グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

広報誌の制作11 レイアウト

2012-08-16 10:49:32 | 中小企業の広報誌制作
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
広報誌の制作行程で、編集の次はいよいよレイアウトです。

内容に合わせて見出しのフォント(書体)を考えたり、誌面構成案にそって写真や図版を入れたりしていきます。特集記事は写真や見出しもインパクトのあるようにレイアウトし、読者の興味を惹きましょう。
中面に比べ誰の目にも触れる最終ページ、こちらも読者に伝えたい内容を配置し、組み方に変化をもたせるなどの工夫をするといいですね。


▲左が1ページ目。特集として写真も大きく扱っている。
 右は最終ページ。関係者トップの寄稿とお知らせなど。

ドラマなどで「出演者」をクレジットするときもいろいろ考慮されていますが、広報誌や社内報の記事のレイアウトもさまざまなことを考慮する必要があります。
記事の重要性や執筆者(寄稿者)の立場なども十分に考えたうえで、どのページにどのくらいのサイズで掲載するかを決めていきます。これは編集段階で考えておくことですが、デザインやレイアウトの仕方で重要性などを演出することも可能です。
固い内容で読みにくい場合は、イラストを入れたり図解して説明するなど、読み手の立場に伝えるための工夫もしたいですね。
当社ではそういったご提案も致しますので、どうぞご相談ください。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310

ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よみがえれ卒業アルバム | トップ | 六本木の出雲大社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。