グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

貴重な資料を守れ!

2013-01-09 10:32:12 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
社史・年史制作にあたっての写真利用には、「古い写真を使いたい!」として写真提供サービスをご紹介しました。でも、個人所有の写真をお借りし使用することもあると思います。

個人所有の写真こそ、大変な貴重品の場合もあります。もはや複製もできないたった1枚の写真かもしれません。写真だけでなくお借りした資料などは決して紛失しないよう、しっかり管理しなければなりません。

社史・年史制作には年単位の時間を要することも多々あります。長いときには5年~6年ということも。その間、さまざまな人・団体から資料をお預かりすることになりますから、それらを保管・管理する「責任者」と「部屋」を用意することをお勧めします。部屋が無理でも、鍵のかかる引き出しや金庫のようなものに保管するなどが必要です。「いつ」「誰(どこ)から」借りたかをきちんと記録しておくのはもちろんのことです。
また使用する場合も、誰が持ち出したかを記録しておき、常に所在が分かるようにしておきましょう。

社史・年史を制作するということは、会社の貴重な資料を整理することでもあります。そのときに大切な資料を紛失することのないよう、制作の過程においても十分に注意することが必要です。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古い写真を使いたい! | トップ | デザインのお見積もり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

記念誌・年史のあれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。