせてエアロビ足上げをやっていたのが最高!

こういう曲のリズムとぴったりユニゾンした動きって大好きです!見ていて気持ちいい

ヒデは下手花道に行き、敦は「オーマイッガ!」の所で手のひらを上に向けるフリを

曲ラストでは先生が後ろ向きに蟹走りで上手→下手を一気に駆け抜け、自分所でハイキックを決めてシメ!今日は最初から飛ばしてますね、先生

○独壇場終って「PIXY」に移る間に敦がイキナリ「ようこそ!」と言ったので後ろの方が「あれ?今日は2曲目で喋るの?」と驚いていましたが敦もしまった!と思ったのか、それ以上は言わず「ダンス、ダンス、ダンス」と言って「PIXY」へ。

PIXYのラストではまた敦が跳ねてクルクルクルクル回った後、両腕を広げ手首をパタパタさせながら上へ。う~ん、千手観音のポーズ?(←違う、羽ばたきのポーズだって!)

○そしてMC。「ウェルカ~ム!日曜日にBUCK-TICKのライブがあるなんて最高だよね!」

えぇ、えぇ、前のレポでも書きましたが、土日祝限定でしか見に行けないOLにとって魔王様のその言葉は本当にありがたい限りです

MCに感動したあと、「羽虫」へ。今井先生が間奏でピタッと静止したポーズを取るのはいつもこの曲だったような気がする。毎回ポーズが違うよね?

○次の「BOLERO」では常にステージを横向きに移動しながら歌う敦。「~きれいな花」の所で左手を上に向けてパ~ッと開くのね

ラストは先生側のモニターに腰掛け、客席をを見渡しニコニコ。膝でリズムを取ってたりして。そして顔を横に向けた瞬間、暗転。

○暗転後、妖しいファンファーレ風SEと共に敦がゆっくりした調子で「ビビディ、バビディ、ブー」と低音で唱えると指パッチンの合図と共に「ジャンゴ」へ。

この曲でも先生はまたまた得意のダンス全開で外股ステップからタテのりジャンプと移動する時は常に踊りまくり状態で歩いていない!(笑)

中盤にはゆうたが登場して弦楽3人組がフロントでそろい踏み!途中ゆうたが演奏中にお尻を最前の客に触らせる場面もあったが、お尻と言えばやっぱし・・・・盛り上がりが一段楽した所でフロントに戻ってきた敦が、後ろ向きでギター弾いている今井先生のお尻を左手でペチン!その瞬間、客席がキャ~ッ!

ココの会場といえば去年もフロントに出てきたゆうたがファンの目前であっちゃんのホッペにチュウして客席が「キャー!」状態になったのを見たけれど、まさか、また同じ会場でメンバー同士のスキンシップ(!!)が見られるとは・・・・

千葉はメンバーを性的に(!?)開放させる何かがステージに潜んでいるのか・・・・?

次は「狂気のデッドヒート」。

今日は会場内でお子ちゃまや外国人ギャルを沢山見かけたけれどあの「おたまちゃん」は公共の場ではどうなのかしら・・・・?

しかし中盤の「You‘re」の所のラストにて敦が「君は私の太陽ー!!」と絶叫したのには笑っちゃったと言うか、正直うるせ~!!何故そこで叫ぶ?

ラストの画面とのクロールの共演は、最初珍しく泳ぐ向き間違えてましたな

「およっ!?あっちゃん、今日は進行方向逆に泳ぐの?」

しかし、敦も途中で向きが逆なのに気づいたのかクルッと向きを変えてクロールしてた(笑い)。

それにしても、フリが大げさな割りには泳ぐスピードが遅いぞ

・・・・とりあえず、今日はココまで。また次回よろしくお願いします



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11.14B-T@よこすか雑記

2010年11月20日 21時27分10秒 | BUCK-TICKライブレポ
ども。今日はBUCK-TICKのスタンディングツアーの当落発表日と言う事で、18時過ぎにケータイにメールが入ったのですが結果は・・・・4月2日の赤坂ブリッツはハズレましたがお目当ての会場のチケットは全てゲットできました!!

いや~っ、個人的に絶対確保したかったのは横浜・東京のFC限定と1・23の横浜ゆうたバースディイブの3箇所だったのだけど、2日間分エントリーしてどちらかが当たればいいや思っていた赤ブリ2DAYSはまさかファイナルの方が当たるとは!(大抵小規模会場にてファイナルが2日間ある場合、セミファイナルのみ当たってファイナルは落ちるパターンがほとんどだったので)

バースディイブといえば、3月6日の名古屋FC限定は櫻井敦司のバースディイブ・ライブだけどココの競争率は一体どれ位だったのかしら・・・・?私は取らなかったけれど

チケットの話はこれ位にして、今日は先週のよこすかのライブレポに書ききれなかった話を。

この日は横須賀に住んでいる友人と1年5ヶ月ぶり(すなわち、去年のB-Tの横須賀ライブ以来である)に再会し、ライブ会場前まで汐入のショッパーズで一緒に食事したり買い物をしたりしたのだけどお店のフロアをウロウロしていたらなんと!エスニック雑貨のお店の店頭にてサルエルパンツの実物が展示してあるのを発見!

サルエルパンツと言えば今井先生が今回ライブの衣装で着用していますけど、手に取って見た感想は・・・・お尻の部分があまりにもブカブカすぎて股ずれとか起こさないのかちょっと心配になる位変わった形のパンツだな~と思いましたね。友人も「歩きにくそう」と言ってたし

さらに店内に入ったら、今度はお店の入り口の上に先生が天リボツアーの時に携帯ストラップのモチーフにしたドリームキャッチャーの実物が売っていてビックリ!

店内にはエスニック系の服やアクセサリーの他に、民芸調の木彫りのオブジェとかも沢山売っていたのですが一番インパクトがあったのは上記イラストにも描いた野菜果物に目鼻&両手両足が付いた不気味カワイイ!?人形

値段は一体千円でしたが、最初コレ見たとき私は

「うっひゃ~!こんなシュールな造形のオブジェって今井先生の家にありそうだな~寿記の画像に登場したりして」

と思ったつーか、友人は「怖い」って言ってたけど

その後はミスドでお茶したのだけど、ドーナツを食べた瞬間に「あぁ・・・・今井先生もこの瞬間に幸せを感じるのかな」と思ってみたら、友人が「実はウチの母校の校舎では年一回、「ロックの学園」と言うイベントをやるんだよ」と話してくれたり。

おぉ~!!「ロックの学園」と言えば、天国に出張中の忌野清志郎氏が学園長をしているイベントじゃないの!

他にもメンズカジュアルのお店にてNARUTOの大人向けTシャツを見つけたり、タイ料理のお店を見つけてニヤニヤ・・・・

サルエルパンツ、ドリームキャッチャー、シュールなオブジェにNARUTOにドーナツ、そしてキヨシローさんにタイ料理・・・・よくぞ一日でこんなに先生ネタに遭遇したなって感じだったな

次にライブの話ですが、この日は下手花道最前と言う事であっちゃんはもちろんの事、一番近い距離にいる今井先生の動きにも釘づけだった訳ですが、正直先生を真近で見た感想は・・・・

「この人パサついているなぁ」

去年の「REBIRTH」にて近い距離で見た時は別になんとも思わなかったのだけど、Webにて「ヴィダル・サスーンのCMみたい」と褒められていたストレートヘアは毛先の長さが不規則でまとまりと潤いに欠けていたと思いましたわ

それにしても今井先生に足りないのはズバリ「潤い」だなぁと強く感じたと言いますか、あぁ、敦の腹の脂肪を先生に分けてあげ・・・・(自主規制)

ヒデも2回ほど花道に来てくれたのはいいが、イマイチ印象に残らないのは・・・・先生が演奏中に結構指先を駆使して強烈なポーズを決めていたのが原因かもしれない(個人的には「ジャンゴ」にて両手で顔を覆うポーズがカッコ良かった)

最後になりますが、今回の席で思ったのは・・・・花道は思ったよりメンバーの表情が見えなかったと言う事ですね

花道と客席の間には1メートルほどの段差があり、最前で立っても段差のせいで自然とメンバーを下から仰ぐ形で見る姿勢になってしまうのが辛かったと言いますか、ステージ前はセキュリティーが非常に厳しく、常に係員がロープを張ってしゃがんでいる状態なのでメンバーも花道最前の我々をうかつに見下ろす事ができず、ずっと客席の奥の方ばかりを見てプレイしているな~と思いましたね。あっちゃんも花道に来なかったし

昔は花道最前もステージ上から直接触れ合う事ができた特等席扱いでしたけど、今触れ合うチャンスがあるのは真正面の最前のみに・・・・あぁ、このリベンジはきっとスタンディングツアーで

その前に、明日は千葉でライブだったんだっけなー!楽しみです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コピー機からB-Tチケットが買える!?

2010年11月18日 21時15分25秒 | BUCK-TICK
ども。ログインして寿記をチェックしたら改めてよこすか芸術劇場の事をブログに「お気に入りの会場です」と書いてあり、同じ県内に住んでいるファンとしては嬉しかったですね

ココの会場については去年フールズメイトから出た「BUCK-TICK TOUR 2009 memento mori PIX」のインタビューでも「好き」だと言っていましたけど、やっぱりオペラ座風のゴージャスな作りが先生のアーティスト心をくすぐるのかしら?

確かに「怖くないのかな?」と思う気持ちは理解できると言いますか、あそこの会場はバルコニーの前方の席でも立ち見制限は無いみたいですからね(同じ神奈川でも神奈川県民ホールの2階・3階最前席は立ち見禁止なんですよね)

栃木のアンケートでの、9歳の子が描いた「けっこう仮面」、可愛いです

前置きはこれ位にして今日の朝、通勤途中にセブンイレブンに寄ったらコピー機の横にいきなりBUCK-TICKの12・29日本武道館の告知のポスターが張ってあってビックリ!

去年は○ーソンが単独で告知ポスターを作ってくれたけど、今年は何で○ーソンチケットの窓際に張ってあるその他大勢のポスターの中に入っていないのかな?と思ったら・・・・コッチにいたのね(ただし、ポスターは単独ではなくアンジェラ・アキとスペース共有)

しかしライブ告知もさることながら驚いたのは、チケットの販売方法!

なんと!B-Tの武道館のチケットは一般販売日当日にセブンイレブンのマルチコピー機から直接購入が可能なのだそうです!!

今やっている「RAZZLE DAZZLE」のツアーチケットは一部の会場に限って○ーソンの○oppiで直接購入が可能だったのもあり、一般発売日には○oppiの前でさりげなく待ち伏せしてチケットをゲットした話をいくつかのブログで読みましたけどコンビニ端末からではなく、マルチコピー機で当日購入となると一体どうやってさりげなく待ち伏せすればいいのでしょうか?

コピー機が頻繁に使われるのを見たことが無いセブンに行けばいいのか?

チケットで思い出しましたが、今日ケータイに入ってきたFCからのメールの内容はチケットエントリーの抽選結果を待つ身としては非常~に心臓に悪い物でした

正直な話、コノ時期にあのタイミングであんなメールを配信されると一瞬、

「コレって、エントリーの内容に何かあったからこんなメールが届いたの!?」

と小心な私はアレコレ考えこんでしまったといいますか、いくら重要事項とは言え、せめて配信するのは結果発表後にして欲しかったよ・・・・そうしたら落ち込んでたファンの人達にも大いに歓迎されたでしょうに。

タイミング悪すぎ!

あぁ・・・・お目当てのチケット一次で全部当たったら嬉しいなぁ・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加